読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

旅最終日、ローマを去る日。が、大変な事に。

イタリア バンコク ヨガ

リアルタイムはバンコク

ヨガ強化期間に入っております。
ちょうど、前回の旅の最終日あたりのブログを、
前回の旅のスタート地点のバンコクの同じ宿でUPしている。
なんか、とっても不思議。
すっかり変わって帰ってきたけど、
やっぱりここに来ると前回同様に
自分がどんどん強く進化していく感覚になるのは
バンコクの前向きなエネルギーに同調しているのかもしれない。
バンコクは、私にとって居心地がよい。

そんな気分で、
インスタUP

Bangkok always gives me strength to keep going.
I feel an advancing energy from Bangkok.
At the 定宿.

NAMASTE

ここから、続き。

とうとう、ローマから日本に戻ります。
フライトは朝の9:00

ローマの女性専用ドミの部屋は、
目を合わそうともしない韓国の感じ悪い女子と私だけの部屋だった。

目覚めて、iPadの時間を見た。

えっ!!( ゚д゚)

えっ!!
今、7:30ってどういうことだ((((;゚Д゚)))))))

目覚まし、気づかないうちに、とめてる!
もう、空港にとっくに居ないといけない時間だ!((((;゚Д゚)))))))
・・・5秒くらい考える。
どうする。ここから空港は1時間くらいかかるぞ。
ボーディングタイムが30分まえとして・・・

わからん!!(;´Д`
とりあえず、
タクシー!!

大急ぎで、朝やればいいやと思っていた荷物を
ぎゅうぎゅうに押し込む。

韓国女子はまだ、寝てる。
ドタバタしてすまんね。
だけど、あなたが静かに寝てたのも悪いよ!(*`へ´*)
早く起きて、ドタバタしてくれてれば!こっちも早く起きたのに!
と、心の中で、ただ静かに寝てるだけの人にイラっと八つ当りする。

部屋を飛び出して、ロビーに
イタリア人男性のオーナーが、ちょうどいたので
"寝坊した!私のフライトは9時!タクシーはどうやったらすぐにつかまる?"
と、言うと
それまで、ゲストと談笑していたオーナーは、表情を変えて、
"目の前の道にいるタクシーは最悪だ。
一緒に行こう、カム!"
と、何かしていたのを放ったらかして
私の重い荷物を持って、宿を一緒に飛び出してくれた。
駅前の、タクシー乗り場に走る。

そういや、もうお金はエアポートタクシー分の小銭しか残してないのを思い出した。
おろさないとかな。
"タクシーはカードが使える!?"と聞くと
"うん、大丈夫"という。
お金をおろす時間の猶予もない。信じよう。


"何で、起こしてくれって頼んでおかなかったー!?"と、走りながらオーナーが叫ぶ。
だって、ドミトリーのホステルにそんなサービスあるなんて、聞いたことないし、
今まで、寝坊なんてなかったし!!

なんで、最後の最後の、しかも日本行きのビッグフライトの日に( ;´Д`)
バカーーーー!!

しかも今回、
日本出てからのポリシーで、一度もタクシーを使わないできてたのに
最後の最後に!!( ;´Д`)
バカーーーー!

しかし、オーナーが機転利かせて、すぐに一緒に走ってくれて
助かったよぉ。1人だったら、泣いてる!

タクシー乗り場に着いた。
オーナーが運転手に、カードが使えるかの確認と、
フライトが9:00で、急いでいることを、イタリア語で話をしてくれた。

荷物を積み込み、
オーナーに丁寧に御礼を言おうとしたら、
"いいから、早く乗って!"と車に乗せられる。

オーナーは、私の顔を覗いて"good luck"と言って、タクシーのドアを閉めた。

続きは明日!
ちょっとバンコクでヨガ以外何もしてなさすぎだから、明日は朝昼はヨガが特別にないので、
夕方のヨガまでの時間に、
早起きして水上マーケットと、線路沿いに店だしてて列車きたらひっこむやつ線路市場っての?に、5時から行くから早く寝るの!!この日みたいに、寝坊しないようにしなきゃ((((;゚Д゚)))))))
Ciao!!( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村