読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

ヨレヨレで辿り着いたオアシス。マルタ

今日はギリシャを出て、マルタに向かいます。

ギリシャを出るのに、まだ何かやり残している感も持ちながら。
しかし、もう気持ちは次に行っている。
マルタはもっと、気持ちにガツンとくる事が起こる予感に高揚する!

そもそもは、今回のヨーロッパ行きは
マルタが発端だった。

バリにいる時にマルタの風景の画像を見た。
何ここ!凄い惹かれる。知ってる感じ!
探してた感じ!

そこから急に気になってきた。そもそもマルタという国があるのも
今年の5月まで、よくわかってなかった。
聞いたことはあるような??

この秋はインドに行って、今やっているのとは違うヨガのライセンスをとりに行き、
バリに戻り、チェンマイでタイマッサージの復習もしにいくなど、
今後の為に基本的に仕事に関する勉強をする予定だった。

でも、愛犬の調子が悪く、側にいるつもりでインド行きも取りやめたところに、
愛犬が旅立ち、看病もすることもなくなってしまい、
予定が真っさらになった。

そして、このブログを始めた時に残した通りの心境になった。

ヨーロッパ行きが決まったが、
当初はマルタに留学して数ヶ月滞在するつもりで、こんなにあちこちまわるつもりはなかった。
が、どんどん行き先が増え、
マルタはたったの8日間に削られてしまった(´Д` )
最低、2週間はいたかったけど、急遽ポルトガル行きが浮上し、
バンコクに戻る事も決め、どんどん日数が減った。
数ヶ月がたった8日間。

やっぱもう少しのんびりにしたかったなとも思う。行く前から。

朝食つき!パンは見た目美味しそうだったのに、パサパサで殆ど残した。

凄く重い荷物をもって、メトロで空港に向かう。
島には最低限の荷物で行っていたので、めちゃくちゃ重く感じる。
なんかこれって、私の心の中のいらないものがギッシリ詰まってるような気分になる。

駅ですっごい感じの悪い若い女性に出会い、私の心も感じ悪くなる。
ギリシャの女性は、ほぼ感じ悪い。ごめん。が、正直な感想です。
別に普通なんだろうけど、みんな機嫌悪そうで、こわい。

ギリシャの男性はわりと優しい。
誰だったか、ジャックだったかが
ギリシャの女性は、いつも怒った顔して
ポテトとパンばっかり食べて、ブクブク太ってると言って
太ったアングリーな顔をした人の真似をしていた。

昨日は、ピレウス港からの列車で
私の席に居合わせたギリシャのおじさんに、
私の荷物が邪魔でごめんなさい、退けますねといったら
イッツ オケ!オケ!つって、許してくれた。
隣の中国人カップルは、ギリシャのおばちゃんに、
オッカナイ顔で退けろ!みたいな事を言われていた。
可哀想だった。

ごめんなさいね、ギリシャの女性。
日本人にこんな報告して。
でも、性格悪いかどうかはわかんないけど、
決して優しくはないんだもん。

メトロの乗り換えで、
朝の通勤時間にあたったのか、人が多くて乗り切れず一台見送る。

バンコクの時も書いたけど
東京のラッシュに慣れてしまっていると、
いやいや、ぜんぜんまだ乗れるじゃん!奥の人詰めてよ!
って思うし、
この、向かい合わせの椅子の配置が通勤時に無駄じゃん。
山の手線の車両、見習ってよ!と思うけど、
やっぱ日本の効率の良さが異常なのだと思わないとね。

次の列車が来たが、なぜかそのドアは開かなくて
隣のドアに向かうが、入り口付近のおばちゃんに
もう無理だから入るな的な事を言われ、次も乗れず。

もー!!空港に早く行きたいのに!!
こんなの東京のラッシュに比べたら空いてるほうだかんね!
乗せてよ!
と、イライラしてくる。

ギリシャ最後に、またイライラとか嫌ーー!

関西産まれの血筋でせっかちが出る。
車に乗ってても、トロい車がいるとイライラしてきて抜きたくなる。
最速で目的地に到着したい。

せっかち直さないとな。
そして、郷に従わないとね。

次の列車はすっごい空いていて、
しかも乗った車両に大きな荷物を置くスペースがすぐにあって
結果的に、この列車でよかった。
あー、さっき一瞬機嫌悪くなったわ。

結果、良くなるのだからいいやいいやって、普段は思えるのに、
このイライラ、機嫌の悪さは、
今日出会った数人のギリシャの女性につられてる気がしてきた。

国民性、県民性って、こういう風に出来ていくのね。
周りに同調していくのね。
機嫌悪い、感じ悪い人に、つられないようにしないとだ。

やっぱり、女性は笑顔でないとね。
わかった!日本人男性がお仕事も頑張れるのは、
すっごい日本を築いてこれたのは、
日本人女性の笑顔があるからだね!

ギリシャ女性が、もっと笑顔になったら
ギリシャ男子ももう少し、ヤレる男になるかもよ。

空港になんとか到着!
ちょっとしか時間がないけど、
各国のラウンジが、どんなのか知るのが毎回の楽しみなので
プライオリティーパスで、ラウンジに行く。

私が入ったラウンジはターミナルBにあるうちに1つ。

そんなに広くないし、食事の量もそこまで多くないけど
全部、美味しくてビックリ。

ほとんど時間なくて、すぐ出る。


無事に、フライト!いざマルタへ!

