Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

マルタの海で夢を語る&DOヨガ

ヨガに行ける時間に起きる。
昨日は、凄い体験をした。
それから、自分が今までの自分とは変わってしまった感じ。

頭の中が一瞬で宇宙くらいに広がっていって、
で、こだわりが全部、宇宙に放たれて消えちゃったみたいな。
あれを、解放っていうの?

目覚めてすぐ、スペイン、ポルトガルの後のルートをどうしようかと考える。
あと、旅も1ヶ月くらいになってしまった。
この旅が終わってほしくない。あと1ヶ月なんて、少ない。
なんで、3ヶ月なんていう、中途半端に短い時間にしてしまったんだろう。
そうだった。
なぜなら、お金がないから。あと年末は仕事しないと。

と、あんまり休むと
戻る場所がなくなるかもという恐れもあった。
今はもう、そんな恐れはない。
戻る場所がなくなっていたら、私はまたどこででもやっていける。

昔から、憧れの職業は?と聞かれたら返答は旅人だった。
宝くじが当たったら?と聞かれたら
旅人をすることと、孤児院を建てることだった。
遊びで聞かれて、パッと出る答えが
きっと、私の持ってる本質なんだと思う。
qqそれ以外は、頭で考えてる世界。
真剣に考えたら、現実的になっちゃって
こうは答えないだろうから。

朝出掛ける準備でガサゴソしていたら、昨夜、夜中にドミに到着したっぽい新入りさんが
起きてしまった。

新人さんがトイレから戻り、スイミングに行くの?と聞かれる。

ううん、ヨガしに行くの。
というと、
まぁぁなんて、ラブリー、ナンタラカンタラと
イタリア混じりの英語でウットリした顔をしながらベッドに戻って行った。

調べておいたバスで向かう。
絶対に彷徨うので、早めに出た。
あまり乗客を乗せていないバスは、バスストップをビュンビュン止まらずにいくので
グーグルマップの位置情報が追いつかない。

結果、通り過ぎてしまい、歩いて引き戻る。
それでも、1時間前くらいに着いてしまった。
バスでたった7分くらいの場所に1時間以上前に出たから、幾ら何でも早すぎた。

まだ鍵が開いていない。近くにカフェもない住宅地なので
入り口で待つ。
15分くらい前になって、やっと開いた。

今日の内容は自分でやった方が、充実するんじゃないかなっていう感じで、
特に新しい発見もなかったけど、
バンコクノルウェーを出てから、せいぜいベッドでチョロチョロしか出来ず
しかもドミだと、出来ることは限られていたので
伸び伸び体を動かせてよかった。




久しぶりだから、身体が変わってしまったかなと思ったが、
毎日の歩きと、荷物を持っての移動で
強さは変わっていなかった。
今朝から気づいていたのだが、
むしろ毎日のウォーキングで、
脚の筋肉がプリっプリなのだ。
今までの脚が、冷凍のブラジル産の鶏肉なら
今は、国産ブランド鶏のフレッシュなやつ。
刺身でどうぞ。ぐらいの。

きっと、昨日
魂が抱えてた大きな恐れを手放して、身も心も、生まれ変わってしまったのかもしれない。


ヨガが終わり、宿に一旦ランチを食べに戻って
どこに行くか決める。

リゾット。だけど、卵もいれて、おぢや風。

宿のスタッフさんたちの、賄いタイム。
作ってる時、キッチンで一緒だったけど、美味しそうなパスタだった!

もし、パサンが上にいたら、いつも作って貰って悪いので
お昼をパサンのも作ろうと思っていたが、いなかった。

ランチしながら、マップを見て、
午後は、
昨日バレッタから向こう岸に見えていた、
スリーシティーズにバスで行く事にした。

昨日行ったバレッタまで一度行って、そこからバスを乗り換える。

昨日、大きな気づきが起こったとはいえ、すぐに全てが切り替わるわけではない。
未来を考えた時には、まだ少しの恐れと不安も持ち合わせている。
でも、孵化したような気持ちだ。
いや、孵化じゃないな。
産まれたというより、
毛が入れ替わった感じかな。

一昨日から風邪を引いたのも、
何かの浄化で、変化に伴った結果だと感じた。
そして、
大体、喉が痛い時は、何か言いたい事を我慢している時だ。

私は何を言いたいのだろう??

