Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

女は1人で何でも出来ちゃいけない&マドリード食い倒れ完結編

前回の続きから!

マヨール広場を抜けたら、すぐに
Mercad do San Miguel /サンミゲル市場

お腹が空く間もなく、着いちゃった(;´Д`A

中に入ってみる。

バルセロナの市場より、ちょっとスタイリッシュな雰囲気ぃ。
市場っていう日本語にしちゃうから、あれなんだわ。

市場というより、バルの集合体。っていう感じよ。

こんな感じでフードコート的に席もあって、飲んで食べて喋って楽しそう!

ここに、お手軽に食べれる少量のパエリアあった。

うーー(´・Д・)
最初に、パエリアとメイン料理ガッツリ食べたのは、正直失敗だった。

だって、こんなに美味しそうなlineup達を目の前に
私はもう今、何もお腹に入らないのよ!
食べたら、本気で食い倒れる!!(´・Д・)」

ワインもなんか、髭の渋いマスターが入れてると、高級ワインBARという感じになる。

攻めてる料理もある。

お気に入りサングリアすら、もうお腹に入らない。

一口オリーブ、一個1ユーロ。

これくらいならお腹に入るかな?と、思うが、やっぱフル!!

シェリー酒、美味しそう。

スイーツやフルーツもある。

もちろん、ハモン店は絶対的。



シーフード料理屋さん

ムール貝の量が凄い!!

やばい!カキじゃん!!
生ガキだよ!!食べたい!!´д` ;

お腹いっぱいだけど、リスクマネージメント力を失い、一瞬食べようとした。
が、ここの店は、専用カウンターがあるのだが、
そのカウンターに、1人で座る勇気出ずに諦める。
だって、なんか、ここに座ってる人達が
このバル通いの上級者みたいな雰囲気出してるんだもん。
ここのカウンターにいつか、誰かと座りたい!!( *`ω´)
素敵な感じで座りたい!!( *`ω´)

チーズの一品料理屋さん、ここは女性が群がっていた。
マジでマジで、食べたい!!

その他、本当に美味しそうな様々な品が揃っていた。





ここまで来て、何も食べれないって、ある意味拷問(´・Д・)」
私、もっかいいつか、ここに来るからな!
覚えとけ!サンミゲル!( *`ω´)


負け犬のように市場を出る(´Д` )


マッシュルーム店は、サンミゲルから目と鼻の先。
食べれないけど、店だけ見に行こう。
コンタさんに、一番におすすめされてた店だもん。

あった。
Mesón del Champiñón/メソン デル チャンピニョン

わー。いい感じのお店!思ってたのと違った!
もっと、高級感ある店かと思ったら、可愛い雰囲気。
めっちゃ入りたい・・・・
きっと、ここで帰ったら後で後悔する・・・

もう、食い倒れ覚悟!( *`ω´)
入る!!

わーー。本当に中も、可愛い店だぁ。
洞窟になってるよ。

まだ時間が早く、客は大家族1組のみだった。

ドリンクメニューは、ここも日本語メニューあり!

私はワインと炭酸で割ったのにするー。ティント デ ベラーノ

そして、マッシュルームを頼んだ!

タコレー!!美味しそう!

そして、めっちゃ旨い!!
まじで、めっちゃ旨い!!

大きなマッシュルームが香りよくジュワーっと美味しい!!
ニンニクの風味が食欲を増させて、お腹がフルだったのに
美味しく食べれる!チョリソーが入ってて、あとの味付けは、よくわかんない。
よくわかんないけど、美味しい!

