読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

バンコク2日目★私のマーヤがめっちゃ誘惑してくる。

ヨガ バンコク タイ

リアルタイムの日記から。

今日は、プライベートレッスンと、グループレッスン3本だて。
の、合間に日記を書いている。
※旅日記を見たい方は、少し行をおくってください。

プライベートレッスンで、「信頼」ということについてお話をした。
するつもりだったわけではない、あぶり出されたキーワードだった。

プライベートなので、カウンセリングの時間があり
話をして掘り下げていくと、見えてくるものがある。
身体の問題と、マインドの癖は、リンクしている。

私自身、前回のヨーロッパの旅でも大きな気づきが起こった、
この「信頼」ということ。
そして、ヨーロッパから帰ってすぐに、信用と信頼についての違いを教わり
それにより完全に、自分の中にストンと腑に落ちた「信頼」
そして、また今回のタイでのヨガトレーニングでも、
自分への「信頼」を更に強められたと思う。

今日、話をしていて、
そういえば私は自分のレッスンに来られている方々を"完全に信頼している"と思い当たった。

生徒さんは、
必ず問題を解決される。
必ずより良くなる。
必ずより豊かな毎日になっていく。

と、生徒さんを信頼している。
そうなる事は決定されていると信頼している。

その為の、私の見立てや、気づき・変化への誘導は必要だけど
それは私の力ではない。
私を通って、
何かから、その方へと道が流れているだけだ。と、思う。
私はただのパイプだ。
そのパイプに詰まりがないように、錆びないように努めてメンテナンス。
今回のタイでのトレーニングは、私のパイプが強い素材のパイプになったような、
そんな気がしている。

相手を信頼することと、自分を信頼することが、絶妙なバランスをとった時に、そこに何の力も必要なく、信頼している事が実現される。
今日、クライアントさんと話すことで改めて腑に落とした。
生徒さんがいて下さるから私も成長出来る。有難うございます。毎日気づきです。
今日のグループレッスンに体験レッスンに来て下さった方も、気持ち良かったですと入会をして下さった。
有難うございます。
昨夜、私では苦手で、きっちり考えたりまとめたり出来ない事を送ってきて下さった文書を見返してみる。
今日私は、そこにまた1ミリは近づいただろうか?


ここから、本題!!(=゚ω゚)ノ旅の日記!

バンコク2日目

昨夜はやっと、頭をクリアにして、
今後の予定の段取りや気になってたブログUPなどをするのに、
ベッドでゆっくりiPadに向かった。
日本を出る前とカンボジアまでは、なんだか頭がクリアでなかった(´・_・`)

このバンコクの後は、チェンマイなのだが、パーイにも行くつもりだった。
でも、ちょっとパーイに行くとバタバタする。
せっかくパーイに行くならのんびり出来ないと意味がなさそうなので、
今回は断念する事に決めた(´・_・`)
それに、今回は、のんびりしに来てるんじゃないし。

チェンマイに行く理由のメインは、ヨガの集中トレーニングへの参加だ。
そして、去年チェンマイに1ヶ月滞在しタイ古式マッサージを勉強していた時に一緒だった、
チェンマイ在住のFさんに、チェンマイを案内してもらう事にもなっている。
"チェンマイにもし次に来たら、案内するよ"って前々から言ってくれていたのを
まんまと真に受けて、ヨガでチェンマイに行く事になったと連絡をしていた。


そして、前回知り合ったバンコク在住のパワフルウーマンMさんとも、チェンマイで会う予定だったが、
今回、私が段取りをモタモタしていたもんだから、予定が1日違いですれ違いになってしまった。残念(´・_・`)

今朝、目覚めてまた一瞬、急激に寂しくなったけど、
部屋を出てブレックファーストに行ったら、すぐに気分は戻った。

たまに、ペットロスが襲うのだ。まだ克服出来てない事に気づく。
前回のヨーロッパでだいぶ克服したと思っていたのに。
大事な存在がこの世に居ない感覚がもはや恐ろしい感覚。
恐ろしいの。最後の日の事も。
そういう感覚に陥る弱い自分が嫌になったが、
仕方ない、まだ1年たってないんだから。と言い聞かせた。
※このペットロス問題。旅の終結には、ほぼクリアになりますので、
それまで何度も出て来ますが、暫しお付き合いを(´・Д・)」

とはいえ、体調はすっかりよくなった。
日本出る前までの、様々な変な身体の変化も、全て正常化した。

旅の予定を立て直したので、
レセプションに、宿泊をもう1日エクステンドしたいと言いにいくと、
シャワーを浴び終わって、タオルで髪をワサワサぁ〜**・*:.。. .と拭いているムエタイ練習後の男子がいて、
見惚れる( ;´Д`)
ここの宿の屋上には、ムエタイジムがあるから、練習生やコーチがウロウロしているのだ。

なんて、爽やかでセクシーなのだぁぁぁ。
そのワサワサぁ〜**・*:.。. .。
かっこえぇぇぇ。( ;´Д`)

いかん。

こういうのを、サンスクリット語マーヤという。

マーヤとは、インド哲学の概念では、人を幻惑させるもののこと。
問題も全て、心が生み出すなのだ。
そして、人が追い求め執着するものだって、有限なるものは全て幻。

つまり、その幻想の中に、本質を見出すのがヨガでもある。

ピカソの名言にあった、"探し求めるのではなく、見出すのだ"
というのも、最初は意味がわからなかったが、
これに通じる思考なのかもしれないと前回の旅で思った。

ブッダが悟る前に、マーヤは美しい女性の姿に化けてブッダを誘惑したが、
ブッダはそれに打ち勝った。

いや、別に悟るつもりはないが、
トレーニングを終えたシャワー後の男子に見惚れるとか、
マーヤに誘惑されすぎとる。
今日からヨガのプラクティスに集中するのだ。
こんなんじゃ、いかん(。-_-。)


今日は、ヨガを昼と夜、2回行く!
ここのスタジオに1日2回も3回も行く人は、あんまりいないけど、
私の場合は、集中トレーニングしたいので、詰めて通う。

来た!!
あぁぁぁ。これたぁぁぁ(´Д` )
前回は、ヨーロッパから最後にバンコクに戻りたかったけど
途中でポルトガル行くことにしたり、マルタに戻ったりして
結局、戻れなかったのだ。

中に入ると、
Welcome back!!と、先生たちが覚えてくれていた!
嬉しい!!(つД`)ノ

ここの、どの先生のクラスも私は好きだ。
昼はタイ人の先生のクラスだった。

ふと、右隣のマットの人を見たら
昨夜、同じ宿で見かけた、ちょーイケメンだった。
イケメンにあまり反応しない私が、反応したほどの(´Д` )

インド系かイスラム系か、そっち系な感じの顔立ち。
昨日レセプションで見かけ、
こんな美男子が、この世に普通に生活してるのかと、ビビった。

クラスが始まった。
右向きになったときに、つい綺麗な顔立ちに目が止まってしまう。
はぁっ。いかんいかん(ー ー;)
また、マーヤだ( ;´Д`)
なんなんだ、今日は( ;´Д`)

めっちゃ、試練与えてくんじゃん。マーヤ。
まさにあのブッダのマーヤのシーンだ。

私はヨガに集中したいのだ(´・Д・)」
爽やかセクシーマーヤとか、イケメンヨギーマーヤとか、
いらんのだ(-。-;

一瞬誘惑されかけたが、
始まってしまえば、すぐに内側に集中した。

はぁぁ、気持ちいい〜。
なんで?ここで受けるヨガは
なんでこんなに気持ちいいの?

