Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

見る物の姿は、見る人の心で変わる&ハグの生きてる温もりinマルタ

マルタ再上陸2日目

昨日は、早くに寝た。
何だか、久しぶりにゆっくり眠った気がする。

ベランダの外を見たら、安心した美しい朝。

なんで、何でこんなに太陽や空気が美しく感じるのだろうか。
起きて安心していたからかな。
見る物の姿は、見る人の心で変わる。

ベッドに戻ってもぞもぞして、まだ眠りたいなぁと思う。
イヤホンで音楽を聴きながら、半分眠りに落ちたくらいで
映像が浮かんだ。夢を見てるかどうかの半々なような感覚。

1人の男が、むせび泣いて、
両手に何かを乗せて膝をついている。
手からは、どんどんその何かが川に流れ出てしまっている。
でも、彼は手の中に残った僅かなものを大事に両手で包み、また立ち上がった。

という、ビジョン。
なんだこれ。これ、私の潜在意識?

そして、まぁいいやと思ってそのまま目を瞑っていたら
眠ってしまった。
そしたら
こわい、夢を見た。
リアルに恐れているような夢。


起きて、音楽の進み具合を見たら
まだ10分くらいしかたっていない。

めちゃくちゃこわかった
すごく不安になって、
慌ててそのまま顔も洗わず髪もボサボサのまま
部屋を出て、ダイニングに行ってパサンを探したら、
パサンは学校が休みで勉強していた。

パサンのとこに行ったら、
パサンは普通に私を見て"モーニング"と言った。
何もこわいような事は起こっていない。平和な朝だった。
至って普通にオハヨウってパサンが言った現実に安心した。
怖かった。と思って、ハグしてもらった。

よかった。
10分くらいパサンが勉強して座っている椅子の後ろの隙間にハマって寝て、後ろからハグして、
生きてる人の温もりが、ここにあるのを感じるうちに、だんだん落ち着いてきた。
寝ボケてて、ここまで無言。オハヨウってちゃんと言ったかも覚えてない。
あぁ、夢だった。よかったと安堵し納得し、
立ち上がって部屋に戻ろうとしたら、
パサンがランチはどうする?って後ろから声を掛けてきた。

あぁ、すみません(´・_・`)
無言で急に来て、無言で10分居て、無言で去るとか、意味不明すぎよね。

"じゃ私がなんか作るから野菜買ってくるね。
でもその前に、私はコーヒーが必要みたい
"といって、
眠気覚ましにコーヒーを作る。
"あなたもいる?"と聞いて、2人分作る。

コーヒーを飲んで身支度をして
スーパーに行く。



持っていた米を炊いて、チャーハンにしよう!


食事が終わって、パサンがまた
フルーツヨーグルトを作ったので、それも食べる。
そして、ただボケーっとする。

なんにもしない、なにも考えない。
ただ、安心する場所にいる。それだけ。

そうそう、そういう場所だった。ここは。

魂の友から
メッセージがきた。

"その時の空気感を意識化すると、何かわかってくるかもよ。
今ココに感じるものを表現して、全ての瞬間を楽しんでね
"っていうような事を
送ってくれた。

なるほどぉぉという、
毎度
私に必要な事を言ってくれる。ありがとういつも

まだ、ここまでで昼ご飯が終わったとこだけど、
この日の続きはまた明日〜
( ´ ▽ ` )ノ see you


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いします(=´∀`)人(´∀`=)ハート
1日1回クリック有効でポイント入るようです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村