Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

エスケープしました。そういう日もある。

リアルタイム日本

こういう日もあるのを知っている。

昨日は、
多分明日は、旅日記の続きをUPすると入れたのに、
出来ませんでした。ごめんなさい。

色々と頭が煮詰まって、
ぱっかーん(´Д` )

いつもしている事を何もしたくないモードに。
ご飯もいらない。
寝る前のパックも、したくない。
ぜぇーんぶ、エスケーーーープ!!ノ ( ̄Д ̄)ノ
腐っている。

気分変えようと、前髪を切った。
こういう時に、前髪を切るものでないのを
経験上わかっていながらも、衝動的に切って、失敗( ;´Д`)
ますます、
ぱっかーん(´Д` )


寝不足だから、さっさと寝ればいいのに、
ある動画を探し始めた。

今日、ディズニー大ファンの人から
私がディズニーで踊っていたのを、めちゃくちゃ羨ましがられ、
それって、自分らにしたら凄いことなのに、自覚ある?と言われ、
そういや、その時の写真もビデオも残していなかったので、
ネット上にあがっている動画を探し始めた。

その頃、まだペーペーな私は先輩にいびられ、
自信喪失していた。
ある時、
私はあなたの事を絶対に誉めない。
いい所は、言わずに盗む。

と、言われた。
これすら、どう受け取ったらわからず毎日を過ごし、
舞台の上から、ゲストの楽しんでいる表情を直視できたのは
そのショーの千秋楽の間際になってからだった。

こんな楽しそうなゲストの笑顔を見ていなかったなんて、
なんて、勿体無い事をしていたのだと後悔したし、
ゲストに申し訳なかった。

そんなだったので、このショーの衣装の写真なんていいや。
ビデオも、残さなくていいやぁ。

と、過ごしていたため、一切ない。

昔、ニコニコ動画で見つけたのだが、まだあるかしら?と思ったら、あった。
youtubeにも、あがっていた。

ショーは素晴らしいショーだった。
あんな、素晴らしいショーを100パーセント、楽しんでいなかった事を
後悔するし、そんな腐った気持ちで舞台にあがっていたことは
やっぱりゲストに申し訳なかった。
まだ、ペーペーだった。そういうとこも。

今日のエスケープも、腐った気持ち
長引かせないようにしなきゃ。

でも、とりあえず、
煮詰まってしまっている。
今日の所は、
このまま、おバカな動画でも見て、何も考えず寝たいと思います。

画像が何もないので、
これまた、さっき
なーんも、するべき事をしたくないから、
話題のGoogleAuto Drowでも、してみっか。と、やってみたやつ。

私の描いた象が

こうなった。

明日こそは、続きを( ;´Д`)
コップンカー!

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

妖艶な人

リアルタイムは日本

今日、ダンスの生徒さんから、
「先生〜これがバーレスクの真髄ですね〜。
わかってきた気がします〜、魅せ方なんですね!」

と、その生徒さんの、
ただ立っている写真と、立ち姿を意識した比較画像が送られてきた。

私は毎回、レッスンの後に
日常で意識して欲しい事の宿題を出す。

身体の使い方は、もちろんなのだけど、
バーレスクに来て下さってる方達には、
日常の動きや仕草で、どう立ち振舞えば女性的かを常に意識して欲しいというのは、
毎回の宿題。

前回の追加の宿題は、
妖艶ってのは、どういう事か
自分なりに研究しておいて下さいぃ。と出した。
次回の出演のイメージが、私の中でそれだった。

早速「あれから、妖艶、妖艶と呟きながら、過ごしています〜
いつもrenadonda先生の振り付け大好きです〜 凄く妖艶です〜」

と、LINEを送って来てくれた。

また、しなやかな動きを支える、身体のコアを鍛えたいと、
ヨガの方にも最近参加して下さる方や
綺麗に見えるポイントを教えて下さいと、個人的に質問に来てくださる方など、
常に、前向きに真剣に努力している生徒さん達には脱帽だし、
そういう女性は、素敵だと思うし、
そして、頼って下さっている事も、嬉しく思う。

生徒さんが、努力している。
宿題を出した私も、妖艶についてもう少し考えてみる。
私が思うに、妖艶さもエネルギー。

考え始めて、そういやと思い出した。

妖艶。と言えば、
私がとても影響を受けたのはこの方だ。
渋谷で何度か、ベリーダンスや、ワークショップを受けていた。
東京に沢山いる他のベリーダンスの先生達には、全く憧れなかった。
この人のエネルギーにしか、惹かれなかった。
そして、なんと
バリで再会!!