夜も来るよ。

一旦、宿に戻り少し休んだあと、
私のオアシス、ターミナル21のフードコートに夕飯を食べに行く。
美味しくて、安くて、色んな料理があって
めっちゃお気に入り!( ´ ▽ ` )ノ

街に少しずつ、新しいお洒落なカフェなどが増えてきていた。
たった、半年くらいで、もう変わりゆく。
何となく"あまり変わり過ぎないで"と、思う。

ターミナル21に着いた!
4階にフードコートがある。

はず。

・・・あれ?4階じゃなかった?

あれ!?

え!!

フードコートが
ゴッソリなくなってる( ;´Д`)

なんでだ。あんなに賑わっていたのに!!

フードコートがあった場所には、普通のレストランの店舗がいくつも入っていた。

なんでダヨォォ〜(つД`)ノ
フードコートがあると、他の店舗型レストランに人が入らないから?

どうすんだよぉ、これからの私のBangkok食生活!(´Д` )

しかし、私はすぐ側のビルにもフードコートがあるのを知っている。
前回、滞在の後半に見つけたのだ。
仕方ない、そっちに行こう。

ターミナル21の4階からエレベーターで降りていたら、
キャーキャー凄い声援が聞こえる。

え?なになに?

わっ!!(゚o゚;;
凄い人達!!

女性達が、必死に写真を撮っている。

なになに?誰々?

私も、どんな人が来てるか見たくて、群衆に混じってみる。
みんなと一緒に、写真も撮ってみる!

えーーい。遠いな。

ズームだ!

わーーーい!!撮れた撮れた!!(⌒▽⌒)

で、誰?(・・?)
ですか?

違うビルのフードコートに到着。
ロビンソンというショッピングセンターの地下にある。

ここは、相変わらず空いている。
味も十分にこっちも美味しいんだけど
ターミナル21のフードコートは、本当にいっぱいの料理があって迷うくらいで
楽しかったなぁぁ。
バンコク生活の楽しみがちょっと減っちゃったなー。

まぁ、いいや。この世は諸行無常なのだ。

フライドヌードルのあんかけにした。


地下のスーパーで、前回お気にになった、野菜ジュースとコラーゲンウォーターを買う。

戻りにターミナル21を通り抜ける際、
セキュリティマンに"フードコートはなくなったの?"と聞いたら、"5階だ"と言われる。

"え、移動したの!?"と、聞いたが
"5階だ"としか言わない。

そっかーぁ。もしかしたら、更に規模が大きくなったのかな!!
いつも混んでたもんね!!
あはははー。よかったぁーー。明日行ってみよーε-(´∀`; )


夜は、私が1番大好きな、ここのスタジオのボスのレッスンだ!!
わーーい!!

やはり、先生のヨガは超絶気持ちよい。

いつも、受けたヨガのことはノートにメモるのだが、
(しかし、ビックリするくらい、このノートは以後見ない。
今までの数年のノートを、見た試しがない。書く事で頭の整理をしてるだけになってる)
前回もだけど、どうしても、この先生のクラスの内容だけは、終わって直ぐに書こうとしても、詳細を思い出せないのだ。
気持ちよすぎて、多分どっかいっちゃってて、覚えてない。
ただただ、私は何かになって満たされて終わるのだ。

なんで、この先生のレッスンが、特別に人生の中で類がないくらい好きなのか
まだ完全に解明しきれていない。


ヨガスタジオの近くに、ジャパニーズ カラオケ ○○○クラブっつーのがある。
いつも、沢山のタイギャルが待機している。
この辺、そういう店も多い。

帰り道、前を通ったら
日本人男性が3名、ニヤニヤしてつったっている。
3名のうち、1名はおやじ。
オヤジが、若いタイギャルを見て、ニヤニヤするのはいい。
もう、しょうがないよね。その様子じゃ日本じゃモテないもんね。
オヤジは、ニヤニヤと言うより、満面の笑みだった。
こっちまで幸せになるような。
よかろう。マーヤに誘惑されとけ(´・Д・)」

しかし、あとの2名は、まだ若僧の癖にニヤニヤしてる!
ヘロヘロのニヤニヤ。

"(*´ω`)いやー、照れちゃうなー"

じゃ、ねーわ!!( ̄Д ̄)ノ
30年はやいわ。禿げ散らかってからにしろ。


Black renadonda が疼き、
全く、無関係な人なのに、日本人として
イラっとした。
もーーぉ。しっかりしてよね!!ヽ( ̄д ̄;)ノ=


ジャパニーズ カラオケクラブの中って
どんなんなんだろ・・・(´・Д・)」
あんなにニヤニヤして。と、気になりながら、
安定のセブンイレブンと屋台に寄って帰ったのだった。


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

バンコク1日目☆寂しがってる場合じゃねー。

バンコク ヨガ タイ

続きです。

カンボジアで、素晴らしい遺跡巡りなどを経験したものの、
最終日に寂しん坊が復活し、挙句に最悪なマッサージを受けてふてくされた翌日の事。
シェムリアップの空港でパサンのビデオ電話によって寂しさが紛れ、
バンコク行きの飛行機の中で同じ1人旅の女性らが居た事で更に紛れ、
バンコクに着いたら、相性のいいバンコクのパワーで気分は良い方向に切り替わった。

宿について荷物を解いて整理していたら、
同じ部屋にチェックインしてきた1人のタイ人の女子が気さくに話しかけて来てくれた。
わーい(⌒▽⌒)寂しくなーい!
私が荷物を、まずはドサーーっと解いて
生活しやすいように整理していたので、
"パッキングしてるの?チェックアウト?"と、聞かれる。
ここの宿は1人旅が多いから、なんか落ち着くのよねー。

