読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

カンボジアからバンコクに移動★葛藤の日

タイでのヨガ三昧トレーニングを終え
何だか、いてもたってもいれない高揚感です。

今日のインスタ

Naṭarāja
Om Namah Shivaya

I got into high spirits with something.
I dance and stand firmly on my ground.Feel make advance.
With my LOVE.
#shiva #om #omnamashivaya #nataraja #love

ナタラージャという神様は
シヴァ神の化身。踊っているシヴァをナタラージャと呼びます。
大地を踊り狂って破壊し、新しいもの創造させます。
今までの概念を壊し、解放させるエネルギーなのです。

さて、
日記の続きです。
この日の日記は
めっちゃグチャグチャ書いてます(;´Д`A
かなり。葛藤期。
でも、旅の後半に結びついていく事なので、
そのまま残します。まどろっこしいところは、ザザッと流してぇな(・ω・)

カンボジアからバンコクへ。

今日、響いたセンテンス!( ´ ▽ ` )ノ
【ジョブスの言った、創造性とは「Connecting the dots.」...その時には確信ないけれど、たどった点。いま思えば、つながっている道。】(前刀さんの"僕はだれの真似もしない"より)
今やっている事も、いつかの線となって繋がっていくと信じたい!

朝おきて、ササッと支度をして
宿のレストランで時間まで朝食。
お腹は空いてないのだけど
最後に、気に入って毎日飲んだミックスフルーツシェイクと、フランスパンを食べたかった。


昨日、また寂しん坊が出てきた(´・_・`)
今朝も、やはり寂しかった。

日本で普通に日々暮らしていれば、安定して安心でいれるのに、何でわざわざ冒険気分の様な旅ばかりするんだろう。何でわざわざ、寂しくなる道を選択するんだろう?
自問自答(´・_・`)
そう思った後、飛行機の中で本を読んでいたら、さっきの一文が響いた。
この行動も感情も無駄にはならない、"線になる為の点なんだ"と、励まされた。

9時に宿を出発。
トゥクトゥクで空港へ向かう。

活気のある地元の人達の朝の街を、
気持ちの良い風を受けて走っていると
また、昨日の市場で感じた不思議な感覚に陥った。
違う次元に迷い込んだような(´・_・`)

国の歴史も文化も違う人達の生活が、
ここでは当たり前で、私の概念の方が当たり前じゃない。
そんな当たり前体操な事なんだけど、自分の存在を無い物にされるような感覚(´・_・`)

いつも、東南アジアやアジアに行くと、
地元の人達の、活気があるのに時間に追われていない姿が羨ましくなる。
日本の暮らしからしたら、不便利そうな生活なのに、それを羨ましいと思ってみてる。
あんなに不自由ない豊かな暮らしが日本で出来ているのに。
変なの(´・Д・)」

しかし、カンボジアは特に不思議な感覚だった。
多分、カンボジアの割と大変だった歴史の背景も加味されてるかもしれない。
"どんな過去があろうと、今を生きてる感をすごく感じた国だった"


空港について、うっかりWEBチェックインを忘れていた事に気づく(;´Д`A
昨日の夜は、最悪なマッサージにふてくされて、とっとと寝てしまったのだ(´・Д・)」
WEBチェックインしてれば、すぐにラウンジへ行けたが
仕方ない、長いレーンに並んでからVIPラウンジへ。

カンボジアのラウンジだ、ちょこっとした感じだろうなーと思いきや!

多分、私が今まで入った空港ラウンジの中で、
ナンバーワン ラウンジが出た!(゚o゚;;

スワンナプームシンガポールのラウンジが今までで
素敵だなって思っていたが、
なんか1番素敵!って思った!
もっと早く来てWEBチェックインして、もっとゆっくりしたかった!

趣きも素敵だし
食べ物、飲み物が、マジで美味しかった( ´ ▽ ` )ノ

頼むとサーブしてくれるporridge(いわゆるお粥)やnoodleを、
美味しそう〜と思って見ていたら
お粥を勧められ、お腹いっぱいだったが、少し味見程度貰う。
めちゃくちゃ、美味い。感動した!!
野菜スムージーも、何でこんなに美味しいのか、レシピを知りたいくらい美味しかった。

あんまり、利用者もいなくて
コーヒーも席まで持ってきてくれる。

スタッフさんの、ホスピタリティーや笑顔も素晴らしかった。
カンボジアの人って、笑顔がチャーミングで優しい人が多かったなぁ。
シェムリアップの人達としか、絡んでないけど。

ラウンジで、フッと寂しん坊のあまりパサンから来ていたメッセージに返事をした(´・_・`)
留学を終えて戻ってから、友人の家に居候していた部屋を出て、
自分の部屋を借りて引っ越したと入っていた。
タイの後に来てと言ってくれていたやつだ。
ちょっと寂しがりがバレる内容を書いてしまったのかもしれない。
すぐにリアルタイムでビデオ電話が掛かってきた。
ちょうど、目覚めたところだったと。

引っ越したばかりの部屋の様子を見せてくれた。
小さいけれど綺麗な部屋だと言っていた通りだった。

パサンと数分、何て事もない話をしただけで、寂しさもどこかへ消えた。

話をしてる間に、boarding timeになった。
私は寂しいという理由だけで行動はしないと旅立つ前に日記に書いた。
それは日本にいる時のモード。
旅に出てると、寂しいという理由だけで動いても、いいんじゃ?と、いつもの自分の感覚じゃなくなる。いや逆に旅に出てる方が本来の自分なんだろうけど。
いつか、究極に寂しくなったら、私はそういう感情だけで暴走をしてしまうんじゃないかと不安になった。
が、ま、ないか(´・_・`)
あってもいいけどね(´・_・`)
あった方がいいのかもね(´・_・`)でも、出来ないね(´・_・`)