再会した記念に一緒に写真を。とお願いしたら、
さすが、普通に立ってハイポーズ。ではない。
大地に座りだした。

この人は
そこに居るだけで、息をしているだけで、まさに妖艶。
この人が、フゥ〜と息を吹きかけたら
世界中の人が、とろけて惑わされてしまうんじゃないか。

バリで再会した時に、わかったのだ。
この人は、女性であることを悦んでいる。
見せかけではなく、この人そのものが、女性である事を悦んでいるから、
ただ居るだけで、息するだけで妖艶なのだと思う。
そして、大地や風や女神のエネルギーも常に感じて溶け込んで、悦んでいるように見える。

この人になりたいわけではない。
人それぞれ、産まれ持ったエネルギーの質がある。
産まれもったエネルギーを持ちつつ、
なりたい自分になっていく事は出来ると思う。
私は、努力もなく「どうせ私は。」「あなたは、いいわよね。」という人は、苦手だ。
エネルギーのワークをすることやマインドの持ち方で人は変われると思っている。

生徒さん達は、そうやって、なりたい自分へ向けて努力している。
大好きだ。
努力している人達は美しい。

では、また次回!
多分
次回は旅日記の続きです。
See you〜( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

インドのヒマラヤ山脈☆ガンジス河の始まる場所へ

リアルタイム日本は
満月でした。

昨日、ヨーガ療法の木村先生らとインドのヒマラヤにあるガンゴートリーから、ガンジス河の始まりのポイント、ゴームクへ行ったと少し触れた。


ある時、とある方に
「renadodaはヒマラヤの風を知っている。だから、何があっても、そのエネルギーを思い出したらいいよ。」と言われたことがある。
実際、何か弱気になったら、あの山の中で感じた風を呼び起こしてみたりする。
人から頂いた心の支えになっている言葉が幾つかある。
これも、その一つ。

ガンジス河の始まりのポイント、ゴームクへは
ガンゴートリーを起点にヒマラヤ山脈を登って行く。
母なる河 ガンジス河のソース。聖地だ。

前の年に、インドに1人で半年滞在した時、
リシケシに辿りついた私はその先を、
ガンゴートリーか、ダラムサラか、
どちらに行くか迷っていた。
しかし、デリーからリシケシに向かう寝台列車で、
三段ベッドの一番上になり、天井の扇風機に夜中間近であたっていて
リシケシについたころにはグッタリ。熱が出ていて、リシケシ留まりとなった。

なので、ガンゴートリー方面へ向かうのは、リベンジであった。
ダラムサラには、まだ行けていない。

ちびっ子。
既に、お疲れ〜。
途中で会わなくなったから、ゴームクまでは行かなかったようだ。

何日にも分けて登っていくので、
ここから、ヨガを毎日しながらのテント生活が始まる。
ベースキャンプ場を2ヶ所移動した。

テントで4泊もするのは初めてだった。
お風呂にそんなに入れないのも、初めてだった(´Д` )

マイテント

テント初日の夜に、テント側に犬が居て、
野犬だ!ヤバイ!と、追い払ったが、すぐに戻ってきて寝てやがる。
コイツもしかして、いい犬?と追い払うのをやめた。
やはり、このベースキャンプに居ついて人と共存しているようだ。
翌朝から、仲良しになった。