落ち着いてLINEをみたら、カンボジアの現地ツアーで仲良くなった人たちの
グループLINEが出来ていて、それぞれの旅の続きの報告会に!
わーーい(⌒▽⌒)みんな1人旅を、それぞれが楽しんでる模様!
嬉しくなった。また更に寂しくなくなった。
ベトナムいった人や、まだカンボジアを楽しんでる人、私はバンコク

両替とシャンプーやトリートメントを買いに駅の方へいく。
わーい( ̄▽ ̄)安定のターミナル21。

ここにくると、自分の街に戻ったようで何だか落ち着く。

しかし、素直に地下に行って必要なものだけ買えばいいものを
ヴィクトリアシークレットのショップにフラフラと行ってしまう。

もう、習性ね。
パフュームコーナーで、フガフガ(*´ω`*)

前回のバンコクから、悪女を目指しとして愛用していたスキャンダラス。
ヨーロッパの旅で大沢たかおさんに出逢うかもしれないと妄想が激しかった頃にハマった香り。
大沢たかおさんにディナーに誘われたら着ていくドレスがないじゃん!と、
妄想と現実の境がなくなり
ここのターミナル21では、まじでサマードレスを探していた。靴まで探していた。
頭がおかしかった頃┐(´-`)┌


おねぇさんが対応してくれても、買うつもりないから店を出ようとし、
出口辺りで、また何となく商品を見ていたら
おネェっぽい、化粧した男性に対応される。
そして、彼のとてもいい接客の感じと、今日買えば好きな香りのボディーミルクが貰えるという誘いに乗り、つい買い物をしてしまう。
バカかー(´・Д・)」

店を出た後、暫く、自分の衝動買いを責める。

しかし、私だって女子として一個くらい
海外に来てテンションが上がる買い物をしたっていいじゃないか!(・Д・)ノ
と、後悔をしない考え方をするように努める。
が、やはりバカかー。と、思う。(´・Д・)」
ヨガ修行に来てんのに。


地下に行って、必要な日用品を買い、
夕飯にはまだ早いが、もう食事を済ませてしまう事に。

夕飯は、カオニャオを食べよう!恋しすぎる。
しかし、日本で寒い寒いと引き篭もっているうちに、無駄な脂肪がついてきたので
少し食も抑えなくちゃ。
自己制御力!
しかし、美味しいタイ料理の国で、そんな自己コントロールが出来るのだろうか。

今日は絶対にカオニャオ!(タイのもち米蒸したやつ)
ターミナル21のフードコートは、また明日からお世話になるとして
宿の近くの、カオニャオの店に!!

ここ!ここ!

わーーい。(⌒▽⌒)うままま。これ大好き。

セブンイレブンで買い物をして宿に帰り、シャワーを浴びる。
もう早めに寝よう。

ベッドに入ってiPadを開くと、
プライベートレッスンを受けてくださってる方からメッセージが届いていた。
私のクリスタルボウルヒーリングも受けて下さった。

前回受けた後から、自分の呼吸が感じられるようになり、仕事上の事もスムーズに行くようになり、疲れ具合も変わってきたとご報告の連絡を下さっていた。
受けたいという方がまた他にいるのでご紹介させて下さい、旅から戻ってからのレッスンを楽しみにしてますと連絡を下さった!
前回も、どなたかをご紹介いただいたのだ。本当に有難いお話です。

そうやって、私がこれまで学んできた事や経験を積んできた事が、
どなたかの豊かな生き方へと導かれていく事を、本当に有難く幸せに思う。

私は、ヨガを始めるか迷ってる方から、
"ヨガのレッスンうけたら身体にいいかな?"と聞かれれば、"必ず"と自信をもって答える。
それは、私がどうこうということではなく、
"ヨガが必ず◯◯さんを健康に導いてくれます"と言う。
私はただ、学んだヨガの叡智を、自分を通して伝えていくだけ。ヨガの遣いだ。

だから、常に私は学ばないといけない。
そして、ちゃんと飲み込んで、そのままクリアに伝えていかなければいけない。
そこに、私のエゴが入ってはいけない。
今一度、心を引き締め直した。
寂しがってる場合じゃねー( ̄Д ̄)ノ

ここは、わーーい(⌒▽⌒)というような浮かれた嬉しさではない。
昨日まで寂しん坊で、落ち込んでいたタイミングに、本当に感謝いっぱいの嬉しさだった。

これから、どういう風に、進んでいけばいい?ってクリアにしていくために来た今回の旅。
さぁ、バンコクから今回の旅が本格的にスタートだぞ!って思った矢先の、
背中をポンポンと叩いてくれるようなメッセージにとても感謝し、
自分の目指す方向性の確信にもなった。有難うございます。

明日からは、大好きな先生のスタジオでヨガ三昧だ!!


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

カンボジアからバンコクに移動★葛藤の日

旅の考察 カンボジア タイ バンコク

タイでのヨガ三昧トレーニングを終え
何だか、いてもたってもいれない高揚感です。

今日のインスタ

Naṭarāja
Om Namah Shivaya

I got into high spirits with something.
I dance and stand firmly on my ground.Feel make advance.
With my LOVE.
#shiva #om #omnamashivaya #nataraja #love

ナタラージャという神様は
シヴァ神の化身。踊っているシヴァをナタラージャと呼びます。
大地を踊り狂って破壊し、新しいもの創造させます。
今までの概念を壊し、解放させるエネルギーなのです。

さて、
日記の続きです。
この日の日記は
めっちゃグチャグチャ書いてます(;´Д`A
かなり。葛藤期。
でも、旅の後半に結びついていく事なので、
そのまま残します。まどろっこしいところは、ザザッと流してぇな(・ω・)

カンボジアからバンコクへ。

今日、響いたセンテンス!( ´ ▽ ` )ノ
【ジョブスの言った、創造性とは「Connecting the dots.」...その時には確信ないけれど、たどった点。いま思えば、つながっている道。】(前刀さんの"僕はだれの真似もしない"より)
今やっている事も、いつかの線となって繋がっていくと信じたい!

