読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

異端児の西野さんとバックパッカー亀山会長

番外でーす

キングコングの西野さんが、
19日のブログで、ヒット中の絵本作品「えんとつ町のプペル」を、
インターネット上、無料公開にした。

まず私はそれまで、この絵本の存在を知らなかった。
最初は、すでにヒット中のタイミングで無料公開って、
また凄い事するねっていう興味本位だけで、19日無料公開当日、早速読んでみた。

最初は、ふーーん。って読み始めたのだが、
途中から、うぉうぉ泣いた(T ^ T)
全く、泣くつもりも準備もなく読み始めてたもんで
まさか、泣かされるとは!!( *`ω´)って悔しがりながらも泣いた。

結果、西野さんのコメント含め読み終わり、
この人、スゲって思った。
作品も、もちろん素晴らしかったのだけど、
それよりさ、
これ、流れ的に、
この本や西野さんの今後の作品も、売れるよね。
西野さん自身の活動にも、注目集まるよね。

子供が絵本を買えないというのを聞いて発作的に無料にしましたっていう雰囲気で言ってたけど、
もし、もっと前段階から、何手も先を見越しての計算づくでの計画だったとしたら、
この人こわいな。やり手だなって思った。

私は、もしこの作品が
突然の解放宣言されてなかったら、読む機会はなかった。
たとえ、絵本の存在を知っても、興味すら持たなかったはず。
でも、このタイミングで無料公開されたおかげで
いい作品を読む事が出来た。

そして、
絵本は、私は改めて買うことはないと思うけど
西野さんがすでに出してる「魔法のコンパス」のビジネス書の方に、興味をもった。
この人のビジネス書、読んだら面白いんじゃないかって思ったもの。
無料公開を知って読んで、改めて絵本を買う人も出てくれば、
私みたいに他の本に興味が行く人もいる。

そこも、きっと、計算づくなんだろうな。

知り合いの、グイグイいってる社長さんで、
幾つか事業展開して行く中で、新しい事を始めて行くときに
他の事業のどれかを、利益が出ていたとしても、バサッと切り捨てるというのを聞いた事がある。
"それ、普通は出来ないですよね〜。せっかく利益でてるし、勿体無いって普通はなるんじゃないんですか?"って、聞いたら、
"いや、切る切る"と、言っていた。
実際、スゲ〜のよね。小さく収まらない勢い。

ちょっとケースは違うけど、西野さんにしても、その社長さんにしても
目線が何手も先。
でも、なんか感覚でやってる感。センスですね、もう。

はねるに出てた頃は、
カッコいいのに嫌な感じの人っていう印象だったけど、
これキッカケで、西野さんのブログを読ませてもらい、
とてもスマートな人なんだなぁって思った。


今回の事で、お金って何だろう、労働ってなんだろう、
社会へ何かを与えていくことって、これからの時代どう捉えていったらよいのだろうって
改めて考えさせられた。

お金はエネルギーだ。エネルギーの循環。
エネルギーの循環と置き換えれば、
社会の一部として、労働したりすることって、
お金の問題だけじゃ本来はないんだけど
結果的に、エネルギーが大きく循環されれば、おのずとお金は大きく動く。
ってことかな。

自分が食っていく為だけにするのが、労働じゃないんだよね。
世の中に多くのエネルギーを放出したら、結果的に対価のお金も動く。
んー。んー。
ちょっと、まだよくわかんない。

まだよくわかんないけど、いつの時代も何をしてても変わらないのは
保守的な考えだけでいるより
恐れず、自らに変化を起こしていく事も大事なんだな。と、思った。

日本人は和の国のお人柄だから、
異端児を嫌いがちだけど、
私は、好きだ。
異端児って、周囲の目より
自身のポリシーや成果を優先にしてる。
結果がでてなきゃ、ただの、やりたい放題になるけど
今回の事で言ったら、誰も損してない。誰もが得。
ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブとテイク&テイク。


無料にしちゃったら、他のクリエイターさんが困るっていう批判があるみたいだけど
それぞれの作品だから、それぞれの問題。だから、関係ないと思うけど。
この論争、ヒートアップしてますね。
私は・・それみてたら、やっぱり恐れがあるかないかのマインドや目線の違いだなって思いました。