ヒマラヤの山中は、もちろん高山なので
高山病になってグロッキーな人や、登るのを断念する人達もいた。
馬で登っていた人で、落馬し骨折し、帰国になった人もいた。
人が通るのでもギリで、崖から落ちたらガンジス河へダイブという道もあり、
馬より自分の足の方が信頼出来ると思った。


いつも、チベットカイラス山に行く、高山に慣れた木村先生からは、
「高山では消化力が落ちるから、食べ過ぎないように。」と、言われているのに
私は、何度もお代わりをするほど、食欲旺盛だった。
「どこででも生きて行けそうだね。」と、言われるキャラは、事実かも。
順応性が良いようだった。

ヒマラヤ山中にはもちろんレストランはないので
ポーターが食料を運び、料理人たちが、同行していた。
いやしい私は、食事を作っているテントにまで
フラフラと入っていき、料理しているところをよく見せてもらった。
だって、インド料理美味しいんだもの。
日本食も作ってくれていたけど、インド人のつくる日本食は美味しくなかった。
仲良くなったシェフに、「私はね、ダルスープが大好きなの!」
と、言っていたら
山を降りてすぐ、シェフはダルスープをその日のメニューに入れてくれた。
シェフに、「ダルスープ、作ってくれたんだね!」と言うと
照れ臭そうにしていた。

マルタでパサンが私にダルスープを作ってくれたが
その前に、もう一人作ってくれた人が居た事を、
今、思い出したわ。


ゴームクへ向けてガンジス河沿いに山を登っていく。



遠くに見えていた大きな山は、段々近づいてくる。



シヴァリンガの山を見れた時は、私は、まじでここまで来たんだ。って、思った。

シヴァ神は、このヒマラヤに住んでいるという。

何人かこもっている行者がいた。


呼吸法をしているような行者にも出会った。

ある行者に、汚れた手でピーナッツのようなお菓子を
何粒かもらった。

これ、食べたら、さすがの私もヤバイかな。
と、思ったが、
その場で食べないのは失礼なので、頂いた。

ヒマラヤに住む犬はとてもshantiだ。

すっとぼけたコイツは、ベースキャンプまでついてきた。

どうにも、このゴミが気になるらしかった。

辿り着いたガンジス河のスタートポイントは、標高4000メートル地帯。
もうその先は氷河だ。

更にその先へ進む予定だったが、クレパス、裂け目が出来ていて、
断念することになった。

ここから、ガンジス河が始まる。

ゴームクでは宿泊できないので、
そこでヨガを行い、沐浴するには河が急流なため、水をかぶるだけして
ベースキャンプまで戻った。

昨日、「最終目標はヒマラヤの山々より高い気がしていた」と、木村先生と行ったヒマラヤに絡めて書いたけど、

私が、勉強ばっかりヨガ修行ばっかりしてるもんだから、
「いつまで勉強してんだ、早く形にしろ。と言われちゃった」と、ある人に話したら、
「山が、ビルが高いんです。土台がちゃんとしてないとダメな高さなんです。と言ってやれ。」と、言ってもらったことがある。
どれだけ、安心し、そうだ!そうだ!と思ったことか。
しかし、もうさすがに、このままではいつまでたっても、土台のままだ。
山頂は、もうヨガとか、そういう事でもない。
ヨガ修行だけでは、登れない。


ここ最近、
何度も脳裏にフラッシュバックする、ある時代のシーンが、また出てきている。
ギリシャサントリーの日記、最高の場所で夕日を見た回の中でも書いたシーン。
さっき、偶然にも、その日のブログが開かれ、読んだ。
違う記事を探していたのに。
つーか、ブログなのに、あんなに割とちゃんと記憶を書いちゃってることに驚いた(-"-)

あの時の思いが、今を突き動かしているのだろうな。

昨日気付いたけど、まだ苦手なようだ。
子供達や、赤ちゃんが
泣いてる顔をみたり、泣き声を聞くのが。
今世だけのことで考えれば、全く原因不明となる。
が、輪廻転生でいえば・・
これ以上は、書くのやめとこ。