朝おきて、ササッと支度をして
宿のレストランで時間まで朝食。
お腹は空いてないのだけど
最後に、気に入って毎日飲んだミックスフルーツシェイクと、フランスパンを食べたかった。


昨日、また寂しん坊が出てきた(´・_・`)
今朝も、やはり寂しかった。

日本で普通に日々暮らしていれば、安定して安心でいれるのに、何でわざわざ冒険気分の様な旅ばかりするんだろう。何でわざわざ、寂しくなる道を選択するんだろう?
自問自答(´・_・`)
そう思った後、飛行機の中で本を読んでいたら、さっきの一文が響いた。
この行動も感情も無駄にはならない、"線になる為の点なんだ"と、励まされた。

9時に宿を出発。
トゥクトゥクで空港へ向かう。

活気のある地元の人達の朝の街を、
気持ちの良い風を受けて走っていると
また、昨日の市場で感じた不思議な感覚に陥った。
違う次元に迷い込んだような(´・_・`)

国の歴史も文化も違う人達の生活が、
ここでは当たり前で、私の概念の方が当たり前じゃない。
そんな当たり前体操な事なんだけど、自分の存在を無い物にされるような感覚(´・_・`)

いつも、東南アジアやアジアに行くと、
地元の人達の、活気があるのに時間に追われていない姿が羨ましくなる。
日本の暮らしからしたら、不便利そうな生活なのに、それを羨ましいと思ってみてる。
あんなに不自由ない豊かな暮らしが日本で出来ているのに。
変なの(´・Д・)」

しかし、カンボジアは特に不思議な感覚だった。
多分、カンボジアの割と大変だった歴史の背景も加味されてるかもしれない。
"どんな過去があろうと、今を生きてる感をすごく感じた国だった"


空港について、うっかりWEBチェックインを忘れていた事に気づく(;´Д`A
昨日の夜は、最悪なマッサージにふてくされて、とっとと寝てしまったのだ(´・Д・)」
WEBチェックインしてれば、すぐにラウンジへ行けたが
仕方ない、長いレーンに並んでからVIPラウンジへ。

カンボジアのラウンジだ、ちょこっとした感じだろうなーと思いきや!

多分、私が今まで入った空港ラウンジの中で、
ナンバーワン ラウンジが出た!(゚o゚;;

スワンナプームシンガポールのラウンジが今までで
素敵だなって思っていたが、
なんか1番素敵!って思った!
もっと早く来てWEBチェックインして、もっとゆっくりしたかった!

趣きも素敵だし
食べ物、飲み物が、マジで美味しかった( ´ ▽ ` )ノ

頼むとサーブしてくれるporridge(いわゆるお粥)やnoodleを、
美味しそう〜と思って見ていたら
お粥を勧められ、お腹いっぱいだったが、少し味見程度貰う。
めちゃくちゃ、美味い。感動した!!
野菜スムージーも、何でこんなに美味しいのか、レシピを知りたいくらい美味しかった。

あんまり、利用者もいなくて
コーヒーも席まで持ってきてくれる。

スタッフさんの、ホスピタリティーや笑顔も素晴らしかった。
カンボジアの人って、笑顔がチャーミングで優しい人が多かったなぁ。
シェムリアップの人達としか、絡んでないけど。

ラウンジで、フッと寂しん坊のあまりパサンから来ていたメッセージに返事をした(´・_・`)
留学を終えて戻ってから、友人の家に居候していた部屋を出て、
自分の部屋を借りて引っ越したと入っていた。
タイの後に来てと言ってくれていたやつだ。
ちょっと寂しがりがバレる内容を書いてしまったのかもしれない。
すぐにリアルタイムでビデオ電話が掛かってきた。
ちょうど、目覚めたところだったと。

引っ越したばかりの部屋の様子を見せてくれた。
小さいけれど綺麗な部屋だと言っていた通りだった。

パサンと数分、何て事もない話をしただけで、寂しさもどこかへ消えた。

話をしてる間に、boarding timeになった。
私は寂しいという理由だけで行動はしないと旅立つ前に日記に書いた。
それは日本にいる時のモード。
旅に出てると、寂しいという理由だけで動いても、いいんじゃ?と、いつもの自分の感覚じゃなくなる。いや逆に旅に出てる方が本来の自分なんだろうけど。
いつか、究極に寂しくなったら、私はそういう感情だけで暴走をしてしまうんじゃないかと不安になった。
が、ま、ないか(´・_・`)
あってもいいけどね(´・_・`)
あった方がいいのかもね(´・_・`)でも、出来ないね(´・_・`)

寂しかろうが何だろうが、私には死ぬまでに遂げたい事がある。
寂しいとか、言ってられないんだ。
ちんたらしてたら、そこに辿りつけないんだ。それに向かうんだから。

帰りもエアアジアで。

飛行機に乗り込むと、私の席は2Cだった。
AとBの席の人は、エアアジアが揃えてくれたんじゃないかと思う様に
其々1人旅の女子だった。
A席の女性は日に焼けたショートカットで、短パンを履きバックパックを背負った少しワイルドでチャーミングな人。
B席の1人はラテン系で、やはり少しワイルドながらフェミニンな人。
この2人と並んだら、完全に寂しくなくなった。

昨日のドミは1人旅の人が居なかったから
なんか、孤独感かんじちゃったのかなー。みんな、友達やカップルでワイワイきていて。

ワイルドチャーミングは、椅子に足を裸足であげて外を見ていた。
ワイルドフェミニンは、読書を静かにしていた。
自分の形容詞はわからない。
今、自分がどう見えてるのかわかんないけど、
兎に角、何だか安心して自分の読書を始めた。

飛行機の中で少し本を読み、
今回の旅の最初に、自分で日記に書いた「テーマ」が私にはある事を思い出した。
"そうだったよ。しっかりせい!!"と自分に言う。
ちゃんと、それを理解してから帰るんだから(´・_・`)

飛行機はあっという間に、バンコクにつき、
降り立つとまた更に気分が入れ替わった。

空港でイミグレに向かう時は、いつもエキサイティングする。
イミグレに向かって歩きながら、もう一気に最終目標に向かいたくなった。
もう、日本を出て、そういう活動を始める事だって、可能っちゃ可能。
私にはもう日本に、守るべき存在もなくなったのだから。

でも、そうしていないのは
まだまだ経験したい事もある、会いたい人達、まだ出会ってない人達もいる。
まだ、一山越えないとって思ってる。それからだ。
まだ、そんな事が出来る自分にもなれてないし。

どうやら、去年のヨーロッパの旅以来の私の敵は、愛犬を失ってからの寂しさだ。
寂しがる自分に、慣れない。
守り抜きたい愛する存在が居ない自分に慣れない。
こんな弱いままでは、ダメなのだ(´・Д・)」
受け入れた自分の弱さを、何かに変換させていかないと。

そして今は大事な貴重な旅の時間。
向き合いつつも、それに振り回されないで、ちゃんと今回のテーマを考えていかないと。

どうしたらいいか、って悩んできたけれど、
多分、前回の旅で気付いたように
自分の本質から外れないのが1番大事な気がする。

自分の旅をしている時のように、
他者の常識に振り回されない自分をしっかり持って。
旅している自分が1番に感情豊かで自分らしいなら、
旅するように生きたらいいと思う。
旅してるような発想を常に持てばいいと思う。

ガチガチに決まった仕組みの中で、何かをしていく事に拒否感があって、
その中でやっていこうとしてるから、やりたいのにやりたくないと逃げている自分に気が付いた。
本質通り生きるしかない事を、観念した方がいい。


