読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

世界遺産の集まるベレンと、屋台でサングリア!

※なんというタイミングか。個人的に。

キューバがここ最近、凄く気になっていて、
行かねばリストに急に入ってきていた。

チェ ゲバラがカッコよすぎて、最近彼に関するものをよく見ていたε-(´∀`; )

そんな矢先に、カストロが亡くなった。えーー。
しかも、トランプが大統領になったばかりという、何とも不思議なタイミング。

アメリカとの国交正常化で、変わっていくだろうキューバ
が、カストロが居なくなったら
それも、
急速になるのかな(´・_・`)
今のうちに、今のキューバらしさを見ておかねばかな!?

しかし一回、日本帰っちゃうと、遠いなぁぁぁ(´Д` )

さて、ベレンの続きです。世界遺産巡りです。
昨日書いた通り、日記を誤って消してしまったので、
写真を手掛かりに思い出して書きます。

ベレンに15番の路面電車で到着すると
すぐに、ジェロニモス修道院があります。

修道院ていうからさー。
こんな立派なやつって、思ってもなかったよー。

1500年くらいに造られてます。お金かかってまー。これ。


中に入るには、無料で入れる場所と有料の場所があります。
有料の場合は、ベレンの塔とセットで千円。
スペインのバルセロナのアレコレに比べたら
めっちゃリーズナブル。

でも、私はこの頃、超節約モードだったので
入場料のかかるものは、もの凄い興味あるものにしか入らないと決めていた。

世界遺産だし入るか迷ったが、
入場料買うのに、すっごい行列が出来ていたので、
無料で見れるとこだけ行く。
今思うと、入っときゃよかった(´・_・`)

が、無料で入れる教会部分も、ご立派。




発見のモニュメントへ向かいます。
河口の方向へ行くとすぐです。
公園を抜けます。

飲み物の屋台が、オサレー。


長閑な公園。

お、見えた。
あれ?なんか・・・嫌な予感・・・(´・_・`)
まぁいいや。

道路を挟んでるので、階段を降りて地下道を抜けます。

がーーーん。やっぱり!( ;´Д`)
修復中やし!!

足場の隙間から、探検家らの顔が見えますが´д` ;
これも、世界遺産です。

工事中を囲う仕切りが、アート。

日本だったら、ヘルメットかぶったキャラが
ご迷惑をおかけしてますって、謝っちゃうけどね(´・_・`)

では、ベレンの塔へ向かいます。

もう、小さく見えてます。
河口沿いを歩いていく。



向こう岸に、ブラジルのコルコバードのキリスト像と全く同じのが、ある。
小さく見えてる。

時間があったら、そこまで行こうと思っていたが、
まぁ、遠くに見えたからいいか。

ポルトガルが、ブラジルのキリスト像を見て、
アレいいね。っつって、真似して建てたらしいよ。

いいね。軽く真似しちゃう感じ(・Д・)ノ

発見のモニュメントからベレンの塔に、初めて行く人は
95パーセント、まっすぐいって、途中で引き戻ります(=゚ω゚)ノ
あとの5パーセントは、前の人が引き戻したのを見て
勘よく、先を行かない人。
前に人が居なかったら100パーセントでしょう。

文章では説明出来ません。
行った事ある人あるあるで、
この件は、体験者だけ共感して下さい。

ついた!!

なんか、渋いです。
これも世界遺産

ふと、愛犬を久しぶりに感じる。
え、どした?愛犬。と思ったら
なるほど、愛犬が好きそうな、海岸。

でも、あんまり水が綺麗じゃないよ。
ちょっとだけね。と、水際を歩く。

さ、結構歩いたよー。
あとは、マッタリコーヒーでも飲みたい。

ちょうどベレンの塔の近くにカフェがあった。


やーーん。生クリームのコーヒーにしよーー( ´ ▽ ` )ノ

わーーい。めっちゃ美味しかったー( ´ ▽ ` )ノ

河口際で、寝転ぶ自由な人やら、
愛を語らうカップル。
(私には愛を語らっているよう見える。実際は多分、しょーもない話をしてる)

いいねー。マッタリだねー。

さて、そろそろ戻ろう。

さっき電車を降りた場所に行く。
電車はあるが、誰もいない。

タバコを吸ってる休憩中の運転手に聞くと、
道の真ん中に駅があるみたい。

行ってみたら、人がいっぱい待っていた。
ちょうど、駅の道挟んで向かいに、
有名っぽいエッグタルト屋さんがあった。
みんな、ここの紙袋を持っている。

どんだけ美味しいの?と、ちょっと気になったけど、
エッグタルトにそんなに興味ないので、スルー。

電車きた!

乗り込む。

やっぱりちょっと、エッグタルト気になる。

向かいに可愛い女の子2人と、私の隣にパパ。
この女の子も、さっきのエッグタルト屋さんの紙袋持っている。
いやいや、やっぱ
すっごいエッグタルト気になってるし、自分。
もう電車乗っちゃったから遅いし!


そのうち、二人とも、コックリコックリ眠り始めた。
パパがその姿を愛おしそうに写真をとって
誰かにワッツアップで、画像を送ってる。
待ってるママに送ってるのかなー。

そのうち、コックリコックリが激しくなり、
1人の子が頭を窓に、ガッコーーんとぶつける∑(゚Д゚)
パパが抱き寄せた。

その席に、オバちゃまがやってきた。
もう1人の女の子の首がグニャ〜〜ってなってるのを
オバちゃまが何度も直すが、またすぐグニャるので
オバちゃまが女の子を自分の身体に引き寄せた。

オバちゃまは、途中で降りてっちゃったけど、
なんか、ホッコリした。

一旦、宿に戻ってヨガに行く前に
残ってる食材でパスタを作って食べる。

ヨガに行く。
※ヨガの記憶がない。写真がないものは、もう記憶の手掛かりなし。

レッスンには特に心が動いてなくて、
先生の顔もどんなことしたかも何も覚えてないのだけど、
気持ち良いなーって思っていた。
それは、この部屋がとても心地よいんだなー。って思っていたのだけ覚えてる。

ヨガが終わり、昼に見かけた屋台村みたいなとこに行く。
サングリア飲むんだー(=゚ω゚)ノ

途中、もう閉まってるから真っ暗なんだけど
素敵なドレスが飾ってあるショーウィンドウに釘付け。

こういう背中のデザインが素敵なドレスが大好き。

屋台村ついた!!




サングリアを赤のポートワインのにする。

テーブルが一つ空いていた。立ち飲み。

1人の女性が、テーブルを使ってもいい?と来て、
テーブルをシェア。

でも、すぐに帰りたくなってきた。明日早起きしたいんだった。
サングリアとおつまみ的なやつを
両手で持って、飲みながら宿に向かう。

人気がない所もあって、若干夜道が怖いと感じるも
なんかあったら、このサングリアとつまみを、ぶっかけてやればいいわ。

リスボンは私が支配している( ̄Д ̄)ノ
くらいの気分で、
人を寄せ付けないオーラを出し、
気を張りながらも、フラフラ歩いて宿に戻った。
良い子は真似しちゃダメ!

明日は、やっとこシントラとユーラシア大陸最西端のロカ岬に行きます!
早起きするよ!!


ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村