Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

尾道日記。こだわりの隠れ家的コーヒー屋さん☆満月とクリスタルボウル

満月です。
8/8の3:11水瓶座で起こります。
しかも、部分月食が肉眼で見られるとのことで、
2時22分から欠け始め3時21分に最大らしく、起きてて外に出て見る事にしました。

そして、8/8はライオンズゲートが開くと言われる日。
これに、満月と月蝕が重なるという、スペシャルな宇宙のお祭りですなー。
古代マヤ文明古代エジプトでは、ライオンズゲートが開く日は1年の中でもとても大事な日だったらしく、銀河の星の配列が一直線になり、その中心に地球がくるんだとか。
昔の人達は今の人達より宇宙の動きと地球の関係性をとても大事にしていたのですね。
とにかく今日は色々重なっていて、めちゃ、パワフルな日になりそうです。

↓見た結果

誰かが、あんパンをかじったみたいな可愛い満月。iPadでは綺麗に撮れませんなぁ。
月蝕中にどれ位進んだ?と、3回も外に出た。だって気になるんだもん(´・_・`)
月蝕はじめ。iPadが月にピントが合って周りをボヤかすってのを勝手に動いてやってくれて、
ビビる。そんな機能、あったっけ?はじめての動き。

最大を過ぎた。


受け持ちのヨガクラスのシャバーサナでは、
いつも、クリスタルボウルを演奏します。
水晶で出来た楽器。
自分で演奏していて、音の響きがいつも以上に澄んでいて、響きも良い感じがして
音に入り込んでしまい、倍音の響きに溶け込んじゃったみたいな感覚になって、陶酔。
めちゃくちゃ癒された。
あ、レッスン中だった!(;´Д`Aと、フト我に戻る。
でも、そういう日は、生徒さんも、深〜くシータ波状態のようにお見受けする。

昨日、水晶を思い出してから、
なんか特別な水晶が欲しいなぁなんてネットで見ていたけど
ピンとくるものがなく、iPadを閉じた。
でもそうだった!
持ち物の中で1番の宝物のクリスタルシンキングボウル
私は既に持っているんだった!と演奏を始めて気がついた。
私の特別な水晶です。

では、尾道の日記の続きです。

Yちゃんとラーメン屋さんを出て、
同じ部屋のMECの彼が行ったであろう方じゃない方の、
コーヒー屋さんに行く。

しかし、お店がなかなか見つからない。
グーグルマップやマップス ミーを見ながらウロウロ。
地図ではココって示すのに、
え?これはなんか違うよね?という建物しかない。
周辺を何度もグルグル周る。
住んでるのかどうかも不明なふっるい家ばっかで
店がない。

相当、探しまわり、
「諦めてもう一軒のコーヒー屋に行こうか」と話をしていたところで
Yちゃんが、
「もしかして、これ??」って言って、凄い所を通って入って行く。

私は、"さすがにそれはないでしょ"と着いて行かなかったら

「あったっぽいよーー!!」
と、Yちゃんが向こうから叫ぶ。

マジでーー!?(´Д` )

入っちゃいけないような所を入って行く。

すると、本当にあった。

まじか。昼でもわからんよこれ。

中に入ると、さっきのEMCの彼がいた!
こっちに来てたんだ!
他のお客さんの女性2人と話をしている。

ここの店って、「どこから来るのが正確なのか?」とマスターに聞いたら、
さっきの道順で合っていたようだ。

店内はとても渋く
古民家をうまくリノベーションしている。

メニュー表が、革の手帳のような感じで、素敵だった。
でも、メニューなんて、あってないもの。

どんな感じが好きかを言えば、豆をチョイスしてくれる。
私はエスプレッソが好きなくらいで、
苦味があってストロングな感じが好き」
であることを伝える。

なんだか、とても自身ありげに
「わかりました、合う豆があります。」と、マスターは言って
丁寧に淹れ始めた。

ワクワク。コーヒー淹れてもらって香りがしてくるのを楽しみながら
待つのが好き。
コーヒー中毒にはたまらない、ひととき。

好み通りの、ストロングでありつつも、とても澄んだ、
美味しいコーヒーをいれてくれた。

ビーカーとか使ってて、豆だけでなく淹れ方にも拘りを感じる。
ま、コーヒー屋さんてどこもそうか。

店主さんは、まさに
コーヒー屋さんのマスターという風貌だけど
若い感じ。
やはり、ラーメン屋さんのように、
ここ最近、尾道にうつって
コーヒー屋さんをひらいたそうだ。
また、Yちゃんと
マスターに質問攻め。