ドンムアン空港についた。
到着口出てすぐの、left baggage に預けておいた荷物を受け取り、
バス乗り場へ。

ドンムアン空港からは、バスでBTSのモーチット駅行き(MRTチャトゥチャックパーク駅とも隣接)に乗る。
空港から出ているA1かA2のバスに乗ればよろし。


私はそこから、MRTでスクンビット駅に行けば、前回のバンコクの時にも泊まった宿に行ける。同じ宿に予約を入れている。

バスに揺られて、バンコクは相性がいいなって感じる。
気分がいいー( ´ ▽ ` )ノ
日本の都会ほど窮屈さはないのに
ポジティブなエネルギーを感じる。

完全に気分が入れ替わった。

今夜は早速ヨガに行くつもりだったが、
HPを見たら
もう、クラスの予約がフルだった。
段取りが悪すぎて、出遅れた。
日本出る前から、どうも怠惰で体調も優れず段取りもはかどらなかった。

ようやく、バンコクについたら
やらなきゃいけない事を、サクサク出来る思考になってきたぞ。
モヤが晴れて頭が急にクリアになってきた!!( ´ ▽ ` )ノ
体調も良し!!

バスを降りて、メトロに乗るため地下に下るのに
階段しかない入り口にきてしまう。
重い荷物を、腕力最大に使ってゆっくり降りていたら
可愛い学生の女の子が、一旦通り過ぎたのに戻ってきて手伝ってくれた。
"ありがとう"っていったら、照れ臭そうにしていた。
なんて、素敵なのだ!!優しい!!!
微笑みの国、だな!!やっぱ!( ´ ▽ ` )ノ

もう、メトロまでくれば、余裕。


ジャパンエキスポだって。

チャトゥチャックパーク駅からスクンビット駅に向かう。

駅に着いた!わーい( ´ ▽ ` )ノ

お世話になったターミナル21。戻ってきたーー!

ついた!!ちょうど14:00チェックインタイム。


前回のヨーロッパの旅のスタート地点だ。
強い女になる!とばかり言っていた場所に、
寂しん坊になって戻って来た。

いい意味で弱くもなって強くもなって戻ってきた!

ここからまた、スタートだ!!

ここで区切ります!
この後、午後から出掛けます〜が、次回に続く!
コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

シェムリアップでヨガ & サイテーの日!!!エロマッサージ師にあたる。

カンボジア

カンボジア4日目。

カンボジアについて、現地ツアーに参加し
よいガイドさんと、よい参加者に恵まれ
とっても楽しい2日間だった。

だが、かなり長時間ツアーで遺跡を歩き回り
昨日は車の移動も長く、日本にいたときに体調がおかしかったのもあり
身体がとても疲れていた。

当初の予定では、朝・昼・晩とヨガスタジオ巡りをするつもりだったが
昨夜、TさんとYさんとで街を遅くまでぶらつき、朝は起きれなかった。

昼のヨガがやっているとこも、連絡がすぐにとれず
夜のヨガだけ行くことに。

まずは、ブレックファーストを宿のレストランで食べる。

カンボジアはフランスパンが美味しいと、Fさんたちに聞いた。
街の露店やマーケットにもフランスパンが売っている。
フランス領だった時の名残の文化なのだそうだ。

フレンチトーストは一昨日食べた。確かに美味しかった。
今日は普通に、食べてみよう。
ピーナッツバターで頼んだが、きれてるみたいで、チョコクリームに。
f:id:onmy:20170225054344j:plain
これで1.5ドル。マジで美味しい!
フランスパンを美味しいって思ったの初かもしんない。

ここのフレッシュジュースは、1ドルで本当に美味しい!!濃厚!!(*‘∀‘)
ミックス without バナナで。
f:id:onmy:20170225054358j:plain
宿にはプールつき。外人ってプール好きだよね。
f:id:onmy:20170225054412j:plain
ビリヤードなんかもあって、みんなまったり宿でも過ごしている。
f:id:onmy:20170225054420j:plain

夜のヨガの用意をもって、宿を出る。
まずは、マッサージに行こう。
ちょうどネットで見ていた、フランス人経営の街スパを見つけた。
f:id:onmy:20170225054604j:plain
f:id:onmy:20170225054616j:plain
ここでいっか。オネェしかいないマッサージ店ってのもあるみたいで、
そこにいってみようかと思ってたんだけどね。

一時間だけうける。7ドル。女性のマッサージ師は
まぁまぁの腕前で、疲れがちょっととれたかなー。
f:id:onmy:20170225054633j:plain

その店の並びには、マッサージ店が乱列していた。
しかも、さっきのフランス人経営のとこより安い。
店先でメニューを見ていたら、声をかけられたので
夜にくると答えた。
ヨガ終わって、シャワー浴びてからこよーっと。

マッサージうけて、そのまますぐ眠れるのが幸せ。

街ブラをする。
f:id:onmy:20170225054711j:plain
f:id:onmy:20170225054727j:plain
今日は、暑い!
水分をとらねば。また体温をさげてくれるフルーツジュースの出番だ。
朝飲んだばっかりだけど。
f:id:onmy:20170225054805j:plain
マンゴーとパッションフルーツにする!1ドル。
f:id:onmy:20170225054755j:plain
うまーー。
f:id:onmy:20170225054818j:plain
写真を撮っていたら、正面から撮って!と指示が出た。
f:id:onmy:20170225054833j:plain
やっぱ、私は暖かい国でのフルーツ生活が好きだ。
寒い国には嫁げない。やっぱ
(´・ω・`)

結構かわいい雑貨のお店なんかもあったり、
洋服なんかは、ほかの東南アジアやインドで見かけるようなパンツやスカートが
売っている。
f:id:onmy:20170225054907j:plain

街中のヨガスタジオ。
f:id:onmy:20170225054922j:plain
ここもHPでチェックしていたけど
ヨガスタイルの内容が、HPではわからなかったので
もう少し離れたスタジオに行く予定だ。
※Fさんは、私がシェムリアップにはヨガスタジオが結構あると教えたら
最初は私に、着いていくと行っていたが、やっぱりお邪魔したら悪いからと
別行動するになったのだけど、結局ここに行ったらしい。
微妙だったとmessageが来ていたが、たまたまその時間のレッスンがそうだったのかもしれない。

夕飯には少し早いけど、ヨガの後だと遅くなるから
何か食べることに。

小洒落たお店が多いが、クメールフードレストランという、
観光客もきてるけどローカル色もある店をチョイス。
※場所を忘れてしまった。グーグルマップで探しても見つからなかったの。
オールドマーケットの近く。
f:id:onmy:20170225054942j:plain
フライドライス1.5ドルと
トラディッショナル KAKOスープというのを頼んでみる。2.5ドル。
f:id:onmy:20170225055006j:plain
f:id:onmy:20170225055015j:plain
スープはカレー風味でココナッツミルク味で、とっても好みの、美味しい味だった!
しかし、スープもチャーハンも、量が多くて、かなりフル!!
多分もう、今日は食事はこれでおしまいだ。

