Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

私達の ラスト ディナー in マルタ

マルタ再上陸8日目

※この日、写真が一枚しか撮影されてません。しかも、どうでもよ〜なやつ。
しかも、後半、頭がおかしくなっております。

今日はマルタに丸一日いれる最終日。
明日はイタリアに向かいます。

土曜日なので、ヨガスタジオもほとんどお休み。
パサンも学校が>お休みのようだ。

お昼前にパサンは、
13:30くらいに戻るといってパソコンをもって
出掛けていった。

私は、明日またギリギリになって焦らないようにパッキングをしたり
イタリアでの段取りをチェックしたりの作業デー。

パサンは夕方くらいにルーフに戻ってきた。
ちょっとベッドで横になったら眠ってしまったようで、
時間を無駄にしてしまって悲しいと言う。
悲しい??全く理解できん。
寝ることで時間を無駄にして、勉強の時間を削ってしまうのが、とても嫌なんだそうだ。

私は、出来るだけ寝てたいけどね(´・_・`)
勉強や無駄な労力の為に睡眠時間を取られる方がストレスだわ。

しかし、この後、パサンが何でそんな風に考えるのかが、わかる。

"パッキングは終わったの?"と聞かれ、
ほとんど、終わったといったら、
じゃ、夕飯を作ろうと言って、ダルスープを作り始めた。

前回のマルタ最終日の夜も、ダルを作ってくれた。
"覚えてる?前回の最終日もダルだったの"
と、聞いたら
"うん"って言ってたけど、
偶然に最終日なのか、
あの時に、"また君の為にダルを作るよ"って言ったのを覚えてて作ってくれたのかも、
よくわからない。

私も、冷蔵庫に残った食材を全部使い切るため、
一品作った。

私はキッチンで、
"私達の最後のディナー"って、
何度も言っていた。覚悟に近い。
だって、そうだもん(´・_・`)
なんか、この一週間は退屈だ退屈だって言ってたけど
パサンとご飯を食べるのも、これで最後だなーって思うと
哀しくなった。

食事をしながら、
パサンは、僕達はkeep in touchだ。
また会おう。会える時がわかったらまた知らせて。と、言った。
そんな時、あるのかな。

食事が終わって、ダイニングで色々話をする。
何かの話の流れから、パサンが、"親に会いたい、恋しい"と言った。

私は、"何で昨日はついたの?"と言うと、
パサンは少し笑った。

昨夜、パサンがチベットのMVを見ていたので、
"あなたはチベットを愛してるね"
と、言ったら
"チベットは嫌いだ"
と言った。

私は"嘘だ。"と信じなかったら、
"嫌いだよ"と言うから、
"でも、チベットの両親は愛してるでしょ?"と聞いたら
"親も嫌いだ"と、言い出した。

"じゃ、神は愛してるでしょ?"と聞いたら、
"神も嫌いだ"と言うので
"じゃ、そのタトゥは何?"と言ったら、
"これはただの、シンボルだ。
昔は神を信じていたけど、今はちがう。神は助けてくれない。
自分がネパールやインドで大変な目にあった時も、助けてはくれなかった
"と言った。

"NOぉぉぉぉ。
You LOVE God〜.
You LOVE your 親〜
You LOVE チベッ〜ト"
と言ったら、
それまで何でツッパった事を言ってみたのか、よくわかんなかったけど、
表情がゆるみ、ハグをした。

そんな昨日とは違い、
今日はなぜだか、素直に色々話しはじめた。

何年も親に電話をしてなくて、周りの人や兄弟から
お前は良くないと言われているという。
"何を話したらいいのか、分からないからコールしないの?"と聞いたら
"母親が、電話で毎回、帰ってきてと泣くのを聞くのが辛い"と言った。
"親は知らないんだ、チベットに帰ったらどうなるかも、帰れない事も。"と言う。


"僕は昼に寝てしまって、まだ眠れないから
君は眠くなったら寝ていいよ
"と言った。
"眠りたくない"と言ったら
"何で?"と聞くので
"眠ったら明日になるから"と言ったら、
"そうだよ、人生はいつも変化していく。僕はチベットを出る時に・・・"と話が始まった。
話は、自分は一度も泣いた事がない。と言う事に繋がった。


親と離れる時も、大親友が亡くなった時も
悲しいのに泣けなかったんだと言った。


私は、愛犬を亡くして
1週間、24時間泣いて、仕事にも行けなかったと言ったら
"信じられない。僕だったら仕事しない時間がもったいない"と言った。


なんて、クールな人なんだ。って思ったけど、
これも後でクールなわけではないのが、わかった。
泣き方を知らないのだ。


そして、子供の頃の衝撃的な話を聞き、
なぜあんなに時間を惜しんで勉強するのか理由がわかった。
大きな時間を取り戻そうとしてる。
泣き方を知らないのも、その時のせいなのがわかった。