「昔から、コーヒー関連の仕事をしていたんですか?」と聞くと
「はじめはそうではなかったんだけど・・」とコーヒーに拘る人になった経歴を話してくれた。

「海外に豆とか探しに行くんですか?」と聞くと、何度か行ってみたとのこと。

そして、尾道に来てみた時に、
この街で自分の好きな感じのコーヒー屋さんが出来たらいいなと思ったのだそうだ。

これも、さっきのラーメン屋さんと同じだ。

MECの彼が、さっき出会った人に飲みにおいでと言われたから
そこに行ってくると言って、出て行った。
さっきは「先に寝てるかも」って言ってたけど、
彼の方が帰りが遅くなりそうだね。

彼は、話をしていた女性に、
明日はチョコレート工場に連れてってもらう事になったそうだ。
チャーリーのチョコレート工場みたいなところがあるんだって。
そのチョコレート工場の人も、数日尾道に旅行に来て、そのまま居着いてしまったのだとか。
しかし、向島という島に渡らないといけない。フェリーで5分くらいの直ぐそこの島だけど。
しまなみ海道サイクリングのコースに向島が入ってるけど、工場はチャリではちょっとキツイ山の上のようです。

Yちゃんが後でこっそり、
「うちのママは料理人で味が肥え過ぎてるからか、
言うほど美味しいチョコレートではないと言っていた」と話していたけど
こればかりは好み。多分、カカオと砂糖のみで作ってるらしいので、口当たりの滑らかさの事かしら?と推測。
カカオ豆も幾つかの国をまわって、農園と契約し拘って作っているようだ。

(Webで見たら全然、チャーリーのチョコレート工場じゃなかったよ。
COOLな感じよ。
海が見えるカフェも併設とか。
ネット上ではママの言葉とは真逆の美味しいという評判も。
行ってないので店名は書きません。
山奥にあり売り切れも多いようなのでGoogleMAPで探してGoogleの口コミをご参考に。)


彼が出て行った後、
EMCの彼に尾道の良さを話し、明日の約束をしていた女性と話をする。
やはり彼女も最近、尾道に引っ越してきたらしい。

古民家を今、友達とシェアしていて
少しづつ自分達で改装しているんだそうだ。
尾道では何をやってるの?」と聞いたら、
「何かしていけたらなって思ってる。まずは家の改装を・・・」
と話をしてくれた。まだ何をするか決まっていないようだ。

彼女の話し方は、尾道を力強く語ってはいるのだけど、
今までの自分にない何かを尾道に求めているように感じた。
それが何なのか、彼女自身まだ漠然としているんじゃないだろうか。
彼女が、少し気にかかった。
何となく、いつかこの尾道
自分と向き合わされるような・・・以下省略
そんな未来が少し見えてしまった。

Yちゃんと、2人で宿に帰り、シャワーを浴びてベッドに入った。
明日は、1日尾道を歩き回るぞ!
夜は因島に例の映画の上映会に行ければいいな。


さて、今回、お邪魔したコーヒー屋さんは
Satie coffe さん。

もしGoogleMAPで見て行く場合は、
私のように迷うかもしれませんが、
それも是非、楽しんで頂きたい。
え!?ここ!?っていう
辿り着いた感が、何気に嬉しい!

線路沿いにといえば、線路沿いにあります。
が、線路より高い場所にあります。
線路の反対側から上のGoogleMAPに上がってた画像の建物が見えても、
どこから行けばいいか・・
ま、探して見てください(*´ω`*)

では、また!
チャオ!
ॐ नमः शिवाय( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
旅日記じゃない日記も増えたので、ポイント振り分けました(=´∀`)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村