Diary On My Journey

ヨーロッパ1人旅から始まったDiary〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、ヨーロッパは未知の旅になるので、記録に残そうと思いスタートしたBlog。 日々の気づき、過去旅、交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報

魔性の山マッターホルンの麓へ

素敵な部屋で、ゆっくり眠ったー。
今夜からは暫くドミだ。せっかくのいいベッドで寝坊したい。
でも、
朝ごはん食べて、infoに荷物とりにいかなきゃ。
寝るだけのホテルになっちゃった。

朝食、ホテルの写真もどっかいっちゃったけど、
とっても、オシャレ〜な宿でした。
アオスタ中心からは離れてるけど
居心地のいいところでした。

ローカルバスでアオスタに戻ります。
今日も、ここらは天気悪い。

今日はスイスのマルティニーにバスで2時間くらい移動した後、
列車でvispいって、乗り換えてツェルマットまで行きます。

アオスタ発マルティニーは11:00が始発です。
ツェルマットには15:50到着予定。
ツェルマットは、マッターホルン山の麓!天気がいいと良いな!

アオスタのinfoに行く途中、またボーダー発見。

ボーダーコリー?と聞くと、
シーシー!とお父様。iPadむけたら
テイク ア フォトー!っつって、カメラ目線してくれました。

ボーダーコリー、目を背けないでどんどん見ていこう。
まだ直視出来ないけど、ボンヤリとでも。
お、今日はジワらない・・!と思ったら3分後にジワる(´・_・`)
いいんだ、1日1分、ジワらない時間を伸ばしていけば。いつかジワらなくなる。

そしてまた、すぐにボーダーに出会う。
お友達にご対面!


infoに行くと、話は全て聞いてます!といって
笑顔で迎えてくれた。
本当に有難うございます。

アオスタ地方の名物のお菓子を買う。
昨日、後で 買おうと思ったら、昼休みにはいってて 買えなかったやつ。

パン屋さんに売ってた。

買ってないけどシュー

1時間前には、バス停でスタンバイ

どうやらアオスタから乗るのは、男子1人と、私だけみたい。
アオスタは、少し足を延ばすと、いい所もあるみたいです。
街はすぐにまわりきれちゃうので、
宿泊しなくてもいいかも。
バスが、トリノやクールマイユールからとか、集まってくるので
私のように移動の乗り換え地点でもあるようです。

この運転手さんが連れってくれますよー。
ダンディーぃ。タイプーぅ。テンションあがるーぅ。


バス出発!
わーい。1番前で、景色みていこー!


ダンディー運転手もみながらいこー!

生憎の天気だけど、山間の景色や、街を見ながら
イタリアからスイスに抜けます。

山道走ってると、インドやネパールの
ヒマラヤの麓の街を思い出します。

いつ頃いけるかなー。
でも、今回は知らない所へ来てみて本当に刺激になる。


バスは予定より早めにマルティニに着いたので
列車も一本早いのに乗れる。

ここからまずはフィスプまで40分3駅。
終点ではないから、乗り過ごさないようにしなくちゃ。

フィスプだ!降りて乗り換えー!
たぁのしーぃ*\(^o^)/*

ここから後はgornergrat急行で、ツェルマットは終点だから、ボケ〜と乗ってていいよ。

列車来た!
乗るときに、男子が手伝いましょうかって、荷物を持ってくれる。
あー。自分で持ってきた荷物くらい、男子に頼らず1人で担ぎたいけど、
そういうジェントルな男子、好きー!コップンカー( ´ ▽ ` )ノ

列車にはマウンテンバイクを載せられるスペースもある。

川の勢いがやっぱ凄い。
スイスの山をどんどん抜けるよー!

着きました!マッターホルンの麓、ツェルマット!!
ここは、ガソリン車も入れないんですよねー。
いっぱい、山歩きしますって感じの人がいっぱい。

ホテルはなんと、駅の目の前!で、ドミ!最高ー!
つっても、ここはスイス。ドミでも高いけど。

ドミかわいー。早く着いたから、どこにするか選べるよ。



ここにしよー( ´ ▽ ` )ノ

ガサゴソ、荷物を引き散らしてたら、
隣のベッドの男子がやってきた。
ハーイ。ってお互い言うけどもー。
向こうから、アーユージャパニーズ?って聞いてきた。
だよねー。お互い日本人よねー( ´ ▽ ` )ノ
Gornergrat 行こうと思ったけど、天気悪くて、今日は行ってもマッターホルン見えないって
言われて、帰ってきたみたい。
明日に期待だね!
てか、私はまだツェルマットの楽しみ方を
調べてないのだ。これからリサーチ。
ゴルナグラートって、何?って、まだその時はそんな感じ。


とりあえず、街ブラ前に、恒例の
infoにいって、スーパーマーケットチェック!
スーパマーケットは大盛況!皆、レストランは高いからスーパーで買って食べるんだね。


ここは、スイス、の観光地。
ぜったい、レストランは無理!

でも、大丈夫。ここはデッカいキッチンがあるのだー!
着いたら、少し年配の男性が、
ここは、ファーストタイムかい?って聞いてきた。
常連さんかな。
そして、キッチンのルールを教えてくれたよ。
プラスチックのケースに名前といつ出発か紙に書いたのをはって、冷蔵庫やキャビネットに
自分の食料をおいていいのだ。

[ ]


学校の調理実習の部屋みたい。
そして、ダイニングもかわいー。
洗濯機もある。

街は、アウトドアショップも多い。
可愛い街並み。
赤いお花がスイスっぽい。

マクドナルドもウッディな感じ。


野菜不足だし、温かいものが食べたいから
自分で作るよう!

これだけ買って17スイスフラン
これで明後日の朝までもつかしら?

野菜、生パスタ、牛乳、パン、洋梨、
そして、お一人様でも可能な、チーズフォンデュ!!
いえーい。*\(^o^)/*
お一人様なめんなよ!

そして、クールマイユールで買ったブルチーズ持ち歩いていたので、
これで今日はゴルゴンゾーラのパスタ!
と、ミニチーズフォンデューー*\(^o^)/*

やっぱ
キッチンつきのドミってのが、最高だわ。

ご飯を食べて、コーヒー飲んでまったりたら、
シャワーを浴びて、自分のベッドで、明日の事を調べる。
ハイキングコースで2時間くらいの初級程度のルートを検索していたら
夜遅めに着いた男子が、話しかけてきた。
どうやら韓国ボーイ。

明日はどこ行く?っていうから
いま、リサーチ中っていうと、
友達と?一人?
って言うので1人って言ったら
じゃ、明日は僕らと一緒にまわろうって!
とても有名なコースを行くからって。
やったぁぁ!!( ´ ▽ ` )ノ
1人だと遭難する恐れあるからね。
1人で地図スクショして行こうと思ってたけど、思いつきだし、ヤバかったよね。

面白いやつで、自分が買ってきたカットフルーツを
一個一個、ちょいちょいくれる。
クープで、買ってきたって。
韓国では、コープじゃなくて、クープね。

コップンカー!
こうやって、お友達が出来ていく感じが好き!

明日は、魔性の山マッターホルンを見れますように!
晴れますよーーにーー!

ブログ村ランキング参加してみてます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村