オールドマーケットをウロウロする。
f:id:onmy:20170225055028j:plain
活気のある地元の人たちの市場を歩いてると
不思議な感覚に陥った。
私はここにいるのだけど、この人々の生きてる空間と私の空間は交差していないような
なんか、自分がここにいないような、俯瞰してみているような感覚。
f:id:onmy:20170225055038j:plain
まだヨガまで時間があるから歩く。
f:id:onmy:20170225055105j:plain
f:id:onmy:20170225055208j:plain
やばい。昨日まで楽しかったから
また久々の、寂しんぼうが出てきた
|д゚)
ヨーロッパの旅以来だ。

一人で街を歩いてると、どんどん・・どんどん・・寂しくなって
愛犬のことも思い出してくる・・・
まだ克服できてない(´・ω・`)


やばい。今日。
何で一人旅なんてしてるんだろう。何でわざわざ、寂しくなるような事を?
急に、このまま日本に帰って、いつものように感情をツーーーーーーッっと平坦にして働いてる方が
楽じゃんって思って、帰りたくなった。
寂しいとか、思うことも、もう嫌なんだ!!なんでわざわざ、寂しいことを選んで生きてるのだ、自分。
という心境。どうしたんだ今日。


とぼとぼ歩く
(´・ω・`)

川で裸の双子が、元気に遊んでいた。

あ、昨日三人で食べたココナッツパンケーキ。
f:id:onmy:20170225055224j:plain
f:id:onmy:20170225055236j:plain
もうすることもないし、ヨガスタジオまで歩こう。
なんか、どうにもテンションが低いから、街にいても何か見たりしたりする意欲がない。

グーグルマップでは30分で着くと出ていたが、暑いし、テンション低いし
歩くのだるいなーと思っていたら
トゥクトゥクの人が、声をかけてきた。
グーグルマップを見せて、ここまで歩こうと思ってるというと
45分くらいかかるよ!と、それは無理無理
(+_+))みたいな事を言う。

もー。トゥクトゥクで行こうかな。旅中は出来るだけ自分の足で歩きたいという、いつもの勝気も出てこない。
最初に声をかけたお兄ちゃんは、ヨガの場所が地図を見てもピンときてない。
もう一人の人が、わかるという。

"俺が、行っていい?"

"ダメだよ!"っていう会話をしたのが、cambodiaの言葉だったと思うがわかった。

わかるやつが、わからない方に、道を説明してくれて出発!
f:id:onmy:20170225055321j:plain
確かに、ちょっと歩きだとキツかったかもしんない。

ヨガは18:00からだが、トゥクトゥクでズルしてきてしまったので
1時間も早くついてしまった。


中で待ってていいですか?と聞くと、待たせてくれた。
ヨギティーとかも、飲ませてくれた。
ここのヨガスタジオは、通いでもいいし
宿泊施設もあるので、リトリートもOK
f:id:onmy:20170225055339j:plain
カンボジア人のおにいちゃんと、ちょこっと話をしたり
日記を書いたりして待つ。

時間になった。二階にスタジオがあった。
おちつく趣。いい感じ。

先生はフィンランド人だった。
ヨガをあまりしたことがない人でも大丈夫なレベルにしたヴィンヤサフローだった。
ヨガをしたので、気持ちが落ち着いた。

でも、帰りはまた歩く元気があんまりない。
レセプションの人に、トゥクトゥクはつかまるか聞いたら
大通りにでればいるというので、スタジオをあとにすると
すぐに小道に兄ちゃんがいたので、頼んだ。
f:id:onmy:20170225055417j:plain
f:id:onmy:20170225055426j:plain
宿に戻って、ココナッツミルクシェイクを頼む。
今日はフレッシュジュース三昧だ
('ω')ノ
f:id:onmy:20170225055437j:plain
シャワーを浴びてiPadを開いたら、何通か
お誕生日おめでとうって、messageが来ていた。

それにより、もうあと数時間で今日が終わる頃になって、自分の誕生日だったことに気づいた。(´・ω・`)
なんか、余計に寂しくなった。

まぁ、いいや。マッサージいってもう寝よう。

昼間に、夜くるねって答えた店に行ったが
その人はいなかった。

担当がチャイナ系の男の人だった。
日本でうける按摩系は男の人の方がいいけど
タイマッサージは女の人がいいのになと思ったが
仕方がない。
でも、触られて、どうも心地が悪い。
なんか、くつろげない。
やっぱね、生理的に無理とか、触られた時の感覚で合う合わないってあると思うのよね。

マッサージがはじまって、しばらくして
なんかおかしいと思う。

タイマッサージは足からマッサージをスタートするもの。
だからといっても、左足からはじまってから、左足が長すぎる!
もーー、いいだろ。同じとこを同じことばかり延々と。
絶対おかしい。いらっっとしてきた。
(-"-)
やっと右足にうつったが、また長い。
やっと終わったかと思ったら、また左足に戻った。
(; ・`д・´)
しかも、めっちゃ下手。
骨を押すから痛いし、指と指の感覚狭すぎて皮膚を挟むし。

そして、そのうち、股関節付近ばっかりやってきた。
で、とうとう、OK?っつって、エロマッサージをしてきやがった
(; ・`д・´)

NO!!って怒ったら、すぐやめたけど。
最初から、心地よくない気分だったのは、こいつのこういうのを感じ取ったのだろうか。

もーーーーーーー最悪!!
"(-""-)"

宿への帰り道。
最低の誕生日になった・・・。と、
まじで凹む(´;ω;`)

実はバリでも去年、まだティーンエイジャーくらいの若いマッサージ師に、
また違うパターンのエロマッサージをされそうになったり、
日本でも大昔にあった。

なんなんだよ、もぉ。

自分のベッドに戻ると
昨日、旅で一緒だったTさんから
今日、カンボジアの人に虫の料理を食べさせられたなどの
報告のmessageが届いていたので、
エロマッサージされそうになったと、愚痴る。


(´;ω;`)

と、まぁ
最悪な誕生日だったのでした。


明日はバンコクへ行きます。


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

行方不明者は何処!&夜の街ブラ★その⑤カンボジアは・・・・

プレアヴィヘア到着後の続きです。この日の分の日記を完結させますので
ちょっと長編!( ;´Д`)

参加者のTさんが、行方不明になったところからです。

仕方がないので、足を先に進めていきますが、
ガイドさんも、もはやガイドしないし、
何となく遺跡が心に入ってこない(´・Д・)」

Tさんが心配。
自撮り棒での撮影に気が取られ、何かあったのかな(´・_・`)

が、一応いくつか写真を撮っているので
その遺跡の様子などはこちら。
onmyjourney.hatenablog.com

だいぶ歩いて、またガイドさんが、
"やっぱもう一度見てくる"といって
戻って行った。

が、やはり見つけられず帰ってきた(´・_・`)

もう、最終ポイントの
断崖絶壁展望スポットに来た。

ら!!