とにかく、その時の思いが
山の上へ登らせようとさせている。
だから、その為にはまずは一歩登らないと、流れは起こらない、と奮い立ちもする。


今日の満月を越えると、
星は、発芽から成長や実践させようとする動きになっていくのだそうだ。

今日は満月だからか、なんだか少しだけ弱気。
宇宙にポイょと、預けてみる。
ヒマラヤの風を、山を思い出そう。
自分に前向きに言い聞かせている、今日この頃だ。

では、また次回!
ナマステ〜( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

チェンマイ☆ターペー門近くのいい感じなホステル&宇宙の意図

リアルタイム日本

なんという事でしょう。
福岡で4/29に行われる、ヨーガデイズというイベントで
日本のヨーガ会の重鎮達、
ヨーガ療法の木村慧心先生と、アシュタンガヨガのケンハラクマ先生と、
アーユルヴェーダの上馬場先生の三者対談「ヨーガの叡智」が、あるそうだ。

めっちゃ、聞きたい(´・Д・)」
が、
この日、私は日本に居ない・・・。

木村先生には、3年以上に渡りヨーガ療法を学ぶのにお世話になり、
インドのヒマラヤ、ガンジス河のスタートポイントや、リシケシなどへのヨガ修行も
ご一緒させていただいた。
ケン先生は、今ブログにUP中のチェンマイでお世話になっている。
先日のチェンマイでも、ケン先生に、2/22にもし東京にいたら、武道館のヨガイベントに、フリーで入れてあげるよと言っていただいたのに、東京に戻るのは23日で、22日はまだ香港というタイミングの悪さだった。

ここ最近は、今年進めて行きたい事を考えていて、
時々、一瞬、5秒くらい不安が頭によぎることもある。
でも、やらないとという覚悟に戻る。
段階進めない事には、最終目標に辿り着けない。
最終目標は、ヒマラヤの山々より高い気がしていたけれど、
進み始めたら案外と頂上への道が、スーッと開かれていく気もする。
まずは、山の麓を出発しないと。出発しないことには。
登山装備は、だいぶ身につけたはず。
バリバリ身体を動かして山を登れる、いわゆる健康寿命は、そんなに長くない。

さっき、そんな事を考えて、
亡くなった、おばぁちゃん、おじいちゃん、愛犬に
見守ってて。って言った。

これまた一瞬、何でこんな高い山を登ろうとしてんだ(´・_・`)と、5秒くらい思う。
でも、仕方ない。多分そう決めて産まれてきたんだ。
そして、私が動いていく事は、
何かの流れの為という宇宙の意図なんだと思うことで、
ゴチャついた頭が、スッとクリアになった。
私だけの問題じゃない。

そしてそして、あー、ヨーロッパ行きたい。もう一度スペイン行きたい。
って思う。
でも、もう少し時間はかかりそうだけど、行けるイメージが出たの。
誰かわかんないけど、一人じゃない気がする。
そのうち、誰かといくのね。これ、魔女的な予知だから、絶対そうなるやつ。
それまで、まずは、ちゃんとしなきゃ。


待ってろ子供達(; ・`д・´)
and
待ってろスペイン(; ・`д・´)



チェンマイ4日目続きです。

お寺のマッサージに移動!
着くと、昨日もいたおネェか、女性かわかんない人が
待っててね、電話するから。と、言った。

昨日も思ったが、この人はどっちかな?
本物の声の低い女性か?

そういや、おネェかを見分けるには肩を見ろと言ってた。
見たら、男性の肩だった。
しかし、色っぽい人だなぁ。

すぐに、昨日のおばちゃん登場。
多分、話がおネェに通じてたんだろね。私が来たら呼んでって。


おばちゃんは、
何かに気が散ってると、左だけやって右は同じ事しないとかがあったが
やはり、最高に上手。

あぁぁ。もうこれないのが残念。

日本人の年配の夫婦がお客さんできた。
凄いな、英語に対して日本語で普通に喋って、それで何とかなってる。ご年配強し。
さらに呼び出されて家からきたような、熟練風のおばちゃん
2名やってきた。