セングレアという所にバスがつく。
美しい街並みなんだけど、なーんにもない。



ここらの地図も持ち合わせていないので、行き当たりバッタリ。
岬の先まで歩いて行ってみる。
昨日は、向こうからこっちを見ていた。反対だ。
バレッタ街が展望できた。


小さい長閑かな公園もある。


よくわからないが、とりあえず、また逆方向にあるいていく。



この辺りも、騎士団の砦があったエリア。
いまでは、本当に長閑かだ。



というか、何もない。
今まで、人混みの観光地に若干疲れてきていたので、
この、何もない感じが、凄く心を穏やかにする。

敵が攻めるのには困難だったであろう、複雑な岬と岬の間の湾では、
高級クルーザーの展示会をしていた。
平和だ。

もう少し、色々歩きたかったのだけれど、トイレに行きたくて
ソワソワしてきた。

岬と岬を渡す橋を渡ってみる。
ここはもはや、どういう場所かもわからないけど、
さっきのエリアより、明るい感じになった。

カフェもある。
目の前にバス停もある。
とてもクリーンな、パブリック トイレもあった。
助かったー。
そろそろ戻ろう。

バスもちょうどすぐに来た。

バレッタにつく。
せっかくだから、バレッタをもう一度ブラついて甘い物でも食べようかなと思って、
3歩、歩いた。が、すぐやっぱり気が変わった。
もう、無駄なもの食べないで、無駄なお金使わないで帰ろ。
なんか、本当に
マルタに来てから欲がなくなった。心が満たされてる。

あ、昨日みた4時の大砲!もっかい観れるかな⁉︎今なんじ?とiPadみたら
16:08だった。
終わってるわ。やっぱ帰ろ。

バスで帰る。

部屋に着いて、シャワーを浴びて、
今後の旅のルートをどうするかを調べる。
とりあえず、スペイン、その後のポルトガルまでは決定しているが、
スペイン内の行程も、ポルトガルの行程も一部しかまだ、決まっていない。

お腹がすいて、上にいったら、
パサンがいた。
今日はどうだった?これ聞いて!って、チベットのトラディショナルな曲を聴かせてくれた。
最近の映像だった。けど、伝統の歌みたい。

夕飯食べたの?って聞いたらまだっていうので
じゃ、今日は私が作るからっていうと
ほんとに!?とビックリされる。
料理出来ないと思ってたのかな。
パサンが昼に作りすぎたのがあるから、それとこれとシェアしようってなった。

パサンに、ニンニクのあれだけやってー!と裏技の皮むきのやつを頼む。
その後、すっごく上手にミジン切りにしてくれていた。

下拵えをしていたら、ユーは料理が上手そうだねって言ってくれる。
パスタの具を炒めていたら、トマトソースあるよといって
ドバドバいれてくれた。
オイルベースにしようと思っていたパスタが
トマトベースに変更になりました。まぁいいでしょう。

出来上がり!!

ジャパニーズパスタ、凄く美味しい、
ジャパニーズパスタ好きだ。
ジャパニーズパスタだけじゃなくて、君の事も好きだといってくれた。
えっと、これ別にこれ、日本食じゃないからね。

あと、パサンの作ったライスボウル
メキシコのタコライスみたいだねって言ったけど
タコライスを知らないみたい。

私のパスタは今日はシーフードで
たこが入っていたんだけど、
たこを指して、これ何?マッシュルーム?と聞いてきた。
マッシュルームもいれたけど、これはオクトパスだよって答えると、
オクトパスがわかんないみたい。

グーグルでイメージを出して
タコの画像を見せたが、
タコそのものを知らないようだった。
彼はオクトパスを残していた。食べないんだ笑

食べてる間、パサンは何度もさっきのチベットの曲をきいたり
アメリカのトランプやオバマの話をYouTubeで見ていた。
故郷を思う気持ちと、世界を見たい気持ち、どっちも持っているんだね。

食べ終わって、ルーフにいるのも退屈になってきたから、
部屋に戻って自分の作業したいなーと思っていたら
今夜、パーティに誘われたから君も行く?って聞かれた。
私は明日はゴゾに早くに行くから、行けないと答える。

パーティ行きたくない。
ダラダラとした夜遊びは、よっぽど気の合う人ととしか行きたくない。
もうシャワーも浴びたので、これからお出かけ準備したくない。
私はパーティーピーポーじゃないのだ。

パーティは23時からだから、少し時間あるからビーチに散歩に行こっかってなる。

歩いてる間も3回くらい、パーティ行かないの?と聞かれる。
もーーぉ!!一緒に行きたいの!?