なんと!!


居た!!Σ(・□・;)
Tさん!!!!!

なんと!!

自撮り棒で、
自分 in 絶景を撮影してる!!!( ゚д゚)

えーーーー!!!(;゜0゜)

衝撃的シーン!!

何で先にいるの?ルートは一つなのに!
しかも、イメージを壊さない、自撮り棒での撮影!!!(◎_◎;)

そして、ガイドさんが一言
"早かったですね"だって。

Fさんが、"怒らないんだ、優しいね"と言う。

どうやら、私達が最初の遺跡を左周りで階段がある方へ行き、
お札のイラストになってる裏側にまわっている間に
撮影か何かに夢中で気付かず、
遺跡の右側から、裏側を見ずに直接参道を上がっていったようだ。

そして、私達が見当たらないから、凄く遅れたと思って、急いで上まで来てしまったみたい。
なので、私達がちょっと裏側にまわってる間に、だいぶ先に行ってしまったのだ。

凄く不安だったけど、絶対にここの展望スポットに来るのはわかっていたから、ここにいれば会えると思って、ここで待っていたそうだ。


いやーー。良かった。地雷も踏んでなくて、タイの軍隊にも捕まってなくて( ;´Д`)
もー。Tさんったら!!心配させて!

これで安心して目に映るものが、心に入ってきた!(^ω^)


さぁ、ここが、かなりの絶景スポット!!

どこまでも、どこまでも、ジャングル!!

えー。これは参考写真。こんな感じ。

この岩で、ジャンプ写真!も、撮った!

Fさんに、
"1人でここで飛ぶの不安だから、一緒に跳んでぇー"と甘える。

テイクワン。
ガイドさんが、
"お一人様、ダメでした"と言う。

お一人様って笑 (^ω^)

テイクツー。

いい感じ!!

Tさんが、撮影に失敗したやつを後からくれた。

皆を心配させたTさんも。

これは、私が岩の下から、跳んでるのを撮ったので、浮いてる写真じゃないけど
いい写真。

この後、カンボジアの家族に出会う。
おじいちゃんが、私に、"チャイニーズか?ジャパニーズか?"と言ってきた。
ジャパンだよ。と答える。

私が、"写真を撮らせて"って言ったら、おじいちゃんが私の隣にベッタリ並んだ。
あ、一緒に写ろうっって事ね。

じゃ、皆で写ろう!ってなって
大家族と現地ツアー参加者全員の
異文化交流感満載のいい写真が撮れる!

そして、別れ際におじいちゃんが何か言ったのを
ガイドさんが訳してくれた。

"おじいさんは、幸せになって下さいと言いました"と。

えーー。じーーーーん。・゜・(ノД`)・゜・。おじいちゃぁぁぁぁん。

そして、参加者のMさんが去っていくおじいちゃんを見て、
"一仕事終えた後の一服って感じでタバコ吸う姿が渋い"
と言った。

長〜い廊下で、ガイドさんが
また、流行りの写真を撮ってくれた。

すると、撮ってもらった写真を見たTさんが
"やべーー!!やべーー!!"と、騒ぎ出す。

"どうしたの?"と聞くと、

"心霊写真が撮れちゃった!!
俺が2人いる!!やべーーーー!!"
と言う。

ゾゾゾっ!(;´Д` マジで!?
確かに、この廊下、何か居ても不思議じゃない雰囲気!( ;´Д`)

皆で、
"怖っ!見せて見せて!"と、Tさんに群がる。

"え?7人で、合ってるくない?どこにもう1人いるの?"

と、聞くと、

"あ、これYさんか、俺に見えた。"だって。

どうやら、Yさんを自分だと思い、その後ろに写っている自分の顔が、心霊写真だと思ったようだ。

Fさんと、私は、お腹がよじれるまで笑う。

Tさん、独特すぎる!!!(爆笑)
どこまで人騒がせなのだ!!

Fさんと私はもう、Tさんの独特なキャラの虜だ。

※このツアーの翌日、守ってあげたい系ガールズ2人を除いた5人のグループラインが出来た。
2人とは、誰も連絡先を交換してなかったようだ。

それぞれの後日の旅の様子や、自分が撮影した写真のシェアなどをする。
Tさんは、翌々日にベトナムに仕事の話で行ったらしく、
スカイラウンジで夜景をバックに、現地の女子社員を左右にはべらせた写真を送ってきた。

私が"Tさん!何者だ。さては、只者ではないTだな。"と返信すると
Fさんも"実は仕事の出来る男と見た"と、返信していた。

"私には、この自撮り棒のイメージだったのに。"

と写真を送ると、
Fさんは"俺が2人のイメージ"と言っていた。

Tさんからは、"写真ありがとうございます。自撮り棒のイメージで間違いないです。ただのサラリーマンです。"と、入っていた。

Tさんとは、翌日に私が超最悪な事があったのを愚痴って以来、
今も何となく毎日状況報告が続いている。


タイとの国境にある、タイの軍隊の小屋が望遠鏡で見える。
興味シンシンで見てる子供達が、めちゃくちゃ可愛くて愛おしい。

ここで、カンボジアの軍が銃をもって、見張っているのだが
観光客ウェルカム!な平和な雰囲気。

さ、また2台の荷台で戻るよ。

また、車にしがみついて道を降る。

ここから、シェムリアップへ戻って、ディナーです。
車でまた寝ます。

途中、喋り声で目が醒めると、夕陽が美しかった。が、撮影は寝ボケてて失敗。

レストランついた!!

けど、なんかちゃんと写真撮ってない。車で寝て、寝ボケてて、あんまり何食べたかも覚えてない。

Fさんが、Tさんに
"何か悩んだりストレスたまったら、連絡しなさいよ。Tさんオモロすぎて別れがたいわ"と言っていた。
Fさんは、Tさんのヒョウヒョウとしたところの大ファンになったようだ。
Tさんは"おれ、あんまりストレスたまんないですけどね。ま、何かあったら連絡しまーす"と、ヒョウヒョウと言っていた。

この後、それぞれのホテルへ順番に降ろされて行きます。
もう22:00くらい。

はーーぁ。皆いいとこ、泊まってるねー。
私だけだわ。ドミ。

ガイドさんが、オールドマーケット行きたい人は、そこで降ろしますよ。と言う。
YさんとTさんは
オールドマーケットの近くに宿があるそうだ。

私は、もう遅いし明日行こう。って思ってたんだけど
宿に車が着いて、急に気が変わる。

ガイドさんに、"オールドマーケットからここって歩ける?"っ聞くと
歩ける。というので、
"じゃ、やっぱ私、マーケットストリートで降りる!"とマインドチェンジ。


Fさんに、
"えーー!?帰り道わかるの!?チャレンジャー過ぎる!
絶対、わかんなくなるよ!"