1時間、マッサージを受けて宿に戻る。

宿に、ベモを3時にお願いしている。

ベモっていうのは、相乗りのタクシーっていう感じ。
チェンマイはいっぱい走ってる。

ちな、バリのサヌールでベモの運転手と喧嘩した事がある。
やる時は、やるのだ。
ズルい事を平気でするのを、許すことは出来ん。日本人なめんな"(-""-)"
さらちな、大阪駅でチンピラ相手に許さなかった時は
親がびびってた。女なめんな"(-""-)"

ベモは基本的には、道でつかまえる感じだけど
宿の人に3時に予約してもらった。金額も明瞭。
ベモの運転手さんは、明るくめっちゃ良い人だった!( ´ ▽ ` )ノ
チェンマイの人は、本当、良い人多いなぁ!

お堀まわりを走って、ターペー門のそばの宿に移動。


明日からの集中トレーニングがターペー門近くで行われため、
朝から歩きで通える距離にした。

ベモの中から。

着いた!
いい感じなホステルなのだっ!
Fさんとバイクで通ってチェックした時から楽しみだった。

デザインが、好き。
スタッフもちょー気さく。
ここなら長期いてもストレスにならない感じ。

宿にはレストランとカフェと雑貨屋さんが併設。
レストランはお堀沿いの
テラスで西洋人で人気っぽい。

朝食はここでだって。楽しみー。

カフェにもなってるエリアは、宿泊者は自由にマッタリしてよし。
ハンモックがいっぱいぶらさがってて、可愛い。


コーヒー飲みたい。
ラテをレスシュガーで頼んだ。

メニューに、タイスタイル アイスカフェがあって、
何が違うの?と聞いたら
ラテと一緒だと言われる┐(´-`)┌
では、なぜメニューにわけて書いてるのか謎。

なんか、うまーー。なんでだ。何で、こんなに美味しいのだ。
謎。

ここのオーナーどんな人なんだろ。
先日から、Fさんにタイでのビジネスの話をきいてるもんで、
凄く気になってくる。

ドミトリーのベッド。


シャワーとトイレも充実。
昨日の宿の不満は、宿泊者に対して数が足りてなくて、
そして、トイレとシャワーが一緒だったので、床が濡れてて嫌だった。

あーー。いい感じな宿でよかった。気持ちを落ち着かせて、明日からは頑張れそう。

夕方のヨガに行って、どこか、GoogleMAPで目星つけた店に行って夕飯だ!

続きは次回!
コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

チェンマイ☆今朝はバッドトリップ&ウマっ!バナナの花のサラダ

チェンマイ4日目

今日はここをチェックアウトして、宿を変えます。


次の宿のチェックイン時刻まで、ここの宿のレンタルチャリでウロウロする予定。

まずは、午前のヨガクラスに向かう。
チャリで、さーーーっと。
チャリで裏道なんかを走ってると、
バリに、滞在していた時を思い出す。

1ヶ月くらいいるだけで、だいぶ現地の人の生活に馴染む気がしてくる。

そしてチャリが街を知るのに最適。
歩きだと、行動範囲が狭くなるし、
車だと細かいところ、見れないし。


スタジオに着いたら、一昨日の日本人男性の先生にバッタリ!!
先生が、
"今日はこれからナモの方でレッスンなんですよー。
夜は、こっちなんですけど。あ、もちろんお任せしますけどー"
と、良かったら来て的に言ってくれる。

あらら。ナモは次に移動する宿から歩いてすぐのスタジオだ。
夕方の回は、ナモに行く予定だった。

先生は、今から一緒にナモに行きましょう的な感じを出してくる。

先生と一緒に、そっちに移動しようか一瞬迷った。
この先生の事も知りたいし。

でも、こっちのクラスの内容に、
タイマッサージの理論を取り入れたとか何とか書いてあったので、
気になっているのだ。

先生に申し訳なかったけど、ここに留まることにした。

この時間の先生は、チャイニーズか、チャイナ系の人。

今日の身体は凄くいい感じ軽い。
身体の使い方など、勉強にもなったのだけど、
動きのペースと呼吸のペースが
私の心地よい感じではなかった。


先生から受けるエネルギーが、何だろう。暖かくないというか、
なんだ、言葉に出来ない。
ヨガは、いわゆるエネルギーワークでもあるので、
先生のエネルギーに、とても影響を受けてしまう。

