読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

機内で考えた事。そして、チェンマイの宿にチェックイン

バンコク タイ チェンマイ ヨガ

ドンムアン空港から、チェンマイへ向かいます。
チェンマイでは
後半に、ヨガの集中トレーニングコースに参加するのですが
その前に、チェンマイヨガスタジオをいくつかまわる予定。
そして、
去年、チェンマイタイマッサージを勉強しに来た時に、
リバイバルレッスンで一緒だった
チャンマイ在住の日本人Fさんに、チェンマイを案内してもらうことになっている。


飛行機の中で考える。

まず、常識について。

海外にいる間は、特に
常識という概念は、ないものとなる。
同じく、
世間の常識は、私の常識ではないし、
世間の今の概念も、いかようにも変わるということ、
それを念頭に置いておかないと、創造は出来ない。
意外に常識の範囲外に、人の求めてるものがあるかもしれない。
そして、私が常識に合わせ生きるのは、そもそも性にも合わない。ということは、そろそろ認めたほうがいい。

人が心を動かさせれる時ってどういう時だろう?って考える。
ひとつわかるのは、間違いなくそこに、誰かの信念や信頼がある。

そして、ヨガについても考える。

日本でのヨガのイメージも、変わりつつあるけれど
まだまだ、
「意識高い系女子がお稽古事でやるもんでしょ?
ヨガやったら痩せる?
仙人みたいな格好するの?身体が柔らかくないと出来ないでしょ?」

っていうイメージを持っている人も多い。
「身体硬いから、ムリー」という事も聞く。
誤解が多い。

身体が柔らかいから何なの?痩せてるから何なの?
そこにこだわって突き詰めていくと、そこには
どうでもよ〜な、しょうもな〜なことにしか、つきあたらん。
自分自身には突き当たらない。
人それぞれの、ベストな状態は違うのだ。

世界には、
身体が硬くなってきて筋力の落ちてきたお年寄りのヨギー、ヨギー二もいれば超デブなカリスマティーチャーもいるし
病気中の方から健康な人まで、誰でも生活に取り入れる事が出来るものなのだ。
一人一人のヨガがある。
こうでなくちゃいけないという事は、そもそもヨガの考えにはないのだ。

最近は男性群から、ヨガを教えてくれと言われる事が多い。
女子がやるもんでしょ?っていうイメージだったところからは
少しずつ、変わってきているのも感じる。
マインドフルネスとかも、流行ってるしね。
忙しい日本の男性にこそ、やって欲しいのだ。ヨガを。
そうするとね、日本人男性達が変わるとね、
日本はもっと凄い国になる気がする。

おっさんオンリーの、おっさんクラスをしようかなーと、
おっさんに言ったら、
おっさんばっかりの中に、入りたくないと、おっさんは言った。
ラブリーだと思ったんだけどなー。おっさんクラス(´・_・`)
おっさんがさ、支えてくれてる日本だしさ。


それはさて置き、
自分がこれからどんな方向性をもってヨガを教えて行きたいのかを
頭の中で整理していた。


チェンマイ空港ついた!
出発が30分遅れ、到着も遅れました。
もう、23:00になる。

タクシー乗り場へ。

チェンマイ空港からのタクシーは、安心!(人´∀`)
タクシー乗り場で先払いなので、
後からボラれる心配なし。

1番出口を出て、目の前に小屋がある。
そこがタクシー乗り場だ。

私の宿の場所までは、160バーツということだった。

私の運転手さんは、日本語で"日本人!?"と、聞いてきた。
そうだと言うと、日本語で"疲れた"と言ってきた!!

そして、150バーツだして、あと10バーツを小銭だそうとしたら、
"150で、いいよいいよ"と、負けてくれた。

タクシーで負けてもらったのは初めて!!(*‘∀‘)


陽気なおじさんは
車の中で、私の知らない日本の歌を歌う。
"知らないその歌"というと
"オールドソング!"という。
たまに変な日本語を知っている運転手さんと、お話しながら夜のドライヴ。


バンコクより、チェンマイの人の方がより優しくて陽気な気がするんだよねー。
バンコクは、日本で言えば東京。都会だもんね。
南北が逆だけど、チェンマイは大阪っぽいの。

宿につくと、セキュリティーマンが、タクシーまですぐに荷物をとりにやってきた!

ドミの宿でこんなにホスピタリティー精神あったのは初めて。
大抵、荷物は自力で
ウンショウンショ´д` ;と運ぶのがドミ宿。

新しい清潔感ある宿。
チェンマイでは、後半は宿をチェンジします。
ここは、お堀の少し外にあります。

ボルタリングで2段ベッドを上がるとか、斬新。

中もきれー。

ベッドもカーテン付きで、綺麗なサラサラ真っ白シーツ。
レセプションの人達も、良い人だったー。

シャワー浴びたりしてたらもう、朝方になってしまった。
午前に受けたいヨガがあったが、明日はヨガを久々にサボろうかな(´・_・`)
午後からは、Fさんに遊んでもらうのだー。

バンコクで今回得たことに続き、チェンマイではどんな気づきがあるだろう。
チェンマイ生活が始まった。

ブログ村ランキング参加してます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村