パンもついてきた。お腹が空いてたら
このマッシュルームにかかってるガーリック風味のオリーブオイルつけて食べたら
絶対に美味しいだろねー。

何個か食べるが、マッシュルーム大きいし、
さすがに全部、食べられない。
あとは持ち帰れるか聞いたら、
全然オッケーだった。

コンタさん、有難う。こんな美味しいお店教えてくれて。

女性3人組が入ってきた。
"可愛い〜!"という日本語が耳に入った。
関西弁の女子組。
第一声が、可愛い〜とか、久々の感じ。

トイレに行ったら、そのうちの1人がいたので、
"こんにちは"と、声をかけたら
"あっ!日本人ですか!"と返してきた。
そこから長〜い、立ち話。
彼女は、初の海外旅行らしい。
私の行程を聞かれ、話をしたら本気で驚いて
凄ぉいを連発し、若干、感動していた。

いつもドミに泊まって、私みたいな旅してる人ばっかりと話していたので
なんか逆に、コッチも凄い新鮮。

"わー、憧れるーぅ"というので、
いつかしたらいいよと、変態の道に、誘惑しといた。

いや、やはり、あんな守ってあげたいような普通の女の子を
こんな道に導いてはいけないな。
逞しくなっちゃうからね。可愛いままの方が、いいよ。きっと。
1人で何でも出来ない方がいい。女子は。

私は昨年、DIYで棚を買って、重いのを1人で持ち帰り、
自分で組み立てた時に、
とうとうその域に来たか。と、思ったよ。

こんなん、男子に甘えて、やってもらわないとダメだ。女子は。
本当は出来ても、やっちゃいかんのよ。
そんなの自分でやっちゃうようじゃ、悪女にもなれんわ(´・_・`)

でもさー。だってさー。何か困って頼ろうにも、皆さんお忙しいのでしょうねーって、気を遣うじゃん?
それでもね、上手に甘えないといけないんでしょ?

男子はね、俺がいないとダメだなーっ、エッヘンって、思いたいのよ。きっと。
男子の存在意義の領域を侵しちゃいけないのよ。

彼女たちは、この後に
チュロスの店に行くそうだ。
うんうん、3人で6本のチュロスを分けて食べる。
そういうのが、可愛いよ。女子は。

そして、私はとうとう今年、ゴキブリをティッシュで捕まえることが出来ました。
殺せないから、外にそのまま出しました。
それをシェアハウスのオーナーに報告したら、
凄いね・・・って言われました。

えっ(;´Д`A 若干ひいてね?
いやいや、ゴキブリがどこかにいるまま部屋にいるのが嫌だったから´д` ;って必死に言ったけど、
しまった´д` ;もう、本気で何処ででも1人で生きれるキャラになってるって思った瞬間でした。

キャーーー!虫!!◯◯くぅぅん!というセリフと、
この荷物、重ぉい。ネジ回せなぁぁ〜い。というセリフを練習しようと思います。まじで。


あまりに久々に、普通の可愛い女子に会ったので話がそれた。

席に戻ると、マッシュルームを、テイクアウェイ用に
タッパに入れてくれていた!すみません、なんか。そんな丁寧に。

いつかまた来ますm(._.)m


店を出てまた、サンミゲル市場の前を通る。

まじで、いつかまたリベンジに来るからな!!( *`ω´)
今日はどこかでハモンを食べたかったのに、食べれなかった。
シャンピニオンの店の並びに、ムセオ デル ハモンの支店があったので、生ハムを持ち帰りにする。

マルタに持っていこー。

帰りはOpera駅が一番近いっぽかったので、歩く。
途中で人通りがない夜道だったから、一瞬大丈夫かな?と思ったけど
何かあれば、
マッシュルーム汁ブチまけてやるわ( *`ω´)と、歩いた。

.....そっか。
さっきの話の流れからだと、
こういう時の正解は、
やっぱり、女一人じゃ恐〜いから辞めとこ〜。
または、
何かあれば、キャーー!と叫んで誰かに助けを求めなきゃ〜。
が、守りたくなる可愛い女の答案だよね(´・_・`)
マッシュルーム汁で応戦しようとしているようじゃ、
ダメだこりゃ。


ま、無事にメトロ乗って宿に戻りました。
食い倒れとか言いながら、結局あんまり食べてない気がする(´・_・`)


深夜2時頃にはもう、宿をチェックアウトしなくちゃいけません!
帰ってパッキング仕上げて、仮眠してマルタへ出発ですよ!

次回に、マドリードのローカル深夜バスについて詳細をあげます!
だって、検索しても日本語であんまり情報見つからなかったんだもの。
せっかく、こっちで調べたからあげるわ。
チャオ!( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村