シャバーサナは、全く気持ちよくなく、むしろペットロスが浮上で悲しくなる。
物凄く悲しくなる。バッドトリップ。
そして、蚊に刺され、痒くて痒くて、辛かった。
さっきの先生についていけばよかった(´・_・`)


ヨガスタジオを出る。
また明日くるね。と言った所を義理堅くまわらなければ。

まずは、昨日見つけた素敵なベジタリアン レストラン
I mmAimに来た!

昨日、食べ過ぎだからと我慢したメニューを選んだ。
プレートメニュー。

ところが、セットになっているポテトナンがきれて、2時間かかるから、
他のを選んでーと言われる。

悩んでいたら、
あなたは昨日は、生春巻き食べたでしょ、今日はこれ試してみたら
バナナブロッサムのサラダを勧められた。

このメニューの上から二つ目のヤツ。ヤムフアプリーだ。
バナナの花ね。

バナナブロッサム サラダ with ローストチリ and ココナッツ ミルクというやつ。

結果、すっごい美味しかった!!
これは、日本ではなかなか食べれないよねー。

あと、パッションフルーツとパパイヤのスムージー。
今日は、withココナッツミルクではなく、ヨーグルトにした。

今日のヨガをノートに書き出したり、日記をつけたりしてマッタリ。

今日は、まじでランチはこれだけにしよ。
絶対に、昨日みたいにフラッと屋台に寄り道しないぞ。
昨日のお寺にマッサージいこ。
明日また来るねって、おばちゃんに言ったから(´・_・`)
マッサージのおかげで、今日は身体が軽かったのかも。って、思う。

隣の席は、男子と女子2名が、ずーーっとヨガの話をしていた。

食事が終わって、レジで店の人と話をする。

どこに泊まってるの?どうやってここを知ったの?とか。

グーグルマップ見てて、こんなに良いとこ、見つかるもんだねー。

ホステル名を言うと、
あぁ、新しいホステルだね!って、知っていた。

またね!って言ってくれたけど、明日からは
ヨガの集中トレーニングが始まる。
朝から夕方までカンヅメなのだ。
今回はもう来れないけど、チェンマイにまた来たら、
絶対に来るね。

続きは次回!
コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

6年前に書いたメモが出てきた & インドとビートルズと鰻

リアルタイム日本

この世の中でも、特に大好きな食べ物
ウナギ!(=゚ω゚)ノ

白焼きに、ミョウガと大葉が、めっちゃくちゃ旨いのぉぉ。

鰻に酔いしれながら、
話は尽きない中、
ビートルズの話に。

ビートルズファンの方なら、私なんかよりお詳しいと思うが
ビートルズは、1960年代から、東洋的な思想に入っていく。
そして、インドにハマるのだ。

私も何度も行っているインドのヨガの聖地 「リシケシ」にある、
瞑想ヨガのアシュラムにビートルズのメンバーは篭っていた時期がある。

(これは私が初めてリシケシ行った時、リシケシのガンジス河)

その頃から、音楽にシタールなどのインドの楽器が使われたり、
歌詞も、変わってきている。

ヒッピーのムーブメントが起こっている時代でもある。
サイケデリック\精神拡大、シャーマニズム回帰、東洋思想。

ヒッピー達のバイブルに、チベット仏教の「死者の書という書物がある。
そこに描かれているのは、
ヒッピー達にとって、麻薬だけでは得られなかった世界。

その書物をジョンレノンは、ロックの歌にした。
それが、tomorrow never knows ミスチルのとは全くの別物)

