Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

紀元前からこんにちは。ディロス島。とミコノス島。

昨夜は久しぶりの個室で泊まれたので
遅くまで電気をつけて起きてました。
今後の段取りを調べてたら、夜更かしになりました。

今日はディロス島に行きます。
太陽神アポロンと月の女神アルティミスの誕生の古代信仰時代の聖地。

なんと、島民が虐殺されて以来、紀元前から無人島です。
紀元前2000年ころにはすでに人がいたらしいけど
今残っている遺跡の栄えていた時代は紀元前1世紀。
アジアから攻め込まれ、島民一万人は虐殺され廃墟となった、
島自体が世界遺産の島。
まだ、1873年に調査団が入ったばかり。
それまで、ずっと人知れず遺跡だけが時を刻んでたって、
なんか、凄くない!?

ミコノス島からしか行けないっぽい。
もちろん宿もないので日帰りです。
実は、ここに来たくて、行きたい島々の中からミコノス島を選びました。


宿の人に昨日のうちに、フェリー乗り場と時間を聞いておく。
9:00、11:00と続くが9:00がベストって。
帰りの時間を必ずチェックしてねてって。
そうだよね。最終フェリー逃して無人島に取り残されたら(゚o゚;;こわっ。

夜更かしになったので、寝る時点で9:00のはパスするつもりで目覚ましをセット。
11:00目指して、朝食にヨーグルトとコーヒーで出発。
宿からはミコノスシティの迷路のような小道を抜けて5分くらい。

10:30くらいにはついていたけど、
次は11:30だって。

チケットオフィスの感じのいいおじさまが
帰りは13:30のに乗ってねって。
なぜなら、その次は18:30までないからって。
それは、絶対のらなきゃ。

出発まで1時間もあるので、少し周りを歩く。

海辺にお店がいっぱい。人もいっぱい。

素敵な絵ハガキの中に、妙なハガキも混在しているのは
ミコノスがゲイの島でもあるから。

昨日も、ゲイらしきカップルが
幸せそうにフローズンヨーグルト食べてた。

綺麗な海ーー!!飲んだら美味しそうなくらい、透明!

バラボルディアニ教会。

そして、めっちゃ素敵な小道発見!
何ここ!ベストロケーションじゃないっ?
先まで行って降りてみる。

やばっ!
めっちゃ綺麗。
宿の近くの風車見えるじゃん!何このロケーション!



ここ、見つける人少ないだろなー。ウヒヒ。
わかりづらいとこにあるのだ。

チケットオフィスのおじさまに
何時になったらフェリーに乗ってもいいのですか?と聞くと、
もういいですよ、
1番奥の、1番大きい船だよって、迷わないように教えてくれた。
このおじさま、すっごい感じいい。
私も笑顔満面になる。

船の写真をとっていたら、船乗りさんが
写真を撮ってあげるって声をかけてくれる。
いやー、照れますなー。写真撮ってもらうのって。

外を見ながら行きたいから、デッキに座る。
めっちゃ暑い´д` ;
やば。また焼ける。

アテネアクロポリスに帽子を忘れて行ってから、
今、顔も手もヤバイのだ。
農作業続けてる人みたいになってる。

出発。ミコノスの街、ちょっとまサヨナラ。

船が出航したら風が吹いて、とっても気持ちいい!

見えてきた、見えてきた。
ディロス島。
やっぱ、なんか不思議な佇まい。

アテネと同じくチケット買うのに凄い時間がかかる。
チケットを1人が買うのに、なぜこんなに時間が食うのかが不思議だ。
多分、カード使う人がいるのと、質問する人がいるから。
そういうの踏まえて、どう効率よくするかをね、考えるとかね、
そういうところね、ギリシャ人。問題は。

やっとチケットゲット。

子猫!こんな無人島になぜ!?
船できちゃったの!?

13:30までにフェリーにもどるとなると
1時間半もない。
周りきれるのかな?
ちょっと、駆け足気味で見て回る。





凄いよねー。
めっちゃ綺麗に残ってる。
何千年も。って、凄い。




マッタリ猫を撮っていたら、

エクスキュースミー。ちょっと通りまーす。と入ってきた。

かあいい。

像関係は、室内に保管されてる。
さっきの獅子も実はレプリカで
中に本物があった。
本物は中の方って知らずに見てた。

急いでまわるが、そろそろ時間がないのに
見所残ってるよー。

あの先のイーシス神殿や、古代劇場、出来れば山の上まで行きたい!
が、あと、30分´д` ;

まだ人が向かってるみたいだなー。
行けるとこまで行ってみよう!