明日は6時に起きるから、行けないよと具体的に言ったら
6時?!それは、ちゃんと寝ないとだね、君はスマートだ。と、納得してくれた。

ところで、何のパーティなの?って聞いたら、
知らない、同じ部屋のカップルに誘われた。らしい。
そんな、何の飲み会かもわからないものに、ますます行きたくない。

街もビーチも、サタデーナイトは、凄い人だ!
パーティピーポーだらけ。

パサンに夢は何個ある?って聞いてみた。
一個一個、言ってくれて全部で4つだった。
どれも、既に聞いてるやつだった。

で、君は?と聞かれて
大事なのは一個しか言えなかった。

えーと、英語でなんていうか、わかんないけど、
パパも、ママもいない子供の家を建てる。ちゃんと教育を受けさせて
自立出来るようにする。
って言ったら理解してくれた。
英語で何ていうかきいたけど、また忘れちゃった。
後で、復習。

他にも、色々夢が語りたいのに、それしか出なかった。
なんか、他に何を望んいるか混乱していた。

なんで素直に出て来ないのだ。他にもあるのに。
それぞれの夢が相反しているようで、
今まではどっちも手にするなんて、ムシがいいって思ってた。
でも、そうだダヴィンチが教えてくれた
二極の融合も、ありなんだったね。
それに、不可能はない。手にしたいもの、全部手にしたっていいんだよね。
自分にそれを許しさえすれば。

パサンに、
あなたには、その夢が手に出来るよって言ったら
君もだよと言ってくれた。

パサンは、家族とチベットに出て来たのかと思ったら
親はチベットにいて、自分だけまだ少年の頃に出て来たようだ。
なんなのだ、この逞しさは。
びっくりしてたら、だから僕は料理が出来るんだよ、
もし家にボケッといたら、親が料理を出してくれるけど、自分でやるしかないからね。って。tfr
えらいなー。それで、自分で勉強も一生懸命して。

生きてるねー。
まさに、生き抜いてるわ。

そうだ、もう1個夢ある。
パサンの夢の4つのうちの一つと同じ。
これは私の場合、夢っていうより既に人生の一部かな。
旅をこれからも一生続けて、世界を一つでも多く知りたい。

次はどこ行きたい?と聞かれ、
一番に出たのは、ダラムサラだった。
今回、ー変更になっちゃったとこだし
一回目のインド滞在時、リシケシまで到着した後、風邪をひいたので断念した。
なかなか、辿りつけない場所だなぁ。

12月に行くといいよ、ダラムサラブッダガヤで、ダライ・ラマのお話があるからって。

うーー。むりだ。
この旅終わっって一番に貧乏な時じゃん。仕事にいったん戻らなきゃ。
さすがに、またすぐに休ませて下さいとは言いにくい。
し、日本は多忙期だよ。忙しい時はちゃんと職場にいなきゃ。
それもあって、11月後半には戻るのだ。

他に行きたいとこはいっぱいある。
でも、その時その時で、呼ばる場所が変わるね。

旅をしていて、イスラムの国の男には気をつけてって言われる。
彼らはハンサムで、
自分はイスラムじゃないよ、って言って誘ってくるけどハートがないから。って。
それを信じて、後になって騙されたって泣いた女の人はいっぱいいるから
騙されないでって。

OKって答えた。

大丈夫、私は 男性をけなげに信じて後で泣くというタイプじゃないから。
むしろ、最終的に飛び込んでいけず、 今に至りますから。
バリで、霊能者に言われたことがある。
あなたは、男の人からアプローチがあっても
いいなぁと思っても、
色々考えすぎて答えることが出来ないままになる。と、言われる。
その通り。
考えすぎず、ダメになってもいいから飛び込まないとって言われる。

ダメになるのこわいじゃん!じゃ、飛び込まない方がリスクないじゃん。
って、確かに思う。
他の事では度胸あるのに
恋愛にだけは、余計なリスクマネージメントをするようになってしまった。
海外で牡蠣は食べれるくせに。

そんな臆病もんが、嘘くさいセリフを信じて騙され泣くわけない。ので、大丈夫。
し、騙すような男に本気で惚れるわけがない。
そんな、男に泣かされるようなタイプに見えるの?悪女目指してんのに?

パーティーの時間になるんじゃない?と言って
そろそろ
ゆっくりゆっくり帰ろうといって、歩く。

寿司の日本食屋さんがあるよって教えてくれる。
私が思うに、美味しくないと思う。というと
日本食は美味しくて人気だよ。という。
そういう意味じゃなかったんだけどね。英語たらずね。
海外で食べる日本食っていう意味だった。

イタリアン、ジャパニーズ、チャイニーズ、フレンチは人気だけど
チベタン料理は人気ない、と笑った。

私は好きだよー、モモとかトゥクパとかーと言った。
フォローじゃなくて、本当にそれだけのために
北インドの山奥に行きたいくらいだ。

日記がここで終わっているので、
この日はここまで日記をつけてベッドで寝落ちしたのだと
思われる。

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村