マリファナなどのオーガニックな麻薬で得る感覚と、ヨガで体験するサマディ状態は、ある部分では似ていると思う。
合成麻薬は、また別かと思われる。

ヨーロッパの旅でも出会った、ハッパが好きな人に、
それと同じ世界を、ヨガで体験出来るよ。と、言いたかった。
これは、脳内で同じような物質が出ているというデータもあるとか。

確かに、ハッパで見る世界は
なんか、宇宙の全てをわかったようになるかもしれない。
あー、ぜーーんぶわかっちゃったぁ(・Д°)みたいな。
でも、現実に戻り、またわからなくなっていては、わかった意味がない。
インドの行者も、ボンといって大麻を吸う。神に近づく行為として。それは宇宙の大元に繋がる感覚を得るのに手っ取り早いのだろう。

ヒッピー達のムーブメントが終わったのは、
求めている世界を、麻薬に頼り過ぎた。のだと思う。
特に合成麻薬が出回っていたそうだ。

インド思想にある、この世の全ては幻想/マーヤであるという考え方を
ヒッピー達は、わかっている様で、本質的な意味を理解しなかったのかもしれない。
マーヤでもあり、全ての一部でもあることを。

自分達がただ幸せでいることは、大事だ。
でも、世界中を変えようっていう動きには至らなかったのだと思う。
この世の現実を生み出しているのは自分だと思う。


ダライ・ラマは言っている。
祈るだけでは、世界は変わらないと。

そして、時が少し流れて
ジョンレノンの、イマジン。

この歌詞を読む度に、グッっとなって、涙がジワる。

あれが、全てだ。

そして、あの歌とともに、ジョンレノンは影響力が強すぎた。
ジーザス クライストの処刑と同じだ。

ヒッピーのムーブメントでは、起こらなかった
もっと大きなムーブメントが起こることを恐れた人達がいる。

と、私は思っている。

で、そーいや、あの本に、ビートルズの話が載ってたね、と
帰って開いてみた。

マジで面白い本なの私的に。ボロボロですまぬが。
「こころを鍛えるインド」

インド哲学からヨガから、ビートルズ大麻などの麻薬のことまで
載っている。

そして、その本から
私のメモ用紙が出てきた。

えー、多分もう6年前に書いたやつー。

読んで驚いた。
今、まさに構想中で、特に力を入れたい事の計画を
箇条書きに、既に書いている・・・。
ここ最近、発想されたような気でいたのに・・。
根底に、あったんだな。この頃から。

そして、
去年の年末に友に教わった、マインドマップのような事を自分で書いていた。
ビックリ。

そこでたどり着いていたことは、
去年の旅で辿りついたような、考えだった。
わかってたんじゃん。自分(-"-)

年末に書いた様なこともあった。結局、本質は変わっていないのだね。

そして、何度も出てきているキーワードは
・私らしくいれば・・・
・自分らしくいれる場所、人

それが、その頃の悩みや不安を払拭させるキーワードなんだと、
自分で辿りついていたようだ。

それに気づいてから、
また、見失い、
そこからまた・・・。
随分と、6年も遠回りしたのだな。と、驚いた。

初めてインドに旅立ったのも、転機だった。
そして、去年の大転機、
そしてまた今年、これからの転機がやってくる。

本質は変わっていないけど、
6年前のメモの私は
自分らしくと言いながら、その自分らしく生きる自信をまだ持てないような
今の私とは、別人だ。

6年もかかったのか。自分らしく生きる事へ踏み出そうとするのに。
おっそ。

ビートルズから、思いもよらないメモの発見だった。

それと、あとは、
なんかその頃の遠距離恋愛だった彼への想いとか
書いてあったわね´д` ;)ハズっ
それで、6年前くらいのメモだとわかったんだけどね。

鰻よ、有難う。面白いメモに誘導してくれて。

明日はきっと、旅日記の続きです!
ナマステ!