世の中は変わっていく、えぇえぇ、諸行無常です。
変化を恐れて、今安全な現状にしがみついてても、全ては移り変わっていくのですからね。


DMMの会長の亀山さんとの対談も面白かった。
フジテレビオンデマンドの西野さんの対談企画
ハミダシターの#17の回で、2018年1月17日までは無料視聴できるようです。
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2316/

旅出発前か、タイあたりでも
亀山さんという方はバックパッカーもされてて、興味深い方なんだって事を書いたのだが
ここで改めて、亀山さんに触れたい。

亀山さんは、昔からバックパッカーされてて、
忙しい今でも、まとまった休みをとって
新しい発想を得る為にバックパッック背負って放浪の旅に出るという。

さっき、その記事って、どこで見たんだっけ?って検索かけて
もう一度、探ってみた。
その中に、激しく同意なインタビューがあった。

「一人旅のときは全然仕事のことを考えません。というか、仕事から離れるために行くようなもので。一人で旅していると、現地の言葉も使えないのでどこに居ても自分と会話するしかない。さびしいだけですよ。修行に近い。でも情報から遮断されると、考えが頭の中をグルグルとよく回るようになります。想像とか妄想も膨らむ。いま日常には情報が多すぎて、その処理に追われて思考しなくなってきています。『これはそもそもどうなのか?』なんて考えません。旅先ではその“そもそも”を考えられるし、むしろそのことばかり考える。ちょっと哲学してしまう。するとここから新しい発想が生まれるんです」
株式会社DMM.com 取締役会長 亀山さん


まさしく。今回の旅でも、そうだった。
自分と向き合って、考えて、まさに修行。
旅から戻れば、自分と向き合う時間も深く考える時間も減ってしまう。

私は、
まだ自分の事で精一杯で、社会に貢献も何も出来てないけど、
亀山さんのように、産み出して行く力を尊敬するし
実現したい事へ向かってちゃんと動かないとって気を引き締められる。

寒いよね〜、動き鈍るよね〜と、言い訳してる場合じゃない( ;´Д`)
旅でせっかく得た経験、費やした時間を
ちゃんと活かしていかなくちゃーー(´Д` )
私は、こういう方々みたいなぶっ飛んだセンスはないから、違う努力をするしかない。

あと、前から自分の行動や選択に立ち止まてしまったら
"オイまて、これは
恐れからくるものか否か?"で、篩いにかけます。

私が今、寒いと言い訳して動かないのも実は恐れからの怠けだと
自分でわかっています( ;´Д`)


西野さんのここ最近の活動も、読ませてもらった。
こういう常識で生きてない人、好きだー。
普通の人なら、こわい!って思うような行動で成果だしちゃうのだから。
きっと、放浪の旅好きは、西野さんのぶっ飛び方も好きよ。
ぶっ飛んだ人も、謙虚に誠実にコツコツ行く人も、もちろん好き。
ただ、クリエイティブな人は、やっぱり保守的になってしまった途端、
クリエイティブさの輝きを失うんだろうね。
西野さんのようなクリエイターの方は、ぶっ飛んでるからこそ
人の心を動かせる。

西野さん、カッコいいのに嫌な人って思っててすみませんでした。

そして、ブログからLINEで友達になってみた笑

あと、ご本人が、「えんとつ町のプペル」の読み聞かせしてる動画。1時間26分すぎくらいから。
あんまり上手じゃなくて、噛んだりして、一般のパパが家で読んでる感じで逆にいい。


西野亮廣独演会 2016

そして、今日は画像がないから、どうでもよ〜な今日食べた物の画像を一枚。

ヨーロッパでは、ギリシャヨーグルトがいつでもスーパーで手に入った。
最近、日本もギリシャヨーグルトがいっぱい出てて、嬉しい!

これは、ギリシャサントリーニの景色を思わせるパッケージだ!

サントリーニ、美しかったなぁぁ。
絶対、あそこには
今度は1人じゃなく、いつかは誰かと行くぞ!!

明日は、フレンツェの旅日記の続きをあげます!
Ciao ( ´ ▽ ` )ノ

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村