ギリシャ、さようなら、

イライラしたり、まったりしたり
気持ちを揺さぶられた。

特に何があるってこともなかったし、
もう嫌い!って思うことも多々あったのに
最後は、なんかやっぱり好き。っていう存在になった。

ギリシャって、ストとか多くて、
相手に要求ばっかりなイメージ。自分達で生活も国も変えていこうとはしてないというか。
効率考えたり、何かをより良くしていこうっていう風に
人々が意識変えていかないと、いつまでもユーロのお荷物って言われちゃう国のままなのかもね。
当人達が、このままでいいのだったら、いいのだろうけどね。


良かった点は、
島々が美しいところ!オリーブオイルやフェタチーズ、ギュロスが美味しかったところ!
・・しか思い浮かばん。
なのに、なんか好きって、
やっぱ、掴み所がわからない、奥の深い国なのかも。
アテネと島々にしか、行ってないしね。
最初のイメージ通り、結局掴みきれない国だったよ。

さて、飛行機は2時間で
マルタのルア空港に到着!

珍しく、空港着いたあとに入れるラウンジがマルタにはあったので
コーヒー飲ましてもらお。
バタバタきたからね。
休憩。

だんだん、移動に慣れてしまったのか
マルタに着いたというのに、新しいとこにきた新鮮味がない。
むしろホッとする感じ。
なんか、普通に日本のどこかっていう感覚。
全ての標識も英語が必ずあって、安心する。
ギリシャのバスとか英語なくてわかんない。乗れない。
これ、日本の地方もこれから変えていかないとね。

とはいえ、宿までのバスの移動には不安あり。
バスを乗り継いでいかないとならないから。

バスを待っていたら乗り合いタクシーが
5ユーロでいってくれるというので、宿の前まで行くか聞いたら
OKという。
5ユーロね、って念を押したら
10ユーロ、なぜならユー1人だからって。

じゃ、いいわ。
急にかえんな。

マルタに来たら、女性も穏やかな顔になってきた。
男性の顔立ちも、愛くるしい感じ。

バスの乗り換え、親切にバスの運転手さんに教わって上手くいったものの、
宿の最寄りのバス停を2つも乗り過ごす!

いや、ボケっとしてたんじゃないのよ。
車内のサインと、実際が一個ずれてたの。
え、え、?と思ってるうちに2つも過ぎちゃった。


もう既に、重すぎる荷物をギリシャから持ち歩いてて
手にマメが出来てて痛い。

なのに、バス停2つも戻って歩くのか!

もう、この荷物が忌々しくなる。
この重い荷物は、私の頭と心の中のいらない物だ!
全部、この海に捨ててしまいたい!!
ほんとに、重荷とはこういう事だ。

そう、救われたのは
海沿いを歩いていたこと。海に少し心が和む。

意地でもバスにもタクシーも乗らない。
めっちゃ手が痛いけど、坂も登らないとだし、
気が遠のくけど、絶対自力で辿り着いてやる。
休み休み、ヨレヨレで歩く。
ほんとにヨレヨレっていう表現がピッタリ。

バス停からせっかく1分という近さもポイントで決めた宿なのに。
荷物なければ、気持ち良さそうな道を、
一歩一歩凄い時間をかけて歩く。

ファイナリー!やっとついた。

着いたら、とても感じのいいスタッフに救われる。
そして、めっちゃスタイリッシュで綺麗な広い宿だった!

マルタでいくつか場所を変えようと思っていたけど
もうここを拠点にしようかな。と、一瞬で気にいる。
ここに来るまでギリシャでまたイライラして、
重荷にウンザリし、
そして辿り着いたオアシスのようだ。ここ。

ゴゾ島に何泊かしようと思ったけど
ゴゾの宿が高くて、悩んでいたので
ゴゾ、日帰りでここから行ってもいいかな。
もう、荷物に振り回されて移動も疲れちゃった。


明日、宿企画のコミノ島ツアーがあるという。
凄くお勧めだから、是非にって。
コミノは1人で行こうと思っていたので、どうするか迷って、
しばらく考えた末に、それに参加することにした。

女子専用のドミ。
カーテン付き!コンセントとライトも1人ずつついてるー。
快適。出来立ての建物のいい匂いするし
マメに掃除隊が掃除してて常に綺麗。
最高じゃん。

外は賑やかなバス通り。


近くのスーパーを聞いて、買い物にいく。


キッチンがあるからね!
さっきは、拷問のようだった道のりも
気持ちいい散歩になった!

マルタ、なんでかな、
もう既に慣れ親しんだように、しっくりする。
きっと、日本みたいに、ちゃんとしてる国なのかも。
マルタ、やっぱ長くしたらよかったなーと
来てみても、改めて思う。
波長が合う感じ。

今日はムール貝の瓶詰めが安かったので、タコの缶詰も買って
野菜盛り盛りにしたパスタ。


広いバー、ダイニング、ルーフトップも、どこかの素敵なお店に来たみたい。
ルーフトップでゆっくり過ごす。
ワンコもいる!可愛い!

夕飯を食べたあとも、iPadに向かっていたら
日本人女性Yちゃんが話しかけてきた。
こっちでパーティがあるからって
姉妹ホステルから同室の男子たちと来たって。
そっちのドミは男女混合らしい。

パーティ?今、人がいっぱいいるけど、これパーティなの??
2人で話をしていたら、語学学校に来てるチベット男子が話しかけてきた。
そういや、さっき挨拶したな。ずっとパソコンにむかってたから
ここのスタッフかと思ってた。
フレンドリーな感じ。
ちょこっと話をして、23時からルーフトップでパーティあるから、
よかったらジョイナスと言う。

あと、10分じゃん。
これで巻き込まれたら、完全に抜け出せなくなる。疲れてるから早く寝たいよ。
退散のタイミングは今だ!
Yちゃんに、私は明日早いから寝るねと行って、部屋に戻る。
明日はコミノ島。
シャワーあびて
準備してもう寝なきゃ!
水着ださなきゃ!

おやすみ!

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村