と、言われるが、
"今、見て覚える!"と言って、車から走っている道を確認する。

賑やかなナイトマーケット、オールドマーケット、パブストリートが交差する辺りで
YさんとTさんと降りる。

何となくYさんとTさんが、特に何か申し出るもなく
自然な感じで私と一緒に歩き出してくれた。
と、いうことで3人で夜の街をブラブラします!!



わーい。男子2人いたら、あんしーん。( ´ ▽ ` )ノ
ありがとー、何となくついて来てくれてーぇ。

Tさんは、ベトナムでの仕事のついでにカンボジアに来て、
Yさんも、シンガポールで仕事があったついでにカンボジアに遊びにきたようなので、
私のようなフラフラした者とは違うのだ。
ジェントルマン2人をお供に賑やかな街を歩く。

Tさんが、自分用にお土産を何買えばいいかわかんないというので、
Yさん"Tシャツは?"と、提案。
Yさんは、戦場カメラマンの渡部陽一さんと、浅越ゴエさんをミックスした感じの
穏やかで優しい笑顔の癒し系男子。
私が"Tシャツ3ドルだよ。パジャマにでもすれば?"と言ったが
お店の女の子を"君面白いねー"と茶化すだけ茶化して結局、
"んー。3ドルでも、1ドルでもいらないかな"と言って買わなかった。

フレッシュジュースを男子2人が飲む。
私はお腹がいっぱいで、パス。

でも、2人とも味見する?って言って飲ませてくれた。

このあと、昨日のディナーのビュッフェで食べた
ココナッツパンケーキが露天で売っていた。

"あー、これ美味しいんだよー"
と、言ったら
Yさんが、"じゃ3人でシェアしましょう"と言った。
一皿1ドル。Yさんが買ってくれた。

"あ、でも昼のココナッツの実みたいにさー
私が美味しいっつって、結果また微妙だったらやだなぁ。
"って言ったら
2人は、"え?"ってきょとんとしていた。
私の気の遣い過ぎだ。だってさ、お金出して買って、美味しくないって思われたら
なんか、私が美味しいって言ったせいでー。とかになるじゃん?

3人で食べる。

"うん、美味しいね"って2人とも言ってくれたー。
ヨカッタァ( ´ ▽ ` )ノ

Tさんが、"どうする?"と言い
Yさんが、"見たい所ある?"と聞いてきてくれた。

"もぉいいかなー。"と言うと、
"じゃ、パブストリート通って戻りましょう"ということで、
各自の宿にそれぞれ戻った。

帰り道は、ちょっとだけ夜道にドキドキしたけど
道にも迷わず、無事に帰れた。


宿に戻って、シャワーを浴びてiPadを開くと
Yさんからも、Tさんからも、Fさんからも
個別に、ちゃんと帰れた?って心配して連絡をくれていた。

心配させてしまったみたい。

昨日も、今日も
素敵な旅人達と、素晴らしいカンボジアの一部をまわれて
すっごくすっごく、楽しかった。

カンボジア、まだ知り尽くせない。
遺跡をみた。繁華街をみた。カンボジアの人は、のんびりで気さくで人懐っこい。
でも、それ以外、わかんない。けど、なんか本当は凄い底力が眠ってる土地な気がするの。
もう一回来ようかなー。

そして、明日は
朝、昼、晩と
ヨガスタジオを色々廻りたかったが、
ひとまず朝はパスかもしんない。

楽しかったけど、クタクタだ。

おやすみ。みんなありがとぉ。


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

チェンマイヨガトレ★ヨガ友とグレイトティーチャーと大切な時間

バンコク ヨガ

リアルタイム

チェンマイトレーニング。終了しました。
素晴らしい時間だった。本当に。
出会ったヨガ友と、グレイト ティーチャーに
沢山パワーもらった。ありがとぉ。
いい時間を過ごした。



いっぱい、身体と心に、皆で向き合った。

そして、
今日のインスタ。
私の経験した事を抱きしめて背中を押してくれる、大切な「時間」
でも、次の時間へ。

TIME really does fly.
Past rapt TIME.
The new TIME has come.
Just live in the present every moment.
#time #clock

また、チェンマイでの事は、
カンボジアからバンコクチェンマイへと
順に日記をUPします!

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

カンボジアのマチュピチュ。天空の遺跡 プレアヴィヘア

カンボジア

プレアヴィヒア(聖なる寺院)



天空の遺跡 というプレアヴィヘアは、断崖絶壁!というような場所にある。シェムリアップから車で5時間くらい。車をチャーターか、現地ツアーに参加することになるので、1人旅の人はツアーに参加するのがベター。

崖の上に建てられた古代ヒンズー教の寺院です。

この寺院は、タイとの国境にある為、タイ王国も自分達のものだと主張し長い紛争があった。国際司法裁判でカンボジアのものだと裁定されてますが、それでもこの辺りは、緊迫したムードにまだあるようですよ。

2008年に世界遺産に登録されました。

お昼12:00、太陽が塔の真上に来るように設計されています。カンボジアでは、どの遺跡も、自然や地球の摂理に沿った建築がされていて、昔の人達がそういった事をとても大事にして生きていたんだなって思います。

まずは、この遺跡があらわれる。これを何と呼ぶか、ちゃんとガイドさんの話を聞いていなかったが、カンボジアの旧2000紙幣のイラストになっている。

長い参道をゆっくり進み、

遺跡を抜けていきます。









長〜い廊下。


そして、断崖絶壁な場所に到着!


岩に刻まれた文字

黒い部分は、木々の色ではなくて、雲の影なんだそうです。

ここで、ジャンプ写真を撮るのが、定番になっているようだ!


写真がうまく撮れてなくて消してしまったんだけど、この岩の下に神秘的な神様を祀る場所がありました。



これまた、消してしまったのだけど、タイの軍隊の見張り小屋も肉眼でみれます。

カンボジア側からも、銃をもって警備。


これで覗くと、タイの軍隊さんが中にいるのが、はっきり見える!
Fさんが覗いた時は、お坊さんが小屋に入ってきたっていってました。

少し遠いけど、ここ最近になって来れるようになったこの場所も
カンボジアに来たら、是非。


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村