ここまでは来れた。

ぎゃー。もうあと15分しかないよ!
まだこの辺にいる、のんびり屋さんのペースに安心してたら
乗り遅れる´д` ;
残念!古代劇場と山には行けず。

何なのこの、時間設定。
周りきれる設定にしてよー。
やっぱ9時にでればよかった。

なんとか、船に間に合ったー。
あとは、のんびりミコノス島に帰ります。


アテネで初日に、ギリシャがなぜ、古代からの素晴らしい文化をもっていながら
現代では、パッとしてないのかは、
きっと別に、何か新しくしていこうとか、効率よくしていこうとか、そういうのないんだ。
と、日記にかいたが、
この遺跡が、1873年まで、誰にも気付かれずにいたとか、
(しかも発見したのは他国の外人)
アテネの遺跡にしても、あんなデカイものが、中心地にリノベーションもされず残ってるとか、結果的に放ったらかしだったんじゃないかと思う(´・_・`)
大事に残してましたっていう感じでもなくて、
デカイからどうにも出来ず、置いといた。みたいな。

ギリシャ人が長くに渡って、改革的な人種だったら
遺跡としてもう、こんな風に、まんまは残されてなかったかもしれない。

勝手な考察です。
が、ギリシャ人の働きぶりを見てると、結構いい線いってると思います。
仕事に責任もってないもんね。だから長期ストとかして
観光客まで困らせるのだ。
今の日本じゃ考えられない。
日本人は、いや自分達の主張の為に
お客様にご迷惑はお掛け出来ない。ってみんな思うよね。


急に話戻します。
その上、急に天体の話だけど、
昨日、ちょうど宇宙の動きは
新月を迎えたようで、しかもただの新月ではなかったらしい。

もう、古いままではいれない、新しい概念になっていくという流れに
突入しているらしい。
なのに、私はそんな時に
ここ最近、古い遺跡ばかりみている。

なぜ?って思いながら遺跡を見ていた。
多分、
古い叡智にヒントを得ながらも、新しい改革をしていくのですよ。
そんな風に、この土地からメッセージをもらった気がした。

ミコノスに戻った!

お腹がすいたなー。
昨日の15時ころにギュロス食べてから、夜と朝にヨーグルト食べただけで
もう、限界だ。

何食べよう?
サラダが食べたい。

なんか、ここお手頃そう!と入ると
グリークサラダが5ユーロ!
ギュロスが2.8ユーロ!
他の店の半分か半額以下。
昨日の店は、ミコノスシティのど真ん中にあって、
値上げしても、客が来るんだね。
美味しかったけどね。

ここなら、お一人様でも、入りやすい。

グリークサラダは、オリーブが入ってなくて残念だったけど
フェタチーズは、ガツンと大きいの入ってて、オリーブ油タップリ美味しい!!
ギュロスも、美味しい!大満足。




本当はもっと、色んなギリシャ料理食べたい。
ギリシャ出る前に一回くらいは、ちゃんとしたレストラン行きたいなって思う。

デザートにフローズンヨーグルト食べたい!

街の真ん中のフローズンヨーグルト屋さんにいくが、
前の人達が、モタモタしてて、待つのが面倒になったうえに、
5ユーロと高いので、急に気が変わって出る。
どんだけ、せっかちなん。
ようは、待ってまでは食べたくなくなったということ。

あ、昨日、ゲイカップルが外で食べてたハズレにある店、
フローズンヨーグルト屋さんだったよね。と思い出した。
スーパーマーケットいく途中だから、行ってみよ。

ここはスモールで3.5ユーロだった。
Wi-Fiもサクサクでフリーでした。

夕飯に行ってみようかなと気になってる
アジアちっくなヌードルやさんを下見に。

食べてる人をみたけど、
美味しいかどうか、ちょっと微妙かも。
美味しそうに見えない。
それに、ちょっとお財布が本気でやばいな。
料理出来る宿に最近泊まれてなくて、外食ばっかり。

スーパーで、とうとう
今回の旅で初の、カップヌードルを買ってしまう。

ヨーロッパの味に飽きているというのも、ある。

が、これが意外に美味しかった!
おにぎりも、食べたいよーー( ;´Д`)

スーパーであと、水を買う。

昨日、水道の水でコーヒーいれたら、
なんかすっごい不味くて、びっくりしたのだが、
シャワー浴びて、なぜだか判明。
水が塩水!

飲食には水道水使えません。

さ、もう宿に戻ろう。まだ早い夕方だけど。

その前に、お気に入りの
風車とリトルヴェニスを見に行こう!

やっぱりここが好き!


