Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

氷河特急にのる

朝、7:54発の氷河特急で移動の日です。

バビ、やよいさん、コウセイくんと、
ダイニングで居合わせる。

バビとやよいさんは、ゴルナーグラート展望へ行く。
コウセイくんは、私達が昨日行ったルートを行く。
私は名残り惜しい気持ちで去らないといけない。
韓国と日本の物価の話をしてるうちに、私はチェックアウトの時間に。

やよいさんが、私はもうあと一週間で日本に帰るからって味噌汁をくれる。
ありがたい(T_T)

宿の目の前に駅って
ほんとたすかる!



すぐに特急に乗り込めました!

じゃーーん!
Gracler express!!

大きなパノラマの窓で、天井の方にも窓が。

要所要所で、ヘッドホンによるガイドが入ります。


自分側の方の景色もいいんだけど、写真をとると光ってしまうので、
お隣さんいっぱい登場ですみません。


日本語チャンネルもある
素晴らしいスイスの絶景を見ながら進むという、世界中の人に大人気の列車です。

朝でて、到着は16:00なので結構な長旅けど、
快適なテーブル席に、飽きない景色とガイドで
ゆっくり出来ます。

食事や飲み物も注文できます。
相席になってる目の前のご婦人もお一人優雅に食事。

私はこれに乗るだけで、バカなんじゃないかという贅沢だし、
1人では、なんかね。

この大差(´・_・`)
いいんです。身分相応で行きます。

パンを昨日かっておいてコーヒーも持参です。
お隣さんも、パンとチーズや果物を食べていた。

ちなみに、スイスの鉄道や昨日のケーブルなどは
スイスの半額パスカードやトラベルパスがあると、安くのれます。
私は半額パスを購入していました。

まぁ、それでも高いのでね、
もう後半は
本当に地味に旅していかないと、
資金切れで旅の途中で日本へ戻らないとならなくなります。

ポルトガルはライフコストも安いらしく
ヨガが出来るいいとこも見つけたし
人も優しい、ご飯は美味しい、街も美しいと聞いており、
やっぱり行こうと思っています。
が、
まだミラノ以降の、交通手段を何も段取りしてません。


氷河特急は、水力発電で進むのだとか。
特急といっても、ゆっくり走ります。

多分、逆方向の方がテンションあがると思う。
だんだんツェルマットはマッターホルンの方へ向かって行く方がね。

そんなこんなで
サンモリッツ到着です!

普通、8時間も列車乗ったら寝るけど、
寝る間もない、景色の連続!
でしたよ!

せっかくのサンモリッツも、到着は夕方で
明日は朝の出発なので、立ち寄り一泊です。

駅からホテルは宿のシャトルバスが使えます。
けっこう、山の上の方に宿があります。
サンモリッツ行き、計画ミスだわ。
到着が夕方の、翌日朝の出発なので
ここでゆっくり出来ません。
大きな湖があり、やはりここも山にトレッキング、冬はスキーが楽しめるようです。

宿到着!

ドミトリーで予約していたんだけど、
今の時期はお客さんいないからって、シングルに無料で変更してくれました!!

とっても可愛いお部屋!!めっちゃコップンカー!( ´ ▽ ` )ノ

割合としては、ドミトリー2、シングル1のペースがいいですなぁ。

ディナーはどうしますか?と聞かれるが、ホテルのディナーなんて
ここで一人でする気はない(´・_・`)

街に出るシャトルバスがあるので、17:00に出発。
帰りのシャトルバス最終が19:10なので2時間くらいは、サンモリッツの街を探索出来る。


よかった。せめて、ブラつかないとね。

基本的に自然を楽しむところだと思うのだけど
超有名ブランドのお店が並ぶストリートや、高級チョコ屋さんなど
用事のない店ばかりでした。


湖まで少し歩く。のんびり出来たらよかったけどね、もう夕方で寒い(´・Д・)」


もうすることなくなっちゃった。

シャトルバスまで1時間以上もある。

こっちでは安定のcoop。
手頃なレストランもないし、ここで夕飯と、明日の列車で食べる昼食かっとかなきゃ。
何だか買って食べたいものがない。
ウロウロ本当に迷って、
結局
出来合いのパスタ。
明日の昼のパン。朝食のヨーグルトとフルーツとトマト。
コーヒー味のヨーグルト・・。どうなのか。好奇心には勝てないので買う。