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

チェンマイ☆大賑わいの屋台村で食い倒れ計画&謎の占い師

リアルタイム日本

謎の占い師?に久しぶりに会った。

おお。マライア。

マライアじゃないです。

前もよかったけど、目が今いいね。
ガッ!!とひらいてる。

え、化粧じゃなくて?

関係ない、エネルギーの問題。目力が凄い。
あと、鼻のここが前に前にってなってる。
勢い凄いよ。これ、暫くとどまらないね。2、3年先まで行ってるね。

マジっすか!!めっちゃ嬉しい!!
ちょうど今、してる事があって

あぁ、そういうポジティブな行動が目力に出てたんだ。さっき見かけた瞬間、いい顔してるって思ったんだ。

本当にー!?

もう、マライアだね。

マライア・・・

キャリーだね。

どういう事?

クルーズと呼んで。

トムっすか。

今でも前へ進むエネルギーは充分だけど、今度あなたにランコムのマスカラをプレゼントしよう。
ランコムのマスカラは、ぐーーっと前にまつ毛が伸びるから。
鼻のここと共に、まつ毛も前にぐーーっと行くと更にいいよ。

ランコムのマスカラ!!
普通に、ください!!(=゚ω゚)ノ


チェンマイ4日目の続きです。

ショッピングモールを出て、宿の近くにある
屋台村へ来ました。


食い倒れる予定(・Д・)ノ
食い倒れ計画は、スペインのマドリード以来だ。

マドリードでは、最初に、お得なセットメニューを選択したというミスにより
後半、言う程食べれず、
素敵な市場では、美味しそうなものを尻目に、何も食べる事が出来なかった。


タイの人達は、基本的に家で料理して食べないということで
屋台村は、お祭りかっていうくらいの大賑わいです。
チラホラ、観光客もいます。

ズラ〜〜っと屋台が並ぶ中、
最も賑わってるとこがあった!
1番人気っぽい店。

ここトライ!(=゚ω゚)ノ

どうやら、カオカーム屋さんだ。
豚足、豚肉と卵を煮込んだのを
ご飯にかけて食べるやーつ。

メニュー
画像が悪く申し訳ありません。
この左上のライス付きのスモールは30バーツ。

まずは、これにしとく。他に色々食べたいから。
マドリードでの教訓を活かす( ;´Д`)

すくなっ。スモールは本当に、少なかった。
そして、美味しい(゚o゚;;

うまーーいよぉ。マジで。
ラージサイズにしとけばよかった。
トロットロの肉に、少しスパイスやハーブの香る甘辛。

もっと食べたいが、他の島に移動。
今、腹3分(・Д・)ノ


次、ホイトッドにします!
また、リスクマネージメント力 ゼロ。

なんとなく、バンコクで食べてたホイトッドと違うけど、うまっ!

今、腹5分(・Д・)ノ

次は、料理名がわかんない。
野菜と卵と、シーフードor 魚or肉を選び、
炒めるorスープか選べるやつ。

シーフードでスープにする。
細い春雨が置いてあったので、これも入れれるの?
と、聞くと
これは最初から入るよと教えてくれた。


んまーーい!!
何これ、美味しい。
辛いやつを、少し入れながら食べたら最高!
うまっ。うまっ。
今、腹9分(・Д・)ノ


"しゅーりょー"
だな(・Д・)ノ

3品しか、いけなかったわ。
食い倒れっつうか、私の通常の食事程度じゃね?

しかし、これだけ3品食べて、130バーツ。やすっ。

はぁぁ。タイの人達はいいなぁ、毎日こんな屋台で美味しいご飯食べれて。

シャワーの後のデザートにパイナップルを買って帰る。
多分これで、腹10分の完全フルになるでしょう(・Д・)ノ

大好きなロティ食べたかったけど、もう無理だわ。
チェンマイ去るまで、どこかで食べよう。

残念ながら、明日の夜にはターペー門の方へ移動しているので
ここの屋台村は、これない。

あー。屋台村、満喫した(・Д・)ノ

シャワーを浴びて、マッタリ!!
アイ ハヴァ パイナッポー

では、また!コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村