なんかもう、色々
私のような今や平和な国に産まれた日本人とは、ベースが違う。
とっても難しい。
産まれた環境をスタート地点とするなら、
そこがまず違う。


自分の力で、ここまで勉強に励めるまでに人生を造ってきたのは、
素晴らしいよ。
もう、もっと器用に生きたらいいのにだなんて
思えなくなったよ。
よく腐らずに明るく強く生きてきたね。
明るさの内に見え隠れする影は、そういうところからなんだね。


なぜ、まだ子供だったのに、
愛する親と離れて、危険をおかしてチベットを出るなどという決断が出来たのか不思議だった。
何でこんなに必死に生きてる感じがするのか不思議だった。
でも、ベースが違うから、私に理解するなんて100%は無理だ。


私の思考回路なんて、所詮は平和な現代の日本で産まれたお嬢さん由来だよ。
死ぬか生きるかっていう環境なんて、知らないもの。
器用に賢く生きた方がいいだなんて、恵まれた環境にいるから余裕こいて言えてるんだ。


よく、インドやらなんやらで、"日本人はリッチだろー"って言われると
それは、日本人が努力してきたからだ!って、カっチーン!と来てたけど、
そうだよ。その通りよ、今の日本人はやっぱ、産まれた時点で豊かだよ。リッチだよ。
お前らは、リッチな国に住んでていいよなーって言ってるようで、
まるで努力もしてないのにって言ってるようで、嫌だったんだけど、
そうだよ。産まれた時点で、恵まれた環境にいるよ、努力なく。


もう、文化の違いとかっていう問題どころじゃない。


パサンは自分を信頼しようと必死だ。
世界を信頼しようと必死だ。

私は必死に生きた事なんて、今までないかもしれない。


パサンが、
"親に会う為には、自分がチベットには行けないから
どこかに呼んで会いたいが、来年それが実現しても、それが最後になると思う"
と言った。
もう高齢だからって。


私にはそんな事、考えられない。
自分を無条件に愛してくれる親にもう会えなくなるかもしれないことを、
そんなに冷静に話せない。
そこまで必死に生き進まなきゃいけないって何なの?
ここが、私のボケたところだ。理解できないんだから。
だけど、気持ちは理解出来なくても、
そういう人達が同じ世界にいる事は理解しないといけない。


そういえば、私がディズニーシーでショーに出ていた時があるって話をしたら
ディズニーが通じなくて、私の発音がおかしいのかと思い
宿のスタッフに、ディズニーを説明してもらったが、
そもそもパサンはディズニーを知らなかった。
その時は、パサンってあんまり世間を知らないんだなー。なんて呑気に思っていたけど、
ディズニーのような夢の国の世界を知っている事が、当然になってる私が、ボケだった。
誰でも知ってるでしょって思ってた。


ディズニーランドで、私達が夢の世界にいる頃、
そんな世界と真逆の現実を生きてる人達が、この世界にいるというのにっ。バカっ。


豊かな事は素晴らしい事だ。
考え方だって、豊かな方が、スマートになれる気がする。
そういう余裕が生まれるから。
あーー。うまく言葉に出来ない。
とにかく、平和な国、豊かな国は、心も豊かなはずなんだ。
そういう国なはずなんだ。本来の日本は。
それをきっと、私達は理解しとかないといけない。


ヨガでは今この瞬間を生きろと言うけれど、
私達日本人は、自分の未来ばかり心配した上の今を、生きてる気がする。
今を生きているようで実は、未来の不安の上に生きてる人が多い気がする。
そうなったら、世界の問題なんて、他人事だよね。
もっと、世界に目を向ける余裕があるはずの、恵まれた環境に生きているのに。


世界は平和に向かっているの?
こんな低い意識のまま、色んな技術だけが進んで行ったところで、
世界中の子供達がディズニーランドで遊べる日はくるの?
私達が生きてるうちは無理でも、ほんの一瞬の意識を変えていくことの積み重ねで
何百年後には、大きな変化になっているはず。
このままでは、いつまでたっても・・・。


新しい時代なんて、脳みそにチップを埋め込むのもいいけど、
そういうんじゃなくて、
恵まれた環境にいる私達だからこそ出来る意識革命が起こり
本当の新しい時代がやってくるんじゃないのかな。


私は、時って
過去も、現在も、未来も、
同時に起こっているんじゃないかと思ったりする。
現在の一瞬の選択が、同時に未来と過去を作っているような。
宇宙なんて、今の人工知能の何億倍も凄いから
一瞬の選択によって産み出される共通の過去の矛盾は、
全部一瞬で辻褄合わせられてるんじゃないかな。


あーー。ちょっと、パサンの話が重すぎて、頭おかしくなってきた。(´・_・`)
何で私は、こういう話をパサンから聞いたんだろう?
何をそこから見出せというの?ねぇ神様?
わけわかんなくなった。
考えるのヤメ!(´・Д・)」


そして、写真を一枚しか撮影してない!
しかも、
買ったお菓子の記録のみだ。

お気に入りのココナッツバーね。

明日は、午後にとうとうイタリアへフライトだ。

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村