Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

満月でイラッーーっ。でもあの日に戻ってみよう。インドへ行くと決めた日。

日記、書くのやめようと思ったけど
やっぱあとで、振り返る時ありそうだから、日記に残す。
いや、結構大事な事を、私は気付いたかもしんない。
いや、気づく手前か?

満月✖️月食✖️ライオンズゲート
の、8/8を終えました。

が、ライオンズゲート自体がこれから暫しの間、開いている期間であることと、
次の新月は日食が起こるので
それまで宇宙は大変なお祭り期間なようです。
そんなお祭りは次は2020年までこないのだとか。

満月っつうと、
自然界でも産卵だったり、地球自体の大地が盛り上がったり、海が満ちたり影響大なわけですが
人間界も、満月の日の交通事故や事件の件数が増えますよね。

そういう私は、イライラな日でした。
普段は気にならない事も、気に触る。
そもそも温厚民族だし、満月って結構悲しくなる派なのにさ。
満月だからか、周囲にかまってちゃんも増える。それらにいつもの様に対応する事ができず、
イラーーっ。( *`ω´)
もー、私をほっといて下さいという気分。
"もー、イライラしてる自分なんて嫌!"って他の事を考えようとするも
挙句には、
バイク乗ってる人が、足をちゃんとステップに乗せないで、
両足をプラプラ伸ばして変な走り方してるのを見ただけで、
イラッーーっ(-"-)
今思えば、足を怪我して曲げれない人だったかもしれないのに。
いつもなら、"へーんなのー"で、済むのに。ごめんなさい。
どうかしてたぜ。

こういうお祭りの日なので、
色んな方の、満月✖️月食✖️ライオンズゲートに関する記事やブログを拝見すると
ほとんどが、
変容のときですよ、自分らしく生きる時ですよ!
やれ!やれ!進め!的なメッセージ。

いつもは、宇宙の動きを参考にさせていただいているのに、
今日は
イラッとしてるので
もーぉ、わかっとるわい!
もー、そんなの、ここ1年以上十分に向き合っとるわい!!
もー、そればっかじゃん!と、やさぐれる(*`へ´*)

しかし、その中でも
他の同じようなメッセージとは、少し趣向の違うグッとくる言葉を綴る方がいた。

今日から下弦の月の間に、今までの事が結果として何か形になって受け取っていくタイミング。
しかし今、現実的に形になったように感じなくても、進行中という事がある。
まずは自分の中で何が形になって来ているかをよく確認してみる事だ的な事が書いてあった。
よく観察してみる事だということだね?形になってないと思ってても、よく見たら形になってる事があるハズなんだよね?きっと。

そして、昨夜の月食を見てから眠る前に、
やたらと頭に、
「橋渡し」という言葉が頭に浮かび、
"ん?何?何を橋渡し?"
となぜそんな言葉が浮かぶのか意味がわからなかったが、
ある方の文章に
「過去と未来の橋渡し。」という言葉出てきた。


なるほど。
自分的に色々、総合してみた。

過去から積み上げ経験した事を、今の自分はイマイチ、纏められてない。
とっちらかってる。
大体、私はカバンの中の持ち物がいつもとっちらかってる( ;´Д`)リアルに。
カバンはさて置き、それらを上手に纏める作業をしてみることで、何か思いもよらない形が出来上がるかもしれないなぁ。
その作業が、過去から未来への橋渡しになるかもしんない。

なんて、考えた後、

さきほど、今度インドへアーユルヴェーダの更なる研究に行く友に、
私がインドで学んだアーユルヴェーダの学校や、見学に行ったアーユルヴェーダの製薬工場やハーブ園について、名前や住所を紹介するのに、
当時を振り返っていた。
ちょうど、311があった時に、私はインドにいてアーユルヴェーダを学んでいた。
インドの新聞でも1面トップ。ただし、インドに伝わってきたのは翌日の12日。

衝撃の写真もいっぱい新聞で連日見た。ここにそれを載せるのはやめよう。
勉強していた病院のテレビで、あのもう日本では映さない事になった津波を見た。
入院していたインド人のおじいさんが、日本の情報をこれで得なさいと、ノートパソコンを貸してくれた。まだiPadiPhoneも持ってない頃だった。

なぜ、そんな日本のみんなが大変な時に私は日本に居ないの。
日本の困ってる人々を助ける手伝いも出来ない。

と、本当に申し訳なくなって、ノートパソコンから東京でも大変だったという友達に
「こんな時にインドに居てごめんなさい」って連絡した。
東京の友達は、「renadonda がごめんっていう事じゃないよ。」と言ってくれた。
そういうショックや謎の罪悪感(今となっては謎じゃない。例のユンユン由来の罪悪感。ましてや津波だしね。)もあったけど、
当時の写真なんかを見ていたら、その時の自分が活き活きと生きていた事を思い出した。
悩みも持っていたのも覚えてるけど、でも、あの時の空気を思い出すと、
何か今、大事な事を忘れてる気がしてきた。
それが何か、ちょっと今はピンとこない。
もしかしたら、私は今一度、
あの頃の自分の事の何かを思い出す必要があるのかもしれない。
あの頃、日記もつけてないし、インド行く前にブログ開設して、インドのブログはじめようとしたんだけど、行く前の考察一回書いたまま
投稿せず終わった。だって、インドのネカフェってさ・・・話がとっちらかるから以下省略。

私がインドに行ってアーユルヴェーダとヨガを本格的に学ぼうと決心したのは、
大好きな祖母が亡くなり、一晩中泣き明かした翌日に葬儀をした、ある日食の日だ。
今の様にムシムシに、暑い日だった。
そこから昼夜、仕事を掛け持ちし、夜は家に帰る時間を惜しみ
お風呂はジムで済ませ、職場に布団をしいて寝る日々だった。
そうしてインドで学ぶ費用を貯め始めた。
目標を持つことで私は、それまでの大きな悩みや大事な人の初めての死も、乗り越えようとしていたのだと思うし、
自分の思い描いている事を未来に繋げる為、一歩踏み出そうとした日だった。

まだ頭フワフワしてたいけど、ちょっと初心の自分にまで遡って観察みようと思う。
なんか、よくわかんないけど。何を気付こうとしてるんだろ??
でも、今日はも寝る。
あんまり頑張って考えなーいの。

えーと、写真はでは
そのインドでのしゃしんを。

アーユルヴェーダの勉強当時は毎日、アーユルヴェーダ病院の食堂で食事。
病院食をおかわりしまくり、いつも呆れられていた。
だって、美味しいんだもん。私は入院患者じゃないしさ。
その美味しいのを作ってくれてる皆さん。

卒業式に着るサリーを仕立てに。
結局、3着も買ってしまった。

うち1着は、ブルーにした。

という事で、もー寝たいから
尾道日記続き出来なかった!

では、また!
チャオ!
ॐ नमः शिवाय( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
旅日記じゃない日記も増えたので、ポイント振り分けました(=´∀`)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村