読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary On My Journey

主にヨーロッパ旅行記 〜インドとバリはちょっとお休みですがヨガもします〜。バンコク、ノルウェイ、フランス、スイス、イタリア、ギリシャ、マルタ、スペイン、ポルトガルの旅記録。 いつもは、ヨガ修行のため、中央アジアと東南アジアをまわっていましたが、今回は未知の旅になるので、記録に残そうと思いました。 基本日記。交通手段・宿・観光・ヨガ・出会い・空港ラウンジ情報も記します。

誘惑するのか、されたのか。

今日はスキャンダラスな女!
イカ汁とスキャンダラスな香り問題は8/26の記事

せっかく買ったのでscandalousつけて悪い女ぶってみます。
朝のCoffeeタイムに早速、宿の上にあるムエタイジムの練習生を誘惑・・しません(´・Д・)」

ただ、モーニン!と、挨拶しただけ。
結構、タイでは有名なムエタイ選手がコーチらしい。

今日は語学学校の前に、昼ご飯。
毎度、命の源、フードコートへ。
ワイドタイプの米麺に、あんかけかかってるやーつ。

海老もイカも入って30バーツ
しかも劇ウマ。
また目玉焼き付けるか聞かれる。
誘惑に弱いのよー。わかったわよー、付けるわよー。
プラス7バーツ。

語学学校の先生は、日本人。
世界中で、外国の人に教える乗馬の先生でもあるらしく、海外の乗馬関係の大学に行ったそうだ。
入学にTOICE700必要で、その為に英語を勉強したんだって。
スポーツ選手にしても、
世界でやってくために、本業しながら英語を勉強って大変よねーって話になって、
先生も、教えて欲しい場所が海外ならその国の言葉覚えるしかないじゃないですかーって、
言ってました。
しかし、入学して最初に半年はノイローゼになったとか。
世界には色んな人がいるなー。
努力の人だ。凄いなー。
私なんて出川イングリッシュから、なんとか抜け出せて、のらくら勉強してる程度だよ。

その後、earthsのボディバターをGETしに行く。
実は、本社にメールでどこで買えるのか問い合わせていたのだ。
ボディバターを欲しがった日は、8/29の記事
欲しいものは、手に入れないと気が済まない女。いいねー。

ということで、語学学校の後、
クラスの人とのお茶は断って、サヤーム駅前のパラゴンというセレブデパートに。

ここにショップがあるとのこと。
行ってみると、ボディーバターが置いてない´д` ;
でも、ボディクリーム、マッサージオイル、ハンドクリームがあったので、
母親やお餞別下さった女性用にGET。

見所沢山のデパートですが、目的達成してすぐにアソークに戻る。
夜のヨガの前に、ご飯。

昼に牡蠣を見てしまい、脳裏から牡蠣が離れない。
普通の人は、そんなあたりやすいもの
海外では避ける。
私にはリスクマネージメントという概念が、乏しいのだろうか、
ん?バカなのかな?
やめとけよっていう私の心の声を無視して
足は牡蠣があった店に向かっている。
そして、列に並んでいる。
そして、注文した!!((((;゚Д゚)))))))やってもうた 自分!

これだけじゃ、足りないだろう。
お粥をもう一品つける。35バーツ


牡蠣を卵と粉とモヤシで焼いたもの。50バーツ
リスクを負ってでも食べてよかったくらい、ウマイ!
私、牡蠣好きで、オイスターバーとかで食べ過ぎても
人生で一回もあたったことなんてない。
私は大丈夫。って体に言い聞かせながら食べる。
しかし、お粥が意外とボリューミーで、お腹一杯になりすぎる。

そのままヨガへ。
今夜は結構、途中で笑っちゃうくらいキツめのクラスなんだった。
食べすぎた。バカなのかな?
スキャンダラスつけといて
目玉焼きや、牡蠣や、お粥に誘惑されてちゃ
何のこっちゃ。

実は、今日は
ペットロスが復活だった。涙がツーーーっって何度も。
愛犬の写真見ちゃったからかな。
でも、ヨガをしてるうちに、雑念は消えた。
お腹の具合も消化された。
そして、牡蠣もちゃんと、暴れず栄養になってくれたみたい

この辺りは日本人男性向けの、お店が多い。
私のカメラロールに保存するのもねっていう
萌え萌え倶楽部。とか、そういうやつ。

帰り道、そういう店の前に日本人男性が数名でいた。
きっと、日本人女性の私に見られたら気まずいんじゃないかなって思ったから
伏し目がちに通りすぎる。
きーつかうわー!(´・Д・)」

でも、いいと思いますよ。
経済を支え、働きまくり、家に帰っては奥さんに敷かれ
娘さんには、パパの下着と一緒に洗濯したくなーいヽ(´o`;とか言われ、
日々、お疲れ様です。
バンコクでぐらい、羽を伸ばしてください。
本当にそう思います(´・_・`)
萌え萌えちゃんに誘惑されてください。


ブログ村ランキング参加してみます。
↓クリックお願いハート

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村