猫たちに、餌をあげてるおばさんが、
猫と犬に餌をあげるボランティアをしているから、ドネイションをお願いしますといってきた。

ミラノで、麻薬反対の寄付に、腹が立ったり、
基本的に街での募金は、実情が瞬時にわからないからしないのだけど、
目の前で、実際に猫達がご飯食べてるし
この動物たちのご飯になるんだったらと思って
寄付をした。
自分にとっては珍しい行為だった。
おばさんの行動が良いか悪いかはよくわからない。
日本だったら野良猫にエサやるな。でしょ?
でも、ここの島の猫は、共存してるみたいだったし、
何か問題はあるのかもだけど、
ただ単に、動物たちに何かしてやりたかった。

ギリシャもまた、道や電車で
お金下さいっていう人が多い。
若い人もいっぱいいる。
目が死んでるの。
何とか、状況を変えようとしなさいよ。
もう無理ってことは、絶対にないんだから。
と、イラっとする。
異国の問題にいらっとしてもしょうがないんだけど。
特に若い体力のある人が、そうだと。

中には、犬連れてる人も多くて、
犬まで目が活き活きしてないの!うつろなの。
やめてよもう、犬まで巻き込むなよ!
本当に物申したくなる!

が、文化の違いがあるから。。と、自分を戒める。

インドに居た時に、インドのボーイフレンドと口論になった。

インドの、お金下さいの文化。
親が子供を使って、やらせる。
抱いてる赤ちゃんを裏で叩いて泣かせておいて、同情をひく。
あと、書くのも嫌だわ、わざと怪我させる。とか。

ヒットしたインド映画のミリオネアにも出てきたけど、
大きな組織が、子供の目や手足をわざと、失わせて
それで、お金を路上で貰わせる。
とかも、本当にある。

そこまでなると、もう
そういう人達が自分で生きていく道を探すのは難しいにしても、
私は絶対に、子供にお金をやりたくなかった。
それが、インドのカーストの残りだとしても。

今、この子がお金を得たら、
こういう方法しか道がなくなる。この方法しか学ばない。
この方法が閉ざされた方がいい。
なかなか仕事につくのが難しい状況はわかってるけど、
どこかで変えないといけない。
変えられない事に加担したくない。

そう、変わる変わらないは、私が口出すことではないけど、
加担をしたくないから、お金はやらない。

それについて、口論した。
何で寄付してあげないの?自分のママは
道にいる貧しい人にお金をあげるよ。
お金がある人がない人にお金をあげるものじゃないの?という。

もう、ここからは
生きてきた国の違いだから、口論してもしょうがないんだけど
お互い熱くなってるから、お互い涙目で口論していた。

《※なんか、この日は以下を日記にさらにダラダラ書いてるので、
残しておくけど、つまんない話なので飛ばしてください。

でも、今思うと、
ギリシャに来るにあたり少し見た
古代ギリシャの哲学者の
ソクラテスの産婆法(議論をして無知であることを知り、また新しい知を追求していくっていう感じ?)だったり、
プラトンイデア論(お互いの善とか愛とかの認識は、人それぞれに違う。が、皆が愛や善という言葉は共通に使っている。みんな、それをそれと知っているのは、イデアという真実は実在する?みたいな)
と、関連して考えてみることも出来るなと思った。

お互いに、善について、ぶつけ合ったんだものね。

日本人が、みんなリッチだって言うけど
何で今の日本があると思う?
私達は戦争に負けたんだよ。
日本人の多くは、食べる物も困っていた時があったんだよ。
なのに、なんでこの短い年月で、豊かな国に変わったんだと思う?
状況を変えようと、必死に日本人は頑張ったんだよ。と、
偉そうに言ってしまった。

そのあと、どうやって話が収まって口論終了したのか、覚えてない。

でもね、ストレス抱えて、仕事ばっかで、
休みとりたくても、絶対無理ーっていう社会の中で
それがいいか悪いかわかんないけど、めっちゃ頑張ってる日本人。
より良い生活にしていこうって向上心もって頑張っってきた人達がいたから
今の日本がある。

政治のことや、宗教や、色々文化が違うとから何ともいえないけど
日本人は、頑張り屋さん。お利口さん。
それを、
日本人はお金があるからね〜ニヤニヤ。っていうのは
ムカっとくるのだ。

なんか、思い出したらまた、熱く考えちゃった。

ゆる〜い方がいいと思う。
でも、何かを変えていくということは、とっても大事だ。
それを、変えないギリシャに教わったわ。

日本人も、ヨーロッパの人達みたいに、
毎年、バカンスは2ヶ月あって
みんな長期旅行〜できると、いいのにね。
でも、日本人には無理なんだろね。
休んでるのが勿体無い。
その分、ちょっとでも仕事して、結果あげていきたいんだろね。
そっちの方が、楽しいのだろうね。

夜は、また風車とリトルヴェニスを見てから寝たのでした。

で終わる日記を、なんか夜中にダラダラ書いたみたい。
そして、

↓謎のメモ。なんだろ?一応残しとこ。

ハムッセル
予言者
未来を想像してそれによせる。

明日は、もうナクソスに移動ですーー。
ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村