酸っぱいから、コーヒーと合ってるのか、合ってないのか
なんか、よくわかんない。けど、癖になる感じはある。

帰りのバスまでまだ30分もある。
軽装できてしまい、待ってる間に寒くなる。ブルブル。
19:00の鐘を聞いて、暗くなっていく山と湖を見ていたら
また、病気のペットロスがやってきた。泣く。
早く、迎えに来てー!!寂しいロケーションに1人にしないでっ( ;´Д`)

しかし、19:10になっても来ない。
ノルウェーのオーロラツアーショックにより、
もう知らないとこで待たされるのが
恐怖すぎる。寒いし、泣いたし、めっちゃ不安。
きっちり巡回のはずのシャトルが10分待っても来ないので、
ちょうど待ち合わせ場所の目の前のポリスとこに行く。

もう閉まってるけど、
さっき、中からポリスマンがタバコ吸いに出てきて、また中に戻ったの見たもん。

ドキドキしながらドアをノックする。
暫くしたら喫煙ポリスマンが出てきた。

状況を話すと、ホテルに電話をしてくれた(つД`)ノ

暖かい部屋に、完全味方のポリスマン。めっちゃ安堵する。

いま、向かっているみたいだと教えてくれた。
有難うポリスマン。あなたがメッチャかっこよく頼もしく見える。
惚れてまうやろーー(つД`)ノ

そして、外に出たら、ちょうどバス来た。
もう数分待てばよかったのね。
でもね、もうオーロラツアーショックで
待てない体質になっちゃったのよ。( ;´Д`)

「あいむそーーーリー!レセプションが混んでいて出るのが遅れた。
君を忘れたのではないんだよー」って。
どうやら最終回は専門ドライバーじゃなくて、レセプションの人が担当だったみたい。

全然いい!忘れたんじゃなかったら、いい!
来てくれるだけでいい!!
ありがとぉぉぉ。ちゃんと来てくれて(つД`)ノ

部屋に戻って、まずは
明日からのミラノに備える。
私はミラノにビビっている。

だって、スリとかジプシーとか
グルでカモってくるらしいじゃん。

貴重品をどう管理する?
イタリアのスリには、私は今回の旅で一番ビビっている。

イメトレしながら、荷物を整理。

ケチャップ引っ掛けてきて、それに気をとられてる間に
違うやつがスルらしいね(´・_・`)

ケチャップかけられても、サッっと大切なものを保護するイメトレ大事。

はっ?ケチャップが何か( ̄Д ̄)ノ
という先方を戸惑わせるほどの冷静さのイメトレをしながら
荷物整理に格闘した後、
買ってきたパスタを食べる。

が、食が細くなったのか、もうこっちの味に飽きてきたのか
途中から、頑張って食べる感じに。


考える事が大事だよっていうメッセージを読む。
うん。考える。いっぱい考えてみる。

旅の毎日を、ただの1日にせず、
これからに活かせるように。
愛犬と過ごして、自分の勉強や仕事でいっぱいで
十分にしてあげられなかった年月、やってきた事、
ちゃんと今後に活かせなかったら本当に後悔だけになる。
未来の何かの為に役立てられるように、と、考える。

これ今、自分に言い聞かせたことを、
きっと何かあった時につい忘れる。

迷っても、ちゃんとこの思いに戻らなきゃ


明日から
都会のミラノに正直行きたくない感じ。

とはいえ、何かを経験するのでしょう。
経験をしに、色んな所に行くのです。

夜、3段階に明るさが変更出来るライトが
勝手に3段階を繰り返し続ける・・。

テレビが勝手に消えたり・・・、
真っ暗にして何の音もない中、
ガサって入り口かバスルームのほうで音がしたりする。

おばけいんのかよ!(´・Д・)」

私の持ってる、結界をはる。
私には、近寄れませんよ。
オバケも、スリも、イタリアのチャラ男も。

ちょうど、私がマッターホルンを見ていた日の
世界まる見えで、
マッターホルン初登頂したチームのうち4名が、
下山時に滑落死亡した事故の
新事実がわかったという放送があったようなので、
その動画を探して、見る。

そのうち、おばけも、構ってもらうのを諦めたようで、
私は、動画を見ながら、
番組のマッターホルン特集の部分に辿り着く前に眠ってしまった。
のでした。

明日は、とうとう
スイスからイタリアに!

ベルリナ急行に乗ります( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村