寂しかろうが何だろうが、私には死ぬまでに遂げたい事がある。
寂しいとか、言ってられないんだ。
ちんたらしてたら、そこに辿りつけないんだ。それに向かうんだから。

帰りもエアアジアで。

飛行機に乗り込むと、私の席は2Cだった。
AとBの席の人は、エアアジアが揃えてくれたんじゃないかと思う様に
其々1人旅の女子だった。
A席の女性は日に焼けたショートカットで、短パンを履きバックパックを背負った少しワイルドでチャーミングな人。
B席の1人はラテン系で、やはり少しワイルドながらフェミニンな人。
この2人と並んだら、完全に寂しくなくなった。

昨日のドミは1人旅の人が居なかったから
なんか、孤独感かんじちゃったのかなー。みんな、友達やカップルでワイワイきていて。

ワイルドチャーミングは、椅子に足を裸足であげて外を見ていた。
ワイルドフェミニンは、読書を静かにしていた。
自分の形容詞はわからない。
今、自分がどう見えてるのかわかんないけど、
兎に角、何だか安心して自分の読書を始めた。

飛行機の中で少し本を読み、
今回の旅の最初に、自分で日記に書いた「テーマ」が私にはある事を思い出した。
"そうだったよ。しっかりせい!!"と自分に言う。
ちゃんと、それを理解してから帰るんだから(´・_・`)

飛行機はあっという間に、バンコクにつき、
降り立つとまた更に気分が入れ替わった。

空港でイミグレに向かう時は、いつもエキサイティングする。
イミグレに向かって歩きながら、もう一気に最終目標に向かいたくなった。
もう、日本を出て、そういう活動を始める事だって、可能っちゃ可能。
私にはもう日本に、守るべき存在もなくなったのだから。

でも、そうしていないのは
まだまだ経験したい事もある、会いたい人達、まだ出会ってない人達もいる。
まだ、一山越えないとって思ってる。それからだ。
まだ、そんな事が出来る自分にもなれてないし。

どうやら、去年のヨーロッパの旅以来の私の敵は、愛犬を失ってからの寂しさだ。
寂しがる自分に、慣れない。
守り抜きたい愛する存在が居ない自分に慣れない。
こんな弱いままでは、ダメなのだ(´・Д・)」
受け入れた自分の弱さを、何かに変換させていかないと。

そして今は大事な貴重な旅の時間。
向き合いつつも、それに振り回されないで、ちゃんと今回のテーマを考えていかないと。

どうしたらいいか、って悩んできたけれど、
多分、前回の旅で気付いたように
自分の本質から外れないのが1番大事な気がする。

自分の旅をしている時のように、
他者の常識に振り回されない自分をしっかり持って。
旅している自分が1番に感情豊かで自分らしいなら、
旅するように生きたらいいと思う。
旅してるような発想を常に持てばいいと思う。

ガチガチに決まった仕組みの中で、何かをしていく事に拒否感があって、
その中でやっていこうとしてるから、やりたいのにやりたくないと逃げている自分に気が付いた。
本質通り生きるしかない事を、観念した方がいい。


ドンムアン空港についた。
到着口出てすぐの、left baggage に預けておいた荷物を受け取り、
バス乗り場へ。

ドンムアン空港からは、バスでBTSのモーチット駅行き(MRTチャトゥチャックパーク駅とも隣接)に乗る。
空港から出ているA1かA2のバスに乗ればよろし。


私はそこから、MRTでスクンビット駅に行けば、前回のバンコクの時にも泊まった宿に行ける。同じ宿に予約を入れている。

バスに揺られて、バンコクは相性がいいなって感じる。
気分がいいー( ´ ▽ ` )ノ
日本の都会ほど窮屈さはないのに
ポジティブなエネルギーを感じる。

完全に気分が入れ替わった。

今夜は早速ヨガに行くつもりだったが、
HPを見たら
もう、クラスの予約がフルだった。
段取りが悪すぎて、出遅れた。
日本出る前から、どうも怠惰で体調も優れず段取りもはかどらなかった。

ようやく、バンコクについたら
やらなきゃいけない事を、サクサク出来る思考になってきたぞ。
モヤが晴れて頭が急にクリアになってきた!!( ´ ▽ ` )ノ
体調も良し!!

バスを降りて、メトロに乗るため地下に下るのに
階段しかない入り口にきてしまう。
重い荷物を、腕力最大に使ってゆっくり降りていたら
可愛い学生の女の子が、一旦通り過ぎたのに戻ってきて手伝ってくれた。
"ありがとう"っていったら、照れ臭そうにしていた。
なんて、素敵なのだ!!優しい!!!
微笑みの国、だな!!やっぱ!( ´ ▽ ` )ノ

もう、メトロまでくれば、余裕。


ジャパンエキスポだって。

チャトゥチャックパーク駅からスクンビット駅に向かう。

駅に着いた!わーい( ´ ▽ ` )ノ

お世話になったターミナル21。戻ってきたーー!

ついた!!ちょうど14:00チェックインタイム。


前回のヨーロッパの旅のスタート地点だ。
強い女になる!とばかり言っていた場所に、
寂しん坊になって戻って来た。

いい意味で弱くもなって強くもなって戻ってきた!

ここからまた、スタートだ!!

ここで区切ります!
この後、午後から出掛けます〜が